リビングルームの床など/本「Bringing Nature Home」

今年はお正月早々から、リビングルームの床の張り替えなどやっておりました。

Living Room in Progress

1年半前に入居してすぐ、子供部屋のカーペットを剥がしてウッドフロアに替えたのですが、その3部屋が素晴らしく真っ平らでコンクリートを流す必要なく床の張り替えができたことがあり、「リビングルームもきっと平らでしょう。」と仮定して湿度チェックのみでスタートしちゃいました。
そして半分も敷かない内に、平らでないことが発覚。涙
実はリビングルームの前にマスターベッドルームにもウッドフロアを敷いてるのですが、そっちも「平らでしょ。」と思ったら平らじゃなかった。学べよ!って話しです。

Living Room in Progress

2月半ばにダーリンと息子がコンクリートを平らにする作業をしてくれたので、その後私も参加して床材を敷き終え、やっと先週末に暖炉前のタイルとウッドフロアの間の溝を埋める床材を自分でカスタムメイドしたところ。上の写真がそれ。
フィニッシングはMinwaxのオイルベースのウレタン。買ってきた床材の色とぴったりに仕上がりました。(Tung Oilなどのオイルを塗ってから、水性ウレタンでフィニッシングするのも色は同じになるはずですが、床だからオイルベースウレタンの方が耐久性があるかなと思い、こっちを選びました。)
すでに薄く5コートぐらい塗ったのですが光沢が少々足りない気がするので、あと2〜3コート塗って合わせようかな。そしたらシリコン糊ではめ込む予定。タイルとの間は目地入れした方がいいのか・・・ナゾ。

Living Room in Progress

それと、手作りしたマントルの下にモールディングを付けることにしたのですが、気に入るものがちょうどいい高さでなかったので、こちらもカスタムメイド。これから本体にくっ付けてペンキ塗りの予定。でもあえてここを無垢のままにするのもいいかも。「なんか微妙に間違ってないか?」ぐらいのユニークな見た目も好きなんです。でもだったらポプラじゃなくて、もっとまともな木で作ったかな。

Living Room in Progress

現在マントルトップはシンプルにこんな感じ(↑)。
小さな家にミスマッチの高い天井なので、大きな物置いてもスカスカに見える気がします。ここのデコレーションはこれからの課題。

以前描いた(フレームも自分で作った)娘の水彩ポートレートの前に立てかけてある本「Bringing Nature Home」は、1月にCrate & Barrelで半額ゲット。アマゾンのカートに入れておいた気になる本だったので、うれし〜。アマゾンより安いですよ。

Bringing Nature Home

お花もキレイだけど、家具を見るのも楽しい本です。
上の写真みたいに、我が家もインテリアのドアをウッドドアに替えるのが夢。

Bringing Nature Home

リビングルームは来年早々にでも、天井に届く大きな本棚(件エンターテイメントセンター)を作る予定です。暖炉とは反対側の壁になります。今すぐにでも取りかかりたいぐらい楽しみですが、やる事いっぱいなので我慢。

小さなお知らせ:
先日、ブログ村のWordPressユーザートーナメントに参加したところ優勝しました。(と言っても小さなトーナメントでしたが。)
いつも応援ありがとうございます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...