ホワイトオークのケーキペダスタル

友達がオーダーしてくれたケーキペダスタルできあがり〜。

cakepedestal1

彼女いわく、幼少時代からあったのを覚えているという手持ちのガラス製ケーキドームの写真を送ってもらって、それに合うようにペダスタルを作りました。シンプルに、昭和のぽってり感を出しながら、でもあまりビジュアルが重たくならないようにしたかったので、材料はホワイトオークで。

cakepedestal2

色があまり深くならないように、仕上げは水性です。
気に入ってもらえるといいな〜。

今日は朝から雨が降っていたと思ったら、虹が出たり、ザーザーぶりになったり、晴れたり、曇ったり。忙しいお天気でしたが、それでもビルダーさんは増築工事を頑張ってくれてました。

additionexterior

勝手口のドア周りの外壁材も付いてきて、「あ〜ん、サイディングってやっぱりカワイイ〜。」とワクワク。早くペンキが塗られた姿が見たい。

Share

増築工事 〜3週間半を終えて〜

seaholly

増築工事の経過をもう少し頻繁に記録しておくつもりでいたのですが、トランプが当選したショックから立ち直れず(笑)、前回の記事からあっと言う間に10日以上過ぎてしまいました。(上の写真は近所のお花屋さんから買ってきたシーホリー。)

増築部分に窓とドアが入ったので、先週の木曜日にもともとあったキッチンの壁が取られました。

additioninprogress1

数日後にはフレームもなくなりましたよ。

additioninprogress2

もともとあったキッチンの天井はソフィットと言って通常よりも低く、うちの場合は7.5フィートの高さになっていたのですが、増築部分の8フィートに合わせるため、ソフィットが取り除かれ、新しい天井の骨が入りました。

additioninprogress3

外側の作業も着々と進んでいます。
下の写真の左側の窓は、デスクを置いてオフィススペースにしている部屋の窓の外側。

additioninprogress5

もともとあった窓の半分以下のサイズになったのですが、昨日ふっと外側を見に行ってみたら、まるでもともとこうだったかのようにスタッコのつぎはぎ作業も終わりキレイになっていました。同じサイズの右側の窓はトイレの窓です。

増築部分の外壁はサイディングになりますが、もともとの家の外壁はサイディングとスタッコが両方使われています。でも既存のサイディングが増築部分のサイディングとサイズが違うしボロボロだったので新調してもらうことにしました。さらに家全体のペンキ塗りも追加でお願いしました。今週末私たちに与えられた宿題は、ペンキの色を決めること。

additioninprogress4

ということで、グリーン系のスウォッチを数十枚もらってきた中から8色に絞った色のサンプルを買ってきました。サイディングのグリーンに濃いめを選んで、スタッコに明るめのグリーンを使おうというプランです。サンプルを塗る直前まで「多分これに決めるんだろうな。」と思っていた色があったのに、塗った途端によく分からなくなり振り出しに戻った気分です。早く決めないとー。

今週は気温が下がった上、増築部分の隙間から冷たい空気が入ってくるので、薪ストーブが大活躍しています。

Share

キッチンのドア選びと増築工事10日間を終えて

terrain_door

写真はTerrain より。

こういうガラスの入ったドア(↑)を「いいな〜。」と思ったことが何度もあるのですが、増築で延長されるキッチンのドアで小さな夢を叶えることができそう。日本では勝手口と呼ばれるドアです。このドアは玄関と同じく通りに向かっているので、ガラスだと家の中が見えちゃうのはどんなものかとも考えたのですが、カルデサック(袋小路)で人通りが少ないし、通りに向かって角度があるので増築部分はほとんど見えないし、ゲート内だし、、、と言う理由で、このスタイルのドアに決定。

でも欲を言えば木のドアにしたかった。気に入ったのはUber Doors という会社のアルダーの木でできたドア(↓)。

uberdoors

今セール中らしくて安くなってはいるのですが、プリハングにしてもらったり、ノブの穴を開けてもらったりすると、最終的には$1200ぐらい。お勝手のドアにこの金額は出せないということで諦め、Lowes で見つけたペイントグレイドのFiberglass製のにしました(↓)

lowes_door

Lowes(ホームセンター)は一番近い店舗でもドライブで20分ちょっとかかるのであまり利用しないのですが、商品の陳列がきれいで見易いのが好き。

lowes_doors1

lowes_doors2

さて次は買ったドアに塗るペンキの色選び。外壁との組み合わせがあるのですが、以前ブログに書いたグリーン系でまとめる予定です。

増築工事の状況ですが、予定よりも前倒しで、嬉しいやら焦るやら。
先週はオフィスにしている部屋のこの窓(↓)が予定より数日早く取り払われました。

WindowSill2

2年ちょっと前にDIYでウィンドーシルをつけた窓です。

officewindowremoval

外側の工事は、排水管のインスペクションと基礎のインスペクションをパスしてコンクリートが流され、9日目の終わりには壁のフレームが組み立てられました(↓)。

addition_after9days

そして10日目の今日は屋根の骨組みへ。

addition_endof10days1

中から見るとこんな感じ(↓)。

addition_endof10days2

太陽光がたっぷり入るように、そしてキャニオンの緑とサンセットが楽しめるように、窓、窓、窓!
写真の奥がランドリールームで、左側の窓が洗濯機と乾燥機が置かれるところです。頭上にポールを渡して、そこに洗濯物を引っ掛ければ、窓からさんさんと降り注ぐ太陽光で洗濯物が一気に乾くだろうというプラン。

大工さんたちはみんなメキシコ人なのですが、毎日トロピカルな音楽が流れ、働きながら大声で唄ってるんですよ。時々あまりにもノリノリだと、壁の反対側で笑いをこらえるのが大変です。

Share

木製ネックレス

アプリコットの木のバール杢を使って、ネックレスを作ってみました。

necklace_apricot

ティアドロップ型なので木工旋盤で。

necklace_apricot1

こんなに小さなものでも準備、作業、仕上げ塗り、そして最後は金具や紐を通したりと意外と時間がかかります。でもこういう過程があるからこそ、自分で作った物への愛情って大きいんだろうな〜。

Share

スポルテッド・リキッドアンバーの器

もうだいーぶ前に買ったリキッドアンバーの木のあまりを切ってみたら、スポルテッドになっていました。むふふ、うれしい〜。

spaltedliquidamberbowl1

しかも黒いインクのようなスポルテッドの線が、メラメラとまるで炎のようにドラマチック。

spaltedliquidamberbowl4

6 3/4インチ x 3 1/4インチ(17センチx8センチ強ぐらい)です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Share