手作りワードローブ 〜マスターベッドルーム編〜

ピンクルームのワードローブ製作に続き、マスターベッドルームにもワードローブを作っています。

ピンクルームのワードローブと同じデザインじゃ芸がないし、「これ、便利ぃ〜!」みたいなカスタム収納を投入したかったので5つほどデザインしたのだけど、「設定した予算&時間内で。」ということも含めて考えると、ピンクルームに作ったワードローブと同じものが最適だということに気が付きました。

まずはビフォア画像(↓)。

Master Bedroom Closet Before
(撤去作業で疲れきっているダーリン↑)

もともとこのクローゼットには全面鏡のスライドドアが3枚ついていて、中には不便なワイヤーラック(?)がありました。画像はドア撤去後のものです。
クローゼットの面積はピンクルームとほぼ同じで、幅が2.1メートル、奥行きが75センチ。小さな家の小さなマスターベッドルームの小さなクローゼットスペース。
以前の賃貸にあったウォークインクローゼットは、ダラしなく物を放り込んでもドアを閉めてしまえば分からないので楽チンでした。小さなクローゼットはそれができませんが、整理整頓を心がけるという利点があるかな。物も増やさないように意識するかも(?)。

Master Bedroom Wardrobe Project

なかなか進まなかったピンクルームのワードローブに比べ、今回の材料の加工時間は1日。正式にはたったの4時間(5時間ーランチ1時間)。はやい!
加工を済ませた翌日、家でノリ付け。4本しかクランプを持っていないので、1回に1箱づつ組み立てる地道な作業です。釘やネジで組み立ててしまえば早いのだけど、やはり強度と耐久性を考えるとノリ!ここは妥協せず、気長に頑張ります。

そしてアフター画像(↓)。

Master Bedroom Wardrobe Project

色選びは前回とうって変わり、漠然と「インディゴブルーがいいね。」と言いながらHome Depotへゴー!カラーサンプルをさーっと見てこの色が気に入ったので、あっさり変更。光の具合で違う色に見えますが、「ターコイズ」の一番ブルー側よりのような色。適当に決めたわりにはすごく気に入っています。
表面の木枠(フェイスフレーム)は白。写真(↑)はまだプライマーを塗っただけの状態です。ペンキが塗り終ったら、ベースモールディングを取り付けます。

すぐにでもワードローブのドア&引き出し作りに取りかかりたい所ですが、考えて買わなければいけないものがたくさん。あれこれ材料を注文するのも面倒な作業なので、やる気が出るまでまたしばらくほったらかしで他のプロジェクトに取りかかってそう。同時進行であれこれ進めるのが性に合っているようです。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...