家のプロジェクトなど 〜と、息子のこと〜

先週末にやった家の中のプロジェクトなど、あれこれ。

まずはベースモールディングの取り替え。

New Base Molding

もともとあった物で数年我慢しようと思っていたのですが、フロアの取り替え時にベースモールディングを外したら折れてしまったものが数個。どうせいつかやるんだし・・・ということで、思い切って今新調してしまうことにしました。
現在40%ぐらい終ったところかな。小さな家だし作業も簡単なのですが、それぞれの壁のサイズを測ってからモールディングを切り、それでもたまにビシッと決まってくれないことがあるので切り直したりして、なんだかんだと時間がかかっています。
たかがベースモールディングだけど、デザインや高さを替えるだけで雰囲気って変わるものですね。

次。
去年のちょうど今ごろに設置した、キッチンのリモデルが叶うまでの期限付きIKEAキッチン。IKEAの蛇口(LAGAN)から水が吹き出すようになっていたのを直しました。正確には、私が昼寝中に直ってました。

Ikea LAGAN Faucet

保証期限切れてるだろうし(って実際はそんなことすら考えなかったんだけど)、どうせ$19.99だから新しいのを買いに行こうと思っていた矢先、ダーリンが水が吹き出る蛇口を取り外してIKEAのカスタマーサービスへ持って行ったら、あっさり新しいのと無料で交換してくれたらしいです。同じ蛇口だけど微妙に変わっていたので、もしかしたら苦情が多いからデザイン変更があったのかも?なんて勝手に思ってます。
私が昼寝中にいつの間にかIKEAへ行って戻り、起きた時には蛇口を取付ける作業が進んでいて嬉しいビックリでした。どれだけ寝てたんだ?って話しですが、私にとってはそれよりも(笑)、いつもそのぐらいのフットワーク&スピードで動いてくれると嬉しいのになーと。

そして、ブログにはまだ書いてなかったリネンクローゼットのプロジェクトも進みました。
古いリネンクローゼットは息子があっという間に取り壊したので、写真を撮ろうと思ったときには既に遅し。でも古いパントリーと全く同じスタイルで、棚も動かせないタイプの使いずらいものでした。古臭い匂いもこびりついていたので、キレイに洗ったタオルも使う頃にはポワ〜ンと鼻を突いてイヤだったー。

Linen Closet in Progress

上の写真の左側が、息子が古いリネンクローゼットの棚を取り壊した後。右側がキャビネット(上下に2コ)を設置したところ。これから周りにモールディングのような物を付けて壁と一体化させ、ドアや引き出しなどを付けます。
キャビネットの材料ですが、今回は水まわりじゃないという事と、ラッカーで白に塗るのが面倒な気分だったという理由で白いラミネートを選びました。ラミネートって白だけじゃなくて、けっこう色が豊富なんですよ。材木屋さんへ行くと(白以外は)在庫にないことが多いですが、注文できます。

キャビネットのスタイルは、考えれば考えるほど(作れば作るほど)ヨーロピアンスタイルの方がフェイスフレームスタイル(アメリカのトラディショナルなキャビネットのスタイル)よりも機能が優れているし、デザイン的にも好みです。北欧やアメリカのミッドセンチュリーなインテリアを目指す場合は、ヨーロピアンスタイルなキャビネットの方が家具やデコレーション雑貨としっくりくると思います。逆にカントリー、トラディショナル、コテージ、フレンチなインテリアにはフェイスフレームスタイルの方がしっくりくるんじゃないかと・・・。全て私の勝手な意見です(笑)。
2つのスタイルが同じ家にあるというのも、もちろんアリだと思います。が!ヨーロピアンスタイルは、後からフェイスフレームスタイルっぽく変更出来てしまうという柔軟性(トリック)もあるんです。2つのスタイルの中間をいくハイブリッドもあります。いつかそんなことに深く触れた記事も書いてみようと思います。

ここからはほぼ実家の両親のため&息子自慢な話題ですが・・・。
いつも家のプロジェクトをイヤな顔(90%)せず手伝ってくれる息子はサッカー大好き。でも最近は運動ならなんでもやってみたいようで、地元のTrack & Field Club(陸上のプライベードクラブ)主催のカジュアルな大会に学校を通して登録したと言うので応援へ行ってきました。

Son @ Track & Field Meet

去年小学校を卒業したと同時ぐらいに私の身長156.5センチ(チビは0.5が重要なんです。笑)を抜かしたと思ったら、現在166センチ。12.5歳(若いころって0.5歳でも年上に見られたくなかったですか?笑)。
上の写真は400メートルを第1レーンで走る息子。

Son @ Track & Field Meet

クラブのスターを抜かして堂々の1位!

