花瓶/製作中の木箱その後

皮が付いたままの木をいくつかいただいたので、旋盤で花瓶を作ってみました。

Vase

たしかスギの木と言ってたような。
さんざん手こずって時間がかかったわりに、スケッチしておいた予定の形とも違くなってしまいましたが、ま、そんなこともあるよね。

茶色い樹皮部分の複雑な自然の模様が好き。
飾り用のつもりで作ったのでお水を入れるためのビーカーは入ってませんが、穴は開けておいたのでドライフラワーや造花なら入れれます。(写真用に庭の葉っぱをムリヤリ。)

前回の記事に書いた製作中の小さな木箱(↓)。

スリップフェザーの余分な部分がなくなってスッキリ。
ちなみにスリップフェザーですが、日本語で「ひき込み留め接ぎ」かなと教えていただきました。日本語になった途端、なんだか素晴らしくカッコいい響きになりますね。

先週末、ダーリンが長女と一緒にリビングとダイニングの大掃除をしてくれました。
上の写真は家具を部屋に戻しているところ。勝手に模様替えまでされてしまいましたが、意外としっくり。
写真右でなぜかダウンのベストを着て上機嫌なのは末っ子。
お出かけしない週末は、チャカ・カーンのような髪型です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “花瓶/製作中の木箱その後”

  1. Motokoさん、こんにちはー。
    なるほど・・・・この角っこはこうなるのですね。全く私は勘違いして、羽がでているデザインかと
    思ってしまいました。うーむ・・・天然ボケもいい加減にしろー!ですよね(汗)
    今日の一輪挿しは和風の雰囲気がありますね♪
    お上品だなぁって思いました。
    それと、それと、Motokoさんのお部屋もお嬢様たちも、
    もうもう、マガジンの中!!このまま掲載してもいいくらい、ステキ~。
    絵になるというのはこういうことですね・・・
    広々としたお部屋と天井も高そうで明るくって、開放感がありますね~。
    またインテリアもたくさん見せてください~。

  2. ゆーさん、

    こんにちは!
    そうなんです。先日の羽状態の角っこは、削られるまでの途中経過でした。
    いやいや、ゆーさんが天然ボケなのではなくて、私の説明がダメでした。ごめんなさい。

    インテリアはまだまだ恥ずかしくて、お見せする勇気がなかなか出ないんです〜。あれもこれもとプロジェクトに手を出して、どれも中途半端な工事現場状態。・・・でもInstagram だとフィルターとかかけられるので、なんとなく引いた写真を撮る勇気が出るんですよね。
    いつかドッカーンとお見せできるように頑張りまーす♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *