ウッドターニングのこと/また息子の陸上

大学にシャープニング・ステーション(研ぎ専門エリア)が設けられていて何もかも揃っているので、ウッドターニングのツールはすべてそこを利用して研いでいました。でもよく使うツールは1コのボールを挽くのに何回か研がなくちゃならないし、夏の間は大学へ行かないので不便となり、やっと自分のグラインダーを買いました。

grinder

重くて箱から出せなかったので、ダーリンが単身赴任先から帰ってきたときに出してもらい、とりあえずガレージのフロアにドンッと。グラインダーを置く場所がないので、台を作らなくちゃ。ツールを研ぎ易くするためのアクセサリーなども揃えたい・・・。気持ち良く木工をする為に買わなくちゃいけないもの、作らなくちゃいけないもの、当分続きそうです。

2ヶ月ほど前に、エルトンさんから木材をダンボールいっぱいいただきました。ウッドターニングに良さそうな物ばかりで嬉しかったのですが、ヒビがいっぱい。しょうがないので危険なヒビだけ取り除き、練習と思って挽いています。

bowl

ウッドターニングで新しい物を作り出すとき、ある程度のアイデアを描いてみたり想像したりして挑んでますが、回し出してからアイデアが湧き出てくることもしばしば。写真の器もそうですが、元々のアイデアから方向転換して気に入る形に仕上がる確率も結構高いんですよ。
つくづく「とにかく手を動かしてみるものだ。」と感じる瞬間です。

bowl_bottom

この器には、今まで使ったことのない仕上げ剤を試しています。(写真は仕上げを塗る前。)

余談。

子供たちが夏休みに入りました。ほぼ同時にワールドカップも始まったので、毎日観戦で忙しい。

Association1

そしてもう2週間前ですが、アメリカ陸上競技連盟のサンディエゴ大会400メートル走(13&14歳の部)で息子が1位。次の大会(Regional)へ進出が決まりました。ホッ。

Association2

下の写真は同じクラブの写真係りママが撮ってくれていた物です。

SDAssociation_20140607_5

200メートル走も2位で次の大会の出場権をゲット。

今夜(金曜日の夕方)から日曜日までの3日間、南カリフォルニア、ハワイ、ネバダの3州のトップランナーと競います。この大会でトップ5に入ると、本人が目指すUS ジュニア・オリンピック・チャンピオンシップの出場権がもらえるという仕組みだそうです。
でもロスやラスベガスのトップランナーのタイムと比べると、2競技とも厳しそうだな。涙

余談の余談ですが、サンディエゴ大会にオリンピック金メダリストのMonique Henderson さんが来ていましたよ。

では行ってきまーす。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “ウッドターニングのこと/また息子の陸上”

  1. こんにちは!
    息子さんの大会出場決定~!おめでとうございます~!!!
    すごい、頑張っていて青春っていう感じ!!
    手足が長くて、体が引き締まって無駄な肉がなくて、カッコ良すぎてうらやましい(笑)
    次の大会でもよい結果が出せますように。
    ウッドターニングでの木工とか、やはり手を動かしてわかることはおおいのですね。もう立派な職人さんですね。

  2. ゆー2010さん、

    お返事遅くなってごめんなさい。
    そして応援、ありがとうございます。
    なんとか頑張って、夢の大会へ行けることになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *