オリーブのソルトセラー

またまたオリーブの小箱を作りました。

olivebox2

オリーブ独特のこの木目(柄)を、こういう風に箱の側面に出すには、オリーブの木が細めじゃないといけません。最近ちょうどいい細めのオリーブに出会えてなくて、手持ちも少ないので心細い。オリーブの木を在庫にがっつり抱えていてくれる木こりさんをを探さないと。

olivebox

これ系の箱はソルトセラーにと思って作ってますが、先日大きめのをお買い上げくださった方の奥さまは、ハーブ入れにしているのだそう。なるほど。
増築が終わって新しいキッチンが完成したら、自分用にも作ろうっと。

olivebox_saltcellar

Share

増築の中身 〜トイレのシンク〜

サンディエゴ、なんと今日の最高気温は100℉(38℃)。今年は秋が早いなーと思ったら、やっぱり夏は終わってなかった、、、。サンディエゴらしいな。

redroses

増築工事がもうすぐ始まります。
結局工事をお願いすることにした会社との契約は、壁にテキスチャーを付けてもらうところまでで、キッチンキャビネット、タイル、シンク、トイレ等などの買い物や取り付け工事は別料金。というのはこの会社のオーナーさんが、「器用な様子なので、できるところは自分たちでやって節約して、できないところは私たちが戻って来るというのはどうですか?」という提案をしてくれたのです。
となると工事と並行して色々決めて、行動に移していかなくちゃいけないことがたくさん。建物の完成とともに、できるだけスムーズに設置作業に入りたい。

そこで早速ショッピング開始。増築の角にバスルーム(トイレのみ)を付けてもらうので、シンクのアイデアを絞っているところです。このトイレは収納が必要ないので、最初に頭に浮かんだのはコンソールシンク。

a24d2c724d18

写真はdecorpad より。

上の写真のようなタイプのシンクなら、タオルかけの役目も果たしてくれるので一石二鳥!唯一トイレットペーパーの収納は必要ですが、大きめのバスケットをシンクの下に置いておけばいいかなと。

コンソールタイプにはポースリン製のもあります(↓)。これもカワイイけど、タイルかけが付いてこない、、、。

449325-console-bathroom-sink-single-hole-white

写真はSignature Hardware より。

でもコンソールシンクって結構高いんですね。キッチンやランドリールームにもあれこれとお金がかかるので、バスルームに高級なシンクなんて買えません。そうなると、平均してもう少しお手頃なペデスタルのシンクがいいかな、とも思います(↓)。

pedestalsink

写真はBetter Homes and Gardens より。

ウォールマウント(壁面に取り付け)のシンクにするというオプションもあります。これはお値段も優しめな上、フロア面積を使わないので、狭いバスルームにぴったりかも。

wallmountsink

Florence Finds より。

製作時間があれば、、、の話しですが、自分でビルトインのバニティを作れば、安上がりな上、バニティトップにお花飾ったり、ちょこっとした物を置くスペースもできていいかも(↓)。

builtinvanity

Amber Interior さんのインスタグラムより。

収納が必要ないので、上の写真みたいに左右の壁をつなぐシンプルな棚を作って、カウンターとシンクボールを入れるだけ。そのシンクボールなのですが、とっても素敵なシンクボールを見つけました。

9c77754dd1e81719442c3bea7b38e258

写真はLonny マガジンより。

どんな素敵なブランドの物だろうと思ったら、意外や意外、Kohler のマラケッシュデザインというアンダーマウントシンクでした(↓)。

custom_image

上の写真はAll Modern のサイトからお借りしましたが、Home Depot などのホームセンターで手軽に購入できるようです。でもシンクのボールだけなのに、1250ドル。たっかーーい!だったらコンソールシンク買えるじゃん!となり却下。

でもこのステキなシンクを諦める代わりに、壁にタイル付けようかな〜なんて、、、。Tierra Y Fuego (タイル屋さん)へ行ったので、トイレの壁のタイルもちらっとチェックしてきました。

tiles

トイレのシンク決めるだけで、時間もエネルギーもこんなに使って、増築工事が終わる頃にはクタクタになってそうです。

Share

薪ストーブ、こんにちは!

暖炉を取り払って、早4ヶ月
秋分の日の今日、先日注文した夢の薪ストーブが我が家にやってきました。

woodstove_vermontcastings_encore

上の写真は箱を開けてストーブを上から撮ったところ。箱は480パウンド(220キロ)で、力持ちの私が押してもビクともしないため、上からチラッと覗く程度しかできていません。

これから寒い日に私たちを温めてくれるのは、バーモントキャスティングアンコール フレックスバーン。できるだけシンプルなデザインで省エネ最前線な薪ストーブが欲しくて、これに決めました。ドアにウェビング(蜘蛛の巣みたいなデザイン)が付いたスタイルが主流のようですが、うちのは去年か一昨年ぐらいから出回っている、ウェビングがないとってもシンプルなトランジション・スタイル・ドアという方のです(↓)。

encore-wood-stove-facefront_960x456

下の写真が、ウェビング(蜘蛛の巣)デザインの付いたスタイル。

encoreblackstove

今でもウェビング付きの方が売れているようですが、私はすっきりシンプルドアの方が好きだな〜。

薪ストーブの設置は来週末。楽しみ〜♪

今週は雨が降り、秋分の日も迎えましたが、来週にかけて暖かい気候へ逆戻りするそうなので、薪ストーブの出番は当分なさそう。でも薪ストーブを使うときに必要になるものをまだ買っていないので、ゆっくり考えてショッピングできるのでちょうどいいかも。

youkan

上は両親から、千寿せんべいで有名な京都の鼓月の「くずたま」。もう美味しいったら!底の餡がたまらないです。
子供達も「ん〜♪」と喜んで食べてました。

Save

Save

Share

メープルの器

maplebowl_front

メープルの器です。
よくあるメープル色よりも濃い目で、ピンクがかっています。

maplebowl_side

仕上げ材の幅というか知識を広げたくて、General Finishes から出ているサラダボウルフィニッシュというのを買って使ってみました。

saladbowlfinish

定番のオイルが数種類あると、私の場合は他の物を気に入ることが稀になるのですが、これはいいですよ〜。今回は一番小さいピントサイズを買いましたが、次回は大きいの買おう。

maplebowl_top

サテンの光沢が綺麗なのです。木の器を持っている方は、メンテナンスにもいいと思いますよ。

今年の春にベンチグラインダー用の新しいウィールを買って入れ替えてから、グラインダーがグラグラするようになってしまい、調整の仕方をネット検索していろいろ試してみたのですがスッキリしませんでした。騙し騙し使っていたのですが、昨日やっと問題解決!

benchgrinder

ブッシングを遊びのないピッチピチギューギューのに変えて、ウィールドレッサー(手前のT字型の)でスルスルしたらスムーズに〜。いい加減プロの人にみてもらおうかと思っていた矢先なので、自分で解決できて嬉しかった。やっぱり機械のメンテナンスの勉強が必要なので、また大学の木工科の授業を取ろうかな、、、とちょくちょく考えています。最後に木工の授業を受けたときから、気が付いたらもう2年。時が経つのが恐ろしく早いです。

Share

思い出の木でこけし作り

友人の家の裏で倒れてしまった木を材料にして作ったこけしです。

kokeshi2

着物部分にしたのは何の木か分からないのですが、ナチュラルエッジをできるだけ残して着物の襟になるようにしてみました。

でもその友人に作って欲しいと言われたのは、こけしではなくて器。ラフターンをして乾燥に時間がかかっているのです。待ってる間にサプライズでこけし作り。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Share