マスターバスルームのリモデル中

今年の3月ごろにマスターバスルームをリモデルに向けて壊したのですが、タブやトイレ選び、プラマーさんによるタブの設置などで、気が付いたら半年が過ぎてしまいました。8月になりようやく数件のコントラクターさん達にタイルの見積もりをお願いし、今週から作業にきてもらっています。
その為コントラクターさんにガレージを陣取られ、私のプロジェクトが何も進みません。そんな理由で、今日はあまり面白くなさそうですがバスルームのリモデルの過程をアップします。

初日は午後4時頃からの作業だったので、タイルの下地となるグリーンボードというものを壁に取り付けて終わり。そして2日目にはこの状態です↓

Master Bath Remodeling

グリーンボードの上に防水シートがかぶさり、その上にメッシュ上のワイヤーシートを付けていました。そこへセメント。
半年間柱がむき出しの状態だったので、セメントが付いた後はなんとなく圧迫感が。でもバスタブを40インチ幅の大きめのものからスタンダードに近い32インチに下げているので、タブとトイレの間が大きくなり、広く感じていいはずなんですけどね。

そして3日目には85%〜90%のタイルが付けられました。
6X8インチというあまり見かけない長方形のタイルを、サブウェイスタイルで並べています。

Master Bath Remodeling

明日はニッチと壁の端、タブの横部分にタイルをはり、目地を埋める予定だそうです。目地もタイルと同じく白なので、ラインが消えて明るくなるはず。たぶん。

アクセントタイルのアップ↓

Master Bath Remodling

4x4インチのターコイズ色(実際は写真よりグリーンに近いかも)タイルは在庫切れで、待ち時間が6週間と言われてしまったのですが、コントラクターさんはタイル屋さんのお得意様だからということで、サンプルとして置いてある在庫を全て無料で譲ってくれました。そしてコントラクターさんもそのまま無料で私たちに回してくれたのです。涙
ターコイズ色のタイルの上下には、0.5インチ幅の細長いタイルも付けました。

自分達でタイルをはろうなんて話している時期があったのですが、プロを雇って大正解。知識も技術もないし、その上このスピード!週末にはここでシャワーが浴びれる予感。・・・と言ってもフロアのタイルの作業が残っているので、シャワーは全てのタイルがはられるまで楽しみに待つことにします。

バニティー(洗面)エリアは、シャワーのあるバスルームとドアで区切られているのですが、新バニティーは自分でデザインと製作をする予定です。
シャワーとトイレの間にタオルやサニタリー置き場として使う、小さいけど背の高いテーブルみたいなのも欲しいなー。作っちゃおうかなー。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...