1競技応援して帰るものだと思ったら、なんと4競技に登録したらしく、この後の100メートル1位、800メートルは2位、リレーはアンカーでビリ(涙)と続き、私は赤く、ダーリンと娘たちは更に黒く日焼けしたのでした。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

雑誌「Anthology」2013年春号

メモリアルデーウィークエンドの3連休は木工所へは行かず、家の小さなプロジェクトをいくつか片付けました。木工から休みを取ったお陰で、サム・マルーフのイス作りで浮腫んでしまった手が元通りになった感じ。

それと久しぶりに娘たち2人を連れてモールへお買いもの。日ごろモールをふらつくよりも材木屋さんでフラフラすることの方が多い私ですが(笑)、やっぱりショッピングは楽しいな〜。
長女が中学を卒業するので、プロモーション・セレモニー用の服を見つけるのがミッションでしたが、ちゃっかりAnthropologie にも寄って自分の服などもゲットしました。

そしてAnthropologie に寄ると必ずチェックするのが、雑誌「Anthology」。Anthology のことは、以前も書いたことがありますが、購読はせず、Anthropologieでパラパラッと立ち読みをしてから買うか買わないかを決めるということにしています。そして今回の春号は「買い」に決定。

"Anthology" Magazine
(今回も写真はすべてInstagramで。)

この号は「食」がメイン。でもそこは太っ腹なアンソロジー。インテリア号とも言えてしまうぐらい、キッチンやダイニングの画像が楽しいです。

"Anthology" Magazine

イラストがぎーっしりでテンションアップ。

"Anthology" Magazine

キャンディー・アフロのこの子(↓)が欲しい!
どうやってキャンディーが頭に付いてるのか、気になりませんか?

"Anthology" Magazine

雑誌からは話しがそれますが、「食」関連の話題。
先日ヨーグルトランドというアイスクリーム屋さんで、黒ごまバニラ味を見つけました。

Black Sesame Vanilla (黒ごまバニラ) ice cream from Oh Yeah Japan!

しかもジャパンって書いてある。
味は・・・さすがアメリカ。こってりでした。

本日の夕飯。

Pizza Night!

クラストが埋もれて見えないけど、これピザです。生ハムサラダピザ。
作り方は姉から教えてもらったのですが、材料はすべてTrade Joe’sで揃います。軽めのピザなのでパクパクっと数枚、あっと言う間にお腹の中。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

サム・マルーフのイス作り 〜完成〜

サム・マルーフのローバック・スカルプチャー・チェアが完成しました。

Handmade Low-Back Sculptured Chair by Me

ミッドセンチュリーなエッセンスがインテリアに加わって、ウレシ〜♪
イスの上にかけたシープスキンのラグは、ウィングバックチェア完成の記事の写真にも登場させましたが、実はこのイス用に買ったものでした。木のイスなので長時間座るには柔らかいものを敷く必要があるなと思い買ったのですが、細長いサイズがラグというよりまさに「このイス用?」と思うほどぴったり!むふふ。
RugsUSA.comで購入しました。

ラグをどかすと・・・

Handmade Low-Back Sculptured Chair by Me

こんな感じ。
削ったりヤスったりの作業が本当に大変だったので、完成に近づいた先週、フッと遠目からこのイスを見たときは感無量。ちょっぴりウルっときました。指導してくださったエルトンさんはトータル100時間ぐらいはかかると言ってたけど、私は150時間ぐらいかかったかな。

Handmade Low-Back Sculptured Chair by Me

フィニッシングは、エルトンさんがくれたサム・マルーフのブランドのオイルを使いました。
実は年に1回開かれるサンディエゴのフェアにこのイスを展示するという目標があり、配達しなくてはいけない日が迫っていたので、フィニッシングに十分な時間をかけれませんでした。戻ってきてから手を加えれるけど、ベストなコンディションで提出できなかったのが残念。でもいい勉強になりました。

Handmade Low-Back Sculptured Chair by Me

昨日提出してきたばかりなのに、さっそくこのイスが恋しい(笑)。でも初めて誇りを持って「私が作ったの。」と言える木工作品なので、人に見てもらえる機会があることがとても嬉しいです。フェアに立ち寄る機会のある方、よろしかったら展示会場を覗いてみて下さい。

このイスは座高が高めなので、デスクかダイニングで使った方がいいかなと思ってます。
次はリビングルーム用に座高の低いイスが作りたい。

サム・マルーフのイス製作の以前の記事にご興味がある方は、こちらからどうぞ。
サムマルーフ&初めてのイス製作座面と足全パーツ合体フィニッシング直前

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ウィングバックチェア完成

Wingback Chair Upholstery

ウィングバックチェアの布張り終了。

買った時の状態と変更したのは、一部のウェルティング(パイピング)をなくしたこと。
たとえば(遠くて見えづらいですが)、もともとは背もたれ上部にウェルティングが2本入っていました(↓)。

Wingback Chair Upholstery

ウェルティングをなくした結果がこう(↓)。

Wingback Chair Upholstery

このようにウェルティング(パイピング)を入れずに処理する事を「ウォーターフォール」といいます。滝のように見えるからウォーターフォールと呼ぶんだと思います。多分ね(笑)。
ウェルティングを多く使うと、ガッチリと男性的な雰囲気に。ウォーターフォールにすると、ソフトで女性的な雰囲気になります。こういうことってあまり考えないけど、目指すインテリアがあって、そこへ家具を買い足すときなどにいい参考になるかも。

座ってみて思ったのですが、このウィング部分が、うたた寝時に頭を支えてくれてサイコーです。

クッションをどかすとこんな状態(↓)。ボタン見えるかな。

Wingback Chair Upholstery

トリムは買った時と同じように、ギンプ(リボンやトリムのようなもの)の上にタック(画鋲のようなもの)を並べて入れました。

Wingback Chair Upholstery

これが単純なんだけど、全部打ち込むのに数時間かかる作業でした。

Wingback Chair Upholstery

今回の布張りで一番苦労したのは、大きな柄の布を買ってしまったせいで、柄がつながるようにカットしなければならなかったところ。軽く発狂したくなったほど面倒だったー。

My Upholstery Books

そして上の2冊の本は、私のUpholstery(布張り)バイブル。
右の Upholstery Fundamentals はクラスを取ったときに買わされた本。
左の Singer Upholstery は以前自分で買った本。
両方情報満載で気に入ってますが、右の本は広く浅く、左は狭く深く書かれてる感じかな。

材料の購入先:

  • 布は安いというだけで決めてしまったFabric.com の Dakota Ocean
  • ギンプ(トリム)と新調したフォーム(スポンジ)は Jo-Ann
  • その他の Upholstery材料は全てサンディエゴのILO Distributions

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

雑誌「dwell」

購読の申し込みもお金も払っていないのに、毎月届く雑誌「dwell」。

dwell

dwellは載っている建物、インテリア、家具、何をとっても斬新でカッコ良いのですが、最先端すぎて付いていけないデザインも多い上に驚く値段の物ばかりなので、私にとっては「高嶺の花」なコンテンツの雑誌。毎月パラパラっとめくって本棚行きです(一応キープしてます。笑)。
が!今回の家具特集は違いました。高嶺の花には変わりないのですが、家具もテキスタイルも小物も、丸ごと欲しくなるほどツボにはまりました。

dwell

上の写真のイスのように、私も製作中のサムマルーフのイスにシープスキンのラグをかけたくて、数週間前に買ったばかり。
その横のグラデーション色のプラスチック製チェストもいいー。欲しい!

dwell

来月はロサンゼルスで Dwell on Design 2013(アメリカ最大のデザインイベント)が開催されます。私がメンバーになっているFurniture Society からも選ばれた優秀な家具たちがこのイベントに並ぶのですが、いつか私もダメもとでマイデザインの家具を応募してみたいと思うので、その視察も含めて行ってきます。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...