手作り木製スプーンでブレックファースト

先日の木工所。
プランしていたことがやり終わった後、まだ物作りエネルギーが発散しきれていなかったので、前々から作りたいと思っていたスプーンに挑戦してみました。

Handmade Wooden Spoon

Trader Joe’s の大好きなMaple Pecanグラノラ(写真上)。そのまま食べてもオイシいけど、ヨーグルトにかけて食べると「ンー、デリシャス!」

スプーンの正式な作り方とか分かりませんが、私はフリーハンドで適当にスプーンを描き、糸ノコでざっくり切ってから彫刻刀で丸く削っていきました。(廊下のニッチを作ったときに登場させた、小学生のころから持っている彫刻刀で。)
持ち手のカーブ具合がちょっぴり変ですが、フリーハンドで描いたのでしょうがないかな。次回はちゃんとデザインを考えてから挑もう。

Handmade Wooden Spoon

頭がちょっぴり右に傾いてる?

Handmade Wooden Spoon

でも首筋は色っぽくできたでしょ?
このスプーンはマホガニー。削り易かったです。

ソーイングをする人たちが山のようになる端切れに悩むよう、木工をする人たちも端材に悩みます。ポイポイと捨ててしまう人もいますが、環境のことを思うと心が痛むし、何よりもったいなくて捨てれません。スプーン、フォーク、へら、バターナイフあたりの物は、端材の有効活用ができるうえ実用性もあるので、これから暇を見つけて作っていこうっと。

アメリカは感謝祭ウィークなので、子供たちの学校はお休み。
賑やかなんだけど焦りも感じる季節の到来。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

3 thoughts on “手作り木製スプーンでブレックファースト”

  1. こんにちは。スプーンまでも作ってしまうのですね。もとこさんは本当に器用ですね。
    メープルピーカングラノラ美味しそう。アメリカはスーパー行くとシリアルの陳列すごいもんね

    子供が家にいるとご飯ご飯ってうるさいのがイヤですよね。

    1. 九龍姉さん、

      こんにちは。
      そう、アメリカのグロサリーストアはシリアルだけで1列。ありえないですよねぇ。でもそれだけ需要が高いということですね。
      うちの子たちも好きなので常に1〜2箱はおいておきますが、シリアルだけではランチまで持たないので、ヨーグルトとかトーストとかフルーツとか・・・朝からあれこれ食べてます。特に息子。

      本当に子供って食べ物のことばかりですよね。笑
      うちは3人いるので前夜の残り物では絶対に足りず、休みのたびにランチが面倒です。
      お料理好きに生まれたかったー。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *