パントリー完成

作り付けのパントリーが完成しました。

Finished Pantry

例のごとく冷蔵庫が目の前にあるので、正面からの全体像はこんな感じ(↑)。

パントリーのインスタレーションまでは比較的早かったけど、時間がかかったのはフィニッシング。白いペンキではなく白いラッカー(PreーCatalyzed Lacquer)をスプレー塗りしたのですが、技術がないのでやり直しの連続。「お、上手くなってきたぞ。」と思ったところでラッカー切れ。またやる気が出るまでに数ヶ月かかり、その頃にはまたスプレーの仕方を忘れてたりして。笑

Finished Pantry

パントリー製作の過去記事にご興味のある方は、下のリンクリストからどうぞ。

2012年9月 パントリー作りが始まります
2012年10月 パントリー製作 〜ベースキャビネットの取付け〜
2012年11月 パントリー製作 〜アッパーキャビネットの取付け〜
2012年12月 パントリー製作 〜外注パーツの取付け〜
2013年1月 パントリー製作 〜壁〜
(2013年1月 仕切りトレー 〜パントリーの引き出し用〜
2013年4月 パントリー製作 〜完成!と思ったけど〜

Finished Pantry

パントリーをダイニング側から見るとこんな感じ(↑)。

そして最後の最後に残った作業は、ベースキャビネット両サイドのパネルとクラウンモールディングの取付け。クラウンモールディングのない家なので、ここだけゴージャスなのもどうかと思い、シンプルなコンケーブモールディングを選びました。

Finished Pantry

そーっと閉ってくれるドアのヒンジや引き出しのレールガイドは、オーストリアのブルム社が作るブルモーションを使用。他社のものよりちょっぴり高いですが、ドアもビシッときめてくれるし、閉る速度も好みに合わせてスピード調整なんかもできてしまう優れものです。これからカスタマイズでキャビネットを注文される方におススメ!

さて、やっとパントリーが出来上がったので、これからちょっとずつデコレーションなどしていきたいなと思っています。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

4 thoughts on “パントリー完成”

  1. こんにちは!
    あのマスキングがぴょこぴょことかわいかった戸棚も
    とうとう完成なんですね~。
    ノブもお洒落だし、モールディングもスッキリ!
    洗練された統一感があって、素敵です♪
    こんなふうに造りつけができてしまうなんて、すごく羨ましい~。
    Motokoさん、オダマキの種の件は大丈夫ですよ♪
    次回のコメントに連絡先を鍵コメしてください。宜しくおねがいします♪

    1. ゆー2010さん、

      やっと完成!マスキングテープのぴょこぴょこともサヨナラできました〜♪

      オダマキの件、ありがとうございます!
      さっそく鍵コメ残しました。
      シソもグングンと育ってますね〜。羨ましい♪
      ゆーさんのように植物を育てるのが上手な友人が最近日本から引っ越して来たので、彼女に色々教えてもらいながら、私もちょっとずつ頑張ってみようと思ってます。

  2. やったねえ。パントリー完成おめでとうございます。
    これからどう飾り付けで変わって行くのか楽しみにさせていただきます。(^^)

    娘ちゃんが映ってる写真可愛い。日本のご両親も会いたいだろうなあ、、、
    私事ですが、うちは母だけが生きてますが4年前から痴呆が進んで去年特養に奇跡的に入所できました。
    先週会いにいってきたけれどもう私も娘のことも誰だかわからないほどに進行してました。
    痴呆問題(特に東京のみが突出して深刻)を間近に見てこれたのは自分の老後への備えとして勉強になったと思ってます。

    ごめんなさいね。余計な事書いちゃって。

    1. 九龍姉さん、

      はい、やっと終りましたー。
      これからちみちみ飾り付け〜。これが意外と時間かかるんですよね。しかも飾り付けって出来上がっても1〜2ヶ月で飽きる性格なので、オンゴーイングなプロジェクトだったりします。

      末っ子に「写真撮りたいからちょっとどいてて〜。」と言っても聞いてくれなくて、ボケてない写真に限ってちゃっかり入ってたので使っちゃいました。笑

      日本への里帰りはお母様の訪問だったんですね。「いいな〜。」なんて軽卒なコメントを書いてしまってごめんなさい。養護施設に入るのって、やっぱり難しいんですね。
      >ごめんなさいね。余計な事書いちゃって。
      まったく余計なことじゃないです。シェアしてくださってありがとうございます。姉さんをもっと身近に感じることができました。こんなブログだけど、遠く離れた姉さんと会えるきっかけになれたことが嬉しいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *