姉の家

Sister's House

今年の春にマイホームを買った姉家族の家に来てます。同じ南カリフォルニア内です。
目的のひとつは、日本のお菓子やパンなどを食べること(笑)。高校生の姪(姉の長女)が1人で日本へ遊びに行っていたのですが、帰りに両親があれこれと美味しいものを持たせてくれたんです。

Sister's House

先日姉に頼まれて作ったスカロップの器、急いでオイルで仕上げて持ってきました。早速菓子鉢に。

Sister's House

「早く取りにきて。」と言っていたフェルト手芸用引き出しも、逆に私が持ってきました。
手芸用デスクの上で活躍する予定。

Malibu

姉の家へ向かう途中、サンタモニカでランチをして、海岸沿いのPCH (Pacific Coast Highway)で北上。南カリフォルニアは真夏とは思えない涼しさで、マリブで車を止めて外に出たらブルブルッとするほどでした。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

カスタムまな板 〜友人からの注文〜

他州に住む友人が、まな板をオーダーしてくれました。新居用に2枚も!
木工所での様子(↓)

Cutting Boards in Progress

奥のはストライプだけど、これから更に切って市松模様となります。
手前のは終了してるので、一緒に帰宅。

Cutting Boards in Progress

11X16インチ。厚み1.25インチ。これはお野菜用まな板になるそう。
ダークな木のコンビのストライプがリクエストだったので、ウォルナットとチェリーに。なんだかReese’s のPeanut Butter Cups みたいな色合いでオイシそう♪

Cutting Boards in Progress

やすってやすってやすりまくった後はオイルでフィニッシング。まずは1コート目が終ったところ。彼女たちが新居に入居するまで預かることになっているので、その間オイルを塗りまくってツヤピカにします。

Hちゃん、オーダーありがとう。
両方完成したらスタイリングって、またアップします。

余談:

木工所の帰りに寄り道がしたい時、木屑だらけなので「汚いやつだ!」って思われるかなぁ〜なんていつも悩むんです。思いっきり汚いならいいんだけど、木屑って中途半端でやぼったい。
でも先日、J.Crew のブログを読んでいてひらめきました。

paintedjeans

ジーンズに思いっきりペンキを塗ってしまえば、汚れ仕事の帰り道だと分かってもらえるような。(畑違いな汚れ仕事だけど。笑)
誰も私のことなんか見ていないだろーから(笑)、ジーンズを無駄にするだけな予感もするんだけど、やりたくなってきた。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

スカロップの器 〜ウォルナット&メープル〜

姉が先日作ったスカロップエッジデザインの器を欲しいというので、早速新バーションを作ってみました。

Scalloped-Edge Bowl

今回はウォルナット+スカロップ部分がメープル材。
まだフィニッシングを塗ってませんが、フードセーフなオイルを塗る予定です。

姉はこれを菓子鉢にしたいということで、前回のよりちょっと大きい直径20センチで作りました。でも20センチ角のウォルナット材がなかったので、端材をくっ付けて。ウォルナットの木目がはっきりしてる上、サップ部分(脂肪部分)が多い端材の集まりだったので、ウネウネ線がいーっぱい。かなり主張のある器になった気が。

Scalloped-Edge Bowl

今回は1個目を作った時より発見がいっぱいでした。
色々悩みながら角度調整したり、糸鋸の刃のブランドを替えてみたり、やすり方の工夫をしてみたり・・・。四苦八苦するけど、そういうプロセスも楽しい♪ 木工所のケンさんにもヘルプやアイデアをいただいたので、どれだけキレイに作れるか、色々な方法で追求してみようかな。

Free Jointer

そのケンさんの知り合いでヨーロッパへ引っ越すというご夫婦から、もう使わないというジョインター(手押し鉋盤)を無料でいただきました。ケンさんがトラックで一緒に引き取りに行ってくれたのですが、オールドスクールなキャストアイロン製で、もう重いったら!勝手に今どきのJET社のあたりをもらえると想像してました。笑
「刃もシャープだし、モーターもいいコンディションな予感がする。」ってケンさんは言うけど、私は機械ものは油を注す以上のことは分からないので(笑)、使いこなせないようなら誰かに譲る可能性もあり。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

お嫁へ出すシェーカーボックス

梱包し次第、お嫁へ出すシェーカーボックス。メープル製。

Shaker Box Size 6

サイズ6でかなり大きめ。何に使うんだろう。

シェーカーボックスに使う木は、サイズ表に合わせて一定の厚さにヤスって揃えなくてはいけないのですが、このヤスリ作業をしてくれるドラムサンダーのある木工所がなかなかなくて・・・。しばらく作れないでいたら、シェーカーボックスの作り方を忘れかけました。結局知り合いがドラムサンダーを持っていることが分かりお願いしたのだけど、プロの木工家さんなので、お仕事の邪魔をするのが申し訳ないなーと。でも話し好きな方なので、会う度にたーぷりしゃべって(私は聞き手役に徹して)嬉しそうでしたけどね。笑

他の人からも上のボックスと同じサイズでウォルナット製の物を頼まれているんだけど、サクサクッと進められないのが悔しいこのごろ。どうしても必要になる機材は、そろそろ自分のものを揃えていった方がいいのかなー。

Shaker Box Size 6

家の中で撮るシェーカーボックスの写真のアイデアが尽きたので、外で撮影してみました。
我が家はこんな感じの古くさ〜い外観です。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

糸鋸でスカロップエッジデザインの器

スカロップエッジデザインの器を作りました。
フィニッシングをしてしまおうか、脚をつけてキャンディーボールにしようか迷っているところ。まだヤスリがけも終ってないんだけど、この生の木な感じが好きなのでアップします。

Scalloped-Edge Bowl

スカロップ部分はマホガニー。白い部分はメープル材を使いました。
この器は旋盤でくるくる削ったのではなく、糸鋸で角度切りした輪っかを糊づけして作っています。

かれこれ2年ぐらい前に買った Wooden Bowls from Scroll Saw という本を見て作りました。著者のCarole Rothmanさん(ウェブサイトが見当たりません)は、旋盤だと出る無駄が多過ぎてイヤだというお考えで、糸鋸での器作りをしている方です。

Scalloped-Edge Bowl

この器もほんの20センチ四方の端材で出来てしまうんですよ。同じサイズの器を旋盤で作る場合、3倍の木が必要になります。

スカロップがカワイクてはまりそ〜。
フィニッシングを塗ったらまたアップします。・・・と言いたいところだけど、このままでいいかも。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...