etsyで購入したビンテージ布でトートバッグ作り/Mod Podgeでタグ作り

etsyでVintage 1950s 1960s Schwartz Liebman Textiles Geometric Hearts Fabric calicoという1950〜60年代のビンテージ布を購入しました。

Vintage Schwartz Liebman Textiles Geometric Hearts Fabric

Schwartz Liebman Textiles という生地の製造メーカーは初耳でしたが、検索したらetsy やebay で売られているビンテージ布がぞくぞく出てきました。この会社のウェブサイトが見つけられなかったので、もう閉ってしまった会社なのかな(?)。

もともとクッションを作るつもりで買ったのですが、春を感じると発色のいい春色クッションが欲しくなってしまったので予定変更。またまたトートバッグになりました。私の周りのアメリカ人は、こういうシンプルなトートを「ブックバッグ」と呼ぶ人が多いです。

Linen Tote Bag
(アイロンかけないと。笑)

マスタード色のリネンと合わせたら、秋を感じさせるバッグに。笑

布が1ヤード(約90センチ)だったので、バッグを2コ作ろうと思ったら自然とファイルや本類が入るちょうどいいサイズになりました。まさに「ブックバッグ」。
今回なんとなく型紙を作って挑んだら、出来上がりも気分もスッキリ。やっぱり準備って結果に出るな。

内ポケット付けました(↓)。

Linen Tote Bag

製作中の2コ目のバッグには、ひし形にカットしたビンテージ布アクセントを縫い付けたのですが、折り込んでいないの分かりますか?

Tag on Bag

布の周りを折って押さえ縫いをしないとポロポロとほどけてしまう心配をするところですが、Mod Podgeを使って処理したので、市販のタグのようにそのまま縫い付けてもほつれません。
私が使ったのはMod Podge Gloss。デコパージュ用で他のクラフトプロジェクトに必要で買ったのですが、ノリとフィニッシュ(クリアコート)の二役をこなす優れもので、何にくっつけてもオッケーという性質からタグ作りを思いつきました。PLAIDという会社が製造していて、クラフトストアなどで手に入ります。

Mod Podge

使い方は、期限切れのクレジットカードやメンバーズカードなどを使い、布の裏側にMod Podgeを適量まんべんなく伸ばし数時間乾かすだけ。布がパキッと固くなります。(布の表側にも塗ってさらに固くパリッとさせることも出来ますが、微妙に布の色が濃くなります。)

Tag Made with Vintage Fabric - front & back

布の裏側に薄い透明のフィルムがついているような光沢がでて、まさに市販のタグやアップリケのような仕上がり。
布は実際のサイズより少し大きめに切り、Mod Podgeを塗って固くなった後にピッタリのサイズに切ると、紙を切っているかのようにキレイに切れます。
これをバッグなどにそのまま縫い付けて、ほつれの心配なし。

もうすぐ子供達が春休みに入るので、本来のデコパージュ用としての使い方も一緒に試してみようかな。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

One thought on “etsyで購入したビンテージ布でトートバッグ作り/Mod Podgeでタグ作り”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *