花瓶/製作中の木箱その後

皮が付いたままの木をいくつかいただいたので、旋盤で花瓶を作ってみました。

Vase

たしかスギの木と言ってたような。
さんざん手こずって時間がかかったわりに、スケッチしておいた予定の形とも違くなってしまいましたが、ま、そんなこともあるよね。

茶色い樹皮部分の複雑な自然の模様が好き。
飾り用のつもりで作ったのでお水を入れるためのビーカーは入ってませんが、穴は開けておいたのでドライフラワーや造花なら入れれます。(写真用に庭の葉っぱをムリヤリ。)

前回の記事に書いた製作中の小さな木箱(↓)。

スリップフェザーの余分な部分がなくなってスッキリ。
ちなみにスリップフェザーですが、日本語で「ひき込み留め接ぎ」かなと教えていただきました。日本語になった途端、なんだか素晴らしくカッコいい響きになりますね。

先週末、ダーリンが長女と一緒にリビングとダイニングの大掃除をしてくれました。
上の写真は家具を部屋に戻しているところ。勝手に模様替えまでされてしまいましたが、意外としっくり。
写真右でなぜかダウンのベストを着て上機嫌なのは末っ子。
お出かけしない週末は、チャカ・カーンのような髪型です。

製作中の小さな木箱

今年前半は建て直しのため閉鎖していた大学の家具科ですが、再開した今学期はデコレティブ・ボックス・メイキングというコースを取っています。ジュエリーボックスとかトレジャーボックスとか、小さめでちょっぴり小細工のある箱作りです。
早いもので今学期も残すところ1ヶ月半。大きな家具作りに比べると、分かってはいたけどみみっちい作業です。でもみみっちい事、物、工程、好き。

Decorative Box Making

四方から飛び出ている羽のような物はSpline(スプライン)とかSlip Feather(スリップフェザー)などと呼ばれるもので、45度同士でくっ付いている角を強化する接合方法です。(日本語での木工用語が分からずスミマセン。)
羽がクルクル回り出して、どこかへ飛んで行っちゃいそうな雰囲気。

Decorative Box Making

こちらは裏側。
この箱を何にするかはまだ決めてないのだけど、角を丸めて、足付けて、シャッキーンとした光沢のある仕上げが頭に浮かんでいるので、ジュエリーボックスあたりかな。

Decorative Box Making

またまたオリーブの木を使いました。キレイでドラマチックな木目が好きですが、避けられない部分に穴やヒビが多かったのでエポキシで埋めました。

話しはそれますが。
アメリカ政府が復活した後も私の通う軍の木工所は閉っていて、相変わらず木工ができない日々です。大学の作業場で、大学のプロジェクト以外の木工作業をやっちゃおうかと企んでいたら、すでに実行していたクラスメイトが叱られていました。良かった、やらなくて。
他の木工所の利用も考えたりするのですが、通うには遠過ぎるとか、私が必要な機械がないとかっていう障害があるので、いよいよ自宅に機械を買い揃える時期が来たのかも?なんて考える日々です。
そんなことをエルトンさん(椅子の先生)に話したら、「自宅のガレージで作業できるのが一番だよね。近所から許可もらったの?」って。「えー!近所の許可がいるの?」と驚いて聞いたら、どうやらタウンハウス、コンドミニアム、一戸建てでもマネージメント下にある敷地内で協会(自治体?)に属する家は許可が必要になることが多いということでした。良かった、関係なくて。
カリフォルニア生活7年半。まだまだ知らないことだらけだなーとつくづく思った瞬間でした。
そんな訳で、色々なメーカーの木工用機械やお値段を比べる日々です。

上は数日前の朝。裏のキャニオンの底が霧でまったく見えない状態で、それがまた神秘的というか、とってもキレイでした。

キッチンの木製品メンテナンス法

数週間前に大体の成形は完了していた木製スプーンの仕上げ。
今回の4コは全てウォルナット材で作りました。
ここ数日で一生懸命ヤスり、現在キッチンカウンターにてオイルを吸収中。

Handmade Wooden Spoons

ここで私が仕上げに使うオイルは、キッチンにある木製品のメンテナンスにも使えます。
ビーズワックス(蜜蝋)とミネラルオイルを1対1の割合で鍋に入れ、弱火で混ぜてできあがり!という簡単なもの。大量に作って瓶で保存します。

長年の使用で木製品の肌触りが粗い場合は、まずは紙ヤスリでヤスってから。#220〜#320辺りの紙ヤスリがいいかな。
布やペーパータオルで、作ったオイルを塗ります。数時間置いて数回塗り、木がオイルを吸い込まなくなったら拭き取って終了。平均で2〜3回塗ることが多いです。
一度洗ったら使えます。

なぜいきなりメンテナンス法の記事を書こうかと思ったかというと、Instagram でスプーンが大好きなterajiro さんという方のアカウントを見つけたんです。

彼女がたまに、今日はオイルメンテナンスの日、なんて言ってキッチンの木製品にオイルを塗るのですが、コメント欄を読んでいると、意外とメンテナンス法を知らない方が多いようなので、いつかどこかでどなたかのお役に立つかなと。
ウォルナットオイル(くるみオイル)を塗る方法の記事も、違いなども含めて近々書いてみようと思います。

今回作ったスプーンの1本の裏側(↓)

枯れ葉の形に見えませんか?

木工所は相変わらず閉鎖されたまま。
作りたいものがいっぱいあるのになぁ。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ボトルストッパーの森

旋盤を購入して以来、ガレージで作業ができる喜びを味わっていましたが、秋が深まるにつれてコンクリートフロアでの作業が寒くなってきました。裏のキャニオンから冷たい空気が吹き上がってくるようで、夏は涼しくて気持ちがいいのですが、冬は床からキーンと冷たいです。今年はガレージ用の電気ストーブを買わなくちゃ。

今回は、ボトルストッパー(ボトル栓)。
またまた旋盤を回して削りました。

"The Woods of Bottle Stoppers" made by me. #woodturning #woodworking #handmade #wood #zebrawood #maple #walnut #bottlestoppers #christmas #christmastree #vscocam
instagram にアップした写真です。

シンプルなツリー型のボトルストッパーを作ってみたら、思いのほか愛くるしくて、どうせならいくつか作って森に!と思いとりあえず数個。名付けて「ボトルストッパーの森」。
と言っても5本ぐらいじゃまだ林?

上の写真の一番右のボトルストッパーからご紹介。
これはウォルナット。

Handmade Tree Bottle Stoppers

2本目はゼブラ。

Handmade Tree Bottle Stoppers

3本目もゼブラ。
同じゼブラの木から作ったものなのに、2本目とこんなに色が違います。

Handmade Tree Bottle Stoppers

4本目はメープル。

Handmade Tree Bottle Stoppers

このメープルは、ツリーというよりスタッズに見えてしょうがないです。
リアーナのレザージャケットの肩辺りに付いてそうじゃないですか?エッジーというか、凶器チックというか。

5本目(一番左)はまたまたゼブラです。

Handmade Tree Bottle Stoppers

木は太陽の光りを求めて、お隣りさんよりも高くなろうとするそうです。背の高い木を育てる必要がある場合、あえて間隔を狭く植えて光りを求める競争をあおるんですって。ツリー型のボトルストッパーを作っていて、以前聞いたそんな話しを思い出しました。

こんなにアルコールのボトルが写った写真を載せると、飲兵衛と勘違いされてしまいそうですが、お酒はほとんど飲みません。年に1回なめるぐらい。ちょっとぐらいは飲める記憶があるけど、真っ赤になって5分おきにトイレへ通うタイプです。
私が買うお酒はラムやアマレットなど、お菓子作り用。他はすべてダーリンのもの。彼も大分飲まなくなったので、残っているのは数年前のものや、最近立て続けにいただいたワインなど。家のプロジェクトが落ち着いたら、友達を招いて消費してもらおうと思います。

そんな訳で、お酒の種類に寄ってボトルストッパーは使わないとかっていうルールがあるかどうかも分かりません。使ったボトルはあくまでも写真用なので、ヘンチクリンなことをしているようでしたら、お酒の知識がないせいです。

今日は昨夜焼いたチーズケーキ(↓)でお茶。

本当は友人宅へ遊びに行くときのお土産になるはずだったのだけど、子供たちが「食べたーい!」とシツコイので、もう1コ焼き直す事にして、これは食べてしまうことにしました。
本当は自分が一番食べずにいられなかったんですけどね。笑

上の写真のアカウント名にもありますが、ちょっと前にinstagram 名を変えました。2年前近くにアカウントを設けたとき、付けたい名前が取られているものばかりだったんです。何回か変更しながらもスッキリしなかったのですが、今回は落ち着きそうな予感。
leointhewoods (Leo in the Woods = 森のレオ)です。
サッカー大好きな息子が崇拝するLeo Messi のLeo じゃなくて、ご近所にいそうなLeonardo さんのニックネームのLeo でもなくて、獅子座のLeo です。
森で木に囲まれて、次は何を作ろうかと興奮気味の獅子(私)を想像して付けてみました。
今日の記事に「森」つながりということで、「アカウント名の由来なんてどうでもいいから!」と思われているのは百も承知で、紹介してみました。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Hall Bath 〜その後〜

先週末は、Hall Bath に設置した手作りバニティ(洗面台)のドアをやっと作る気になったというのに、利用している木工所が軍の基地内の1施設なので、ガバメントが停止中はこちらも閉るということで作業ができずにがっかりでした。それでも我が家の男性陣が壁の修正作業(テキスチャーづけ)とペンキ塗りをしてくれたので、久しぶりにちょっぴり前進。

Hall Bath After Texuring & Painting

古臭いアイボリー色の壁が白くなって、明るくなりました。

シャワーカーテンのロッド(ポール)とか、洗面周りの小物とか、色々買い替えたいものがあるんだけど、気に入ったものを見つけるのって時間かかりますね。
でもやっと決心して買ったものを(ってそんな大げさなことでもないんだけど)いくつかご紹介。

カーテンはSerena and LilyNavy Feather シャワーカーテン
モダンなんだけど、手描きのような不揃いのフェザー模様が気に入ってます。

ゴミ箱とトイレブラシも買い替えました。

Simple Human Products

新しく買ったのはSimpleHuman のゴミ箱。左上がHall Bath 用で、ついでにマスターバス用(左下)も買ってしまいました。マスターバス用の方はコロンとした形のレトロなシリーズで、これの赤がすごくカワイくて迷ったのだけど、バスルームのテーマ色と合わないので泣く泣く諦めて白に。

トイレブラシも同じくSimpleHuman。トイレブラシにこのお値段はちょっと高いなと思ったのだけど、思い切って買って良かった。ブラシ部分の形が機能重視なデザインでお掃除し易いことはさることながら、ハンドルに磁石が入っているので、動かす時にハンドルをひょいっと持つと、下のコンテナ部分も付いてきてくれるという便利さ。
この間まで使っていたIKEAのLILLHOLMENは、ちょっと触れるだけで倒れる不安定なブラシでイラツく事しばしばだったのだけど、このブラシは安定性もバツグンで言う事なしです。

ちなみに今さらですが(どなたかの参考になれば)、トイレとキャストアイロン製のバスタブはtoto
アメリカのメーカーの物に比べると少々高いですが、最終的に元が取れるはずです。特に水道代が高いカリフォルニア州では(サンディエゴは2014年に更に高くなるプランが出されてますね)、お水の消費量が少ないトイレは重要。その上ワンピース型でお掃除がラクだし、そーっと閉るフタも嬉しい。タブはキャストアイロンでお湯の温度が下がりにくいので、お湯につかりたい人にはおススメです。

賞味期限が切れてしまい焦って消費活動をしていた日本の強力粉、下の惣菜パン(たまごパン)でやっと使い切りました!

短期間に集中してパン作りをしたおかげで、以前からの「パン作りは面倒くさい。」という考えが少し削られて、気軽にとりかかれるようになった気がします。家族のみんなも喜んでくれるのが嬉しい。食欲旺盛な息子は、「木工やめて毎日パン作りしてくれ〜。」と。笑
そんな息子、去年の夏に小学校を卒業して以来猛スピードで背が伸びていて、おもしろ半分で数ヶ月おきに身長測定しています。12歳中に170センチ到達するか?と思っていたら、誕生日まで2ヶ月残した時点で170センチを超えました。
反対に、「最終的に175センチになる勢いですね。」とドクターに言われていた長女の成長がスローダウンし、「また測ってみよう!」という気が起こらない状況でちょっぴりタイクツ。
(主に実家の両親のための余談でした。)

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...