サム・マルーフ&初めてのイス製作

サム・マルーフ(Sam Maloof)作のローバックチェア。

ミッドセンチュリースタイルの、シンプルかつエレガントなイスは、製作だけでなくデザインもサムさんです。

プロアマ関係なく、アメリカの木工家でおそらく知らない人はいないだろうと言うほど有名な家具デザイナー兼職人のサム・マルーフ。あまりにも皆で「サム・マルーフ!」と騒ぐので、「なんだかウザイぞ。」と心の中でひとり拒否反応を起こしていた時期もありましたが、彼の家具は見れば見るほど味が出てきます。

去年の夏に木工所で知り合い、たびたびこのブログにも名前が登場しているエルトンさんが、「最低5人集まれば、サム・マルーフのイス作りワークショップを教えたいと思ってるんだけど、君もどうかい?」と声をかけてくれました。
無事最低人数が集まり、3週間前から14週間のワークショップが開始。イスをゼロから作るのは初めてです。下の写真は座面になる部分の加工ができたところ。

Sam Maloof's Low-Back Sculptured Chair Making

そしてのり付け。

Sam Maloof's Low-Back Sculptured Chair Making

私作の上の写真のイスが、本当にサムさんのイス(↓)みたいになるのかしら。

このイス、全てのパーツがくっついてからの手作業が長いんです。

イスを削るサムさん↓

エルトンさんによると、このイスのトータル作業時間は100時間強!
ワークショップは1週間に1回、たったの4時間(実際の作業時間は3時間ぐらい)。
残り11週間のワークショップで出来上がる訳ないので、自宅のガレージで削ったりヤスったりの日々になりそうです。

サム・マルーフの家具で一番有名なのはロッキングチェアで、レーガン元大統領やカーター元大統領も買ったことで知られています。今回のワークショップでは、ロッキングチェアを作るオプションも与えられたのですが、我が家にはロッキングチェアをゆらゆら揺らすような贅沢スペースがないので、ローバックチェアを選びました。
このイスが本当に完成したら、学んだ技術を活かして、我が家のリビングルーム用2人がけのイス、さらにはダイニングチェアも作りたいです。何年かかるかな。

サム・マルーフの自宅リビングルーム↓

彼は数年前に亡くなる直前まで家具を作っていたそうですよ。
彼が長年作業をしていた木工所は見学ツアーができるようになっているので、その内行ってみたいと思っています。

Break Time Snack

今日のお茶の供はバゲットの残りで作ったラスク。エルトンさんが貸してくれたサム・マルーフの本を読みながら。表紙をめくったら「エルトンへ サム・マルーフ」と直筆のサインが入っていました。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...