レンジを買う日の為のメモ/憧れのキッチン

マイホームを持つ前から「レンジはぜったいにSMEG!」と想い焦がれていたのだけど・・・

SMEG_C36GGXU

世の中いろんなレンジがあるので目移りします。
キッチンの横にランドリールームを増築する計画があって、その際キッチンもまとめてリモデルを予定しているのですが、もう待ちきれなくて、大分前から電化製品をチェックしてます。
上のSMEG は36インチ幅。一般的なのは30インチなので、小さな我が家には大き過ぎるかな。でも48インチ幅なんてのもあるんですよ。

既に終了した大学の「住宅用カスタム・キャビネタリー」コースの最終日が遠足で、Ferguson という電化製品屋さんへ行ってきました。

ferguson1

店内を回るほんの1時間半ほどの遠足だったのですが、ストアマネージャーさんに電化製品の最新テクノロジーや流行、加えて先生からはキャビネットと電化製品の密接な関係を聞くことができました。

冷蔵庫やディッシュウォッシャーのドアに、キッチンキャビネットと同じドアを付けたり、オーブンをキャビネットに入れ込むウォールオーブンなど、カスタマイズするオプションは無限ですが、私は電化製品は見えていい派だし、レンジもフリースタンドのタイプが好きかな。

ferguson2

上の電化製品はViking と言う会社のもの。建築やインテリア系雑誌の統計によると、この電化製品が入っているだけで家の価値が平均5%上がるんですって。そんな上等なレンジなのに、換気扇が電子レンジとのコンビタイプってどうなのよ?って突っ込みたかった。ちなみにマイホームを買ったとき、我が家にもギットギトの換気扇付き電子レンジが付いてました。

ferguson

上の写真はSub Zero の冷蔵庫。$16000。こちらもViking 同様、家の価値をあげてくれるという高級冷蔵庫。でも家のサイズもろもろと釣り合ってないとおかしいよね。
カスタム・キャビネタリーの先生は、いつもこんな冷蔵庫を入れるお金持ちクライアントの仕事をしているので、夢中になって語る先生に、生徒の私たちは無言になってしまったり、しらけてしまうこともしばしば。

私がこの遠足でちょっぴり気になったのは、WOLFのレンジ(↓)。

ferguston4

どうやらWOLF とSub Zero を作っているのは同じ会社らしく、ウェブサイトが同じです。冷蔵庫がSub Zero でレンジやマイクロウェーブのシリーズをWOLF と呼ぶのかな?

このお店にはなかったけど、BERTAZZONIや、GEのカフェレンジもちょっぴり気になります。

ちなみに。今いいなーと思うキッチンキャビネットは、家具っぽいディテールのものや・・・

kichen1

シンプルで飽きのこなそうなものなど。

kitchen2

どっちにしても木の素材で暖かみのあるキッチンに憧れるこのごろです。
(キッチン画像はクリックで、画像をお借りしたサイトへ飛びます。)

下の写真は数年前House Beautiful で見つけたZen Kitchenと題した和風キッチン。

kitchen3

キャビネットのドアがスライド式というのは、狭いキッチンにはいいアイデア。ステンレスのカウンタートップも清潔感あるしメンテナンスが楽そうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “レンