息子の部屋にウィンドーシル

グリーンルーム(息子の部屋)に Window Sill(窓の下枠)を付けました。
ブラインドシェルフに合わせてチェリー材使用。

Handmade Windowsill in Green Room
*ストライプのラグは、Crate & Barrel。ベッドカバーはetsy ショップの gypsyaで購入。ブロックでハンドプリントされた布がキレイです。

今回はダイニングブルールームの窓の下枠と違って、エプロンを付けないスタイルにしてみました。ブラインドシェルフと同じ厚み&スタイルで統一感を出してみようという考えです。

Handmade Windowsill in Green Room

普通は木工所で大きめに加工して持って帰ってくるのですが、今回は1発勝負。しかもピッタンコ!

カーテンはこれから縫う予定ですが、カーテンロッドは取付け済み。
私は黒とかシルバーもしくはゴールドのカーテンロッドにしたかっただけど、息子が「白!」と言い張るので白(アイケアの)にしました。・・・早々と後悔。
面倒なので替えるつもりないけど、やっぱり私のプラン通りにすれば良かった。

Handmade Windowsill in Green Room

逆のアングルから撮った上の写真で、部屋の小ささが分かっていただけるでしょうか。
息子と長女の部屋は同じサイズで9X9フィート(2.7x2.7メートル)+クローゼット。4畳半にも満たないということかな。

そして今回なぜかしっかり写ってしまった我が家の外の様子。一番上と下の写真で窓の外に見える波板屋根の大きな小屋とトタンの小さな小屋は、入居当時から息子が「きったないから早く壊させてくれ!」と言い続けていて、最近では小屋の建て方をネットで探すほど。「夏休みを利用して立て直すから、材料買ってくれる?」なんて聞いてくるんだけど、どうするべきかー。こんな時、日本の父(建設業)が飛んできてくれれば作業も監督もしてくれて、夏休み中どころかあっという間にできあがってそうなんだけどな。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “息子の部屋にウィンドーシル”

  1. こんにちは♪
    ちょっとちょっと、すごいじゃないですか!ピッタンコで仕上がってるなんて!!
    しかもシェルフとお揃いというところがニクイですね~。
    お部屋、2.7×2.7プラスクローゼットなら全然いいとおもいます~!!
    きっとMotokoさん、我が家のお部屋をみたら、びっくりしちゃいますよ。
    小さいお部屋はたしか2.7×2.4だったかな。2.1だったかな。ちょっとあやふやだけど、
    機会があったら写真に撮りますね・・・ちなみにそのお部屋はクローゼットナシでこの小ささ。
    ベッドルームというよりは書斎なんだとおもうけど、無理無理ベッドを置いています(笑)
    Motokoさんのお父様も器用な方なのですね。納得だわ~。

    1. ゆー2010さん、

      こんにちは!
      ピッタンコでホッとしました〜。
      シェルフとお揃いって面白みに欠けるかなーとも思ったのですが、狭い部屋なのですっきり見せる為にも今回はこれで良かった感じです。

      おっ!ゆーさん宅にも狭い部屋があるんですね。ぜひぜひ写真に撮ってアップお願いします!
      ゆーさん流の狭いインテリアのテクニックなどもあれば是非お聞きしたい♪

      父は木工とか小さなスケールの物ではなくて建築関係なので、器用という単語が合っているかどうか〜。でも丁寧な仕事をするようで、私が小さい頃から褒めてくれる人たちの話しを良く聞きました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *