ウィングバックチェア完成

Wingback Chair Upholstery

ウィングバックチェアの布張り終了。

買った時の状態と変更したのは、一部のウェルティング(パイピング)をなくしたこと。
たとえば(遠くて見えづらいですが)、もともとは背もたれ上部にウェルティングが2本入っていました(↓)。

Wingback Chair Upholstery

ウェルティングをなくした結果がこう(↓)。

Wingback Chair Upholstery

このようにウェルティング(パイピング)を入れずに処理する事を「ウォーターフォール」といいます。滝のように見えるからウォーターフォールと呼ぶんだと思います。多分ね(笑)。
ウェルティングを多く使うと、ガッチリと男性的な雰囲気に。ウォーターフォールにすると、ソフトで女性的な雰囲気になります。こういうことってあまり考えないけど、目指すインテリアがあって、そこへ家具を買い足すときなどにいい参考になるかも。

座ってみて思ったのですが、このウィング部分が、うたた寝時に頭を支えてくれてサイコーです。

クッションをどかすとこんな状態(↓)。ボタン見えるかな。

Wingback Chair Upholstery

トリムは買った時と同じように、ギンプ(リボンやトリムのようなもの)の上にタック(画鋲のようなもの)を並べて入れました。

Wingback Chair Upholstery

これが単純なんだけど、全部打ち込むのに数時間かかる作業でした。

Wingback Chair Upholstery

今回の布張りで一番苦労したのは、大きな柄の布を買ってしまったせいで、柄がつながるようにカットしなければならなかったところ。軽く発狂したくなったほど面倒だったー。

My Upholstery Books

そして上の2冊の本は、私のUpholstery(布張り)バイブル。
右の Upholstery Fundamentals はクラスを取ったときに買わされた本。
左の Singer Upholstery は以前自分で買った本。
両方情報満載で気に入ってますが、右の本は広く浅く、左は狭く深く書かれてる感じかな。

材料の購入先:

  • 布は安いというだけで決めてしまったFabric.com の Dakota Ocean
  • ギンプ(トリム)と新調したフォーム(スポンジ)は Jo-Ann
  • その他の Upholstery材料は全てサンディエゴのILO Distributions

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...