マスターバスルームのリモデル 〜タイル終了〜

マスターバスルームリモデル 2の続きです。
その後1日でベースモールディングをタイルで作ってもらい、フロア全体の目地入れ、トイレの設置などが終わり、タイル部分をお願いしたコントラクターさんのお仕事が終りました。トータル5日半。

Master Bath Remodling

オンラインでシャワーカーテンを探してるのですが、私が想像しているコテージやカントリーもしくは北欧調のデザインが見つからず・・・。自分で作るしかないかなー。

Master Bath Remodling

作ってもらったニッチ。小さめですが、キャディーも買う予定なので物を置くスペースは十分(なはず)。
ニッチ横のタイルに反射している電気はドアの反対側にあるバニティエリアの電気です。まるでべガスのショーガールの楽屋裏みたいでしょ。バニティーなどを変える時に、もちろんこの変な電気も変えますよ。

トイレはTOTOのワンピース型。もう半年以上前に購入してありました。

Master Bath Remodling

ワンピース型はタンクと本体が一体化しているので切れ目がなく、見た目もすっきりなうえお掃除もラク。ワンピース型なんて、もう日本では当たり前なのかな。アメリカはまだまだです。
TOTOは1回で使うお水の量も、他のブランドよりはるかに少ないのでおススメです。

タイルが貼られた以外の壁はまだ古いままなので、これから自分達で直して行く予定です。
バニティー(洗面台下のキャビネット)を作ったり、バニティートップの石やシンクを選んだり・・・まだまだやることはいっぱいあるものの、むき出しだった壁の柱と床のコンクリートが埋められて嬉しい♪

タイルのプロジェクト終了間際に、ターコイズと色違いのサンプルが届きました。いまさらー。

Tile Samples from Daltile

コントラクターさんに陣取られていたガレージが片付いたので、また私の手作り再開です。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “マスターバスルームのリモデル 〜タイル終了〜”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *