サム・マルーフのイス作り 〜全パーツ合体〜

サム・マルーフのイス作りの続きです。
前回の記事後、クラスに行けない日などあってなかなか進まなかったのですが、ある日アームが付き、そしてまたある日背もたれが付き・・・・というスローペースで、やっとこさ全てのパーツが合体してイスになりました。

Sam Maloof Chair in Progress

あとは形に削っていくだけ。
とは言えこのイスは別名「Low-Back Sculptured Chair」(ローバック・スカルプチャー・チェア)と呼ばれるだけあって、彫刻のように削っていく作業がとーっても長いんです。時にはグラインダーでガーッと。時にはサンダーで。のみで。コーナーはラスプで。

Sam Maloof Chair in Progress

現在アームの荒削り中。

作り手に寄って削り方が違うので、同じデザインなのにそれぞれのイスの雰囲気が違くて面白いです。私は細めに削って、華奢に仕上げたいなーと。思い通りに削れるかどうか分からないけど。

先週は末っ子の誕生日で、当日は学校の教室へカップケーキを配達。クラスメイトにバースデーソングを唄ってもらって、お祝いしました。

Cupcakes for G's Classroom

同じ誕生日のクラスメイトもカップケーキを持ってきていたので、みんな2つ食べる羽目に。シュガー漬けになった子供たちの指導をする先生の仕事って大変だな。

G and Me on Her Birthday

前歯が2本とも取れて、やっと1本が半分降りてきたところ。笑顔がマヌケなんだけど、それはそれでカワイイ。

周りのお友達がピアスをあけても「私はまだ。」と言ってたのだけど、6歳になるときにあけると言って、2週間ほど前にやっと開けました。
そして昨日はお友達を招待してパーティー。先週1週間は、提出日が迫る仕事もありとっても忙しかったのだけど、末っ子に「パーティーを開いてくれてありがとう。」と言われて、ストレスも疲れも吹っ飛びました。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Postcrossing 〜オランダ No.1〜

Postcrossing(ポストクロッシング)を通して、今日初めてポストカードが届きました。
記念すべき1通目は、Netherlands(オランダ)から。スペイン旅行への乗り換えで、空港だけは踏んだことのある国。

Postcrossing from Netherland No.1

うぅっ、カワイイ。
違う言語のハガキというだけで、なんでこうも新鮮なんでしょう。

今年1月から暇を見つけてはカリグラフィーの練習をしてるのですが、字の練習をすると人に手紙を書きたくなるんですよね。そんなころ、このPostcrossingという世界中の人たちとポストカードの交換ができるプログラム(無料)を見つけたんです。(追記:見つけたのは、Yelenaさんというとーってもステキなイラストレーターのブログをガン読みして。彼女のブログもおススメです。)

Postcrossingの仕組み:

  1. 登録する。
  2. 送り先のリクエストをする。
  3. カードを送る。
  4. 相手がカードを受け取ると、お知らせとメッセージが届く。
  5. 誰かがカードを送ってくれる。

の繰り返し。さらに詳しい情報やサイトの機能は、Postcrossingからどうぞ。
私はすでにウクライナとロシアの女性に送っていて、ラブリーなメッセージをいただいています。両者に私のポストカードが届くのに3週間もかかり、どこかで迷子になって捨てられたかと思いました。

そして今回私が受け取ったカードは、オランダのアムステルダムから40キロ離れた古い町「Hoorn」より。海岸が直角に曲がっているところにある町なので、Hoorn(Corner=コーナー)というらしいです。グーグルマップで曲がり具合を調べちゃいました。笑
私はポストカードに「あなた自身や住んでいる場所のことを書いて欲しい。」とリクエストしています。見たことも聞いたこともない遠いHoornのこと、もっと詳しく教えてくれました。

Postcrossing from Netherland No.1

それとカードは「アート/イラスト系」をリクエスト。「ステキな切手を貼ってくれたら、さらに嬉しいです。」なんてずーずーしいリクエストも加えてありますが、1通目を受け取ってみて、知らない土地のことや名前の由来を教えてもらっただけで十分嬉しいです。

ポストカードがらみでちょっぴり話しはずれますが、なんとあのイギリスの雑誌「Mollie Makes」で取り上げられていた人気ブロガーさんから「あなたのシェーカーボックス売ってる?お金送るから、売ってくれる?」と連絡がきたんです。スペイン人でイギリス在住の彼女のブログは雑誌に載る前から読んでいたので、連絡をもらったときはイスから落ちるかと思うほど驚きました。そしてメールでのやりとりに花が咲き、「ペンパルになりたい!」と。文通なんて、中学か高校生の時以来?でもペーパークラフトやはんこクラフトが大好きな方なので、「もしかして私にも手作りのカワイイお手紙を送ってくれちゃったりする?」と期待しています。
届いたらアップします!
彼女に送る用のシェーカーボックスも頑張って作らないと。
海を越えた人たちとの繋がりが濃くなる予感。ワクワク。

Postcrossingを通して受け取るポストカード用のカテゴリーを作りました。
次のカードはどこからだろう。また届いたらまたアップします。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

マスターバスのバニティートップと壁紙選び

マスターバスの古いバニティを撤去して床にタイルを敷き、手作りバニティーをインストール。そして待望のマーブルトップが入りました。

Vanity is in Master Bath

写真一番右についてるシルバーのハードウェアは、ランドリーバスケットを乗せる引き出し用のガイド(レール)です。
ドアは注文するか手作りするかまだ決めてないのですが、まぁその内・・・。

Vanity is in Master Bath

バニティトップの石を選ぶにあたり、Arizona Tile のSlab店へ行ったのですが、いいなと思ったのがマーブルばかり。でもマーブルってすぐにシミがついたり軽いショックで欠けたりするので、メンテナンスが大変なんですって。
「キッチンカウンターにはいろいろこぼすからマーブルは勧めないけど、バニティなら大丈夫ですよ。」と店員さん。でもバニティートップにもマウスウォッシュとか歯磨き粉とかカラフルな物がこぼれる可能性あるから、気をつけなくちゃいけないのは同じことだと思うんだけど。
結局Arizona Tileは切り売りをしてくれない上、ちょうどいい小さいサイズの物がなかったので、コントラクターさん経由の石屋さんから買いました。

Vanity is in Master Bath

シンクボールと蛇口はkohlerのものを。シンクはごくフツーの。蛇口は温度調整が楽な方がいいので、レバー1つのタイプを選びました。

古いバニティをダーリンが撤去してからトータル8日間。リモデルに「不便」はつきものなのは承知してるのですが、それにしても不便だった。終って嬉しい。

さて次は壁紙、ライト、ミラー選び。
マスターベッドルームの壁は真っ白なのだけど、バスルームのスペースにだけ壁紙を貼りたくて、どんなのがいいかなーとあちこち探しています。その中から気になる物をいくつか。

上の写真の壁紙が、今のところ一番のお気に入り。
壁紙だけじゃなくて、雰囲気が丸ごと好き。
下のブルーの壁紙も、同じデザイナーのものみたいです。

ダーリンに「花柄はヤだ。」と言われてるので、どうしてもジオメトリック系に目がいくんだけど・・・

「葉っぱ」とか「木」(↓)なら許される?なんて、たまに脱線したものに気がいったりして。

Source: anmagritt.no via Motoko on Pinterest

使わないだろうけど、オーラ・カイリーの壁紙もカワイ〜(↓)。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

デスクチェアの張り替え

息子がペンでぶちぶち刺しまくってボロボロにした、学習机用のイスを張り替えました。
ニトリの。

Desk Chair Upholstery

使った布は、ロサンゼルスの布問屋街で買ったビニール製のもの。「この色いいなぁ〜。」と思って見つめていたら、問屋のお兄さんが「それいいでしょ。新色だよ!」なんて言うものだから余計に欲しくなって、必要ないのに1ヤード買ってしまいました。アメリカの布って幅が54インチ(約137センチ)が基本なので、1ヤードも買うと思っているより大きかったりします。

Desk Chair Upholstery

布はオーストリッチのテキスチャーにできていて、マーサ・スチュワートなグリーンです。でもマーサの時代がやってくる以前は、この手のグリーンはSea Foamグリーンと呼ばれていたんですよ。
こんなパステルカラーのイスは息子が嫌がるだろうと思って、張り替えた後は長女のイス(同じイス)と交換するつもりだったのですが、予定外にも気に入ってくれたので、そのまま息子の部屋に戻りました。

ビニール素材の布を張る場合、ホットガン(なければヘアドライヤー)で裏側から熱をあてるとビニールが柔らかくなるので、曲線部分が引っ張り易くなりますよ♪ でも熱をあてすぎると溶けてしまうので気をつけて。

残りの布でバッグでも作ろうかな〜。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

シェーカーボックス 〜サイズ5と6製作中〜

サムマルーフのイス作りワークショップを教えるエルトンさんに頼まれて、シェーカーボックスの作り方を教えています。・・・と言っても人に教えるほどシェーカーボックスを作っていないので、「えーっと、次はぁ〜・・・。」とシェーカーボックス資料の入る分厚いファイルをパラパラめくりながら、作り方をおさらいしてる感じで。

Shaker Box in Progress

エルトンさんが材料をたんまり提供してくれて、今回はサイズ5と6に挑戦。ウォルナットです。
以前作ったサイズ1、2、3よりどれぐらい大きいかというと、これくらい↓

Shaker Boxes in Progress

サイズ8のシェーカーボックスを作ってお裁縫道具入れにしたいな〜なんて思っていたのですが、サイズ6でも十分な大きさかも。

このぐらいのサイズになると、1人で木を曲げるのがなかなか大変になってきます。片手で曲げてもう一方の手で押さえるまではいいのですが、タック(釘)を打つ時にもう1本手が必要になります。今回はエルトンさんともう1人参加者がいたので、みんなで手を貸し合いながら曲げました。
次回底とフタを入れます。

そしてここからはオンラインで見つけたシェーカーボックスのギャラリー。
フィンガー部分のデザインが違うボックスもユニークでかわいいんですよ。

Source: google.com via Motoko on Pinterest

デザインが違うと、正確にはシェーカーボックスではないのでオーバルボックスと呼びます。昔アメリカでは、パントリーの中で食糧を整理整頓するのにオーバルボックスを使うことが多かったようです。

カラフルなシェーカーボックスも(↓)。
シェーカーボックスに色をつける場合は、ミルクペイントを使うことが多いです。

Source: google.com via Motoko on Pinterest

Source: etsy.com via Motoko on Pinterest

取っ手をつけてバケツ型になったボックスもニクい(↓)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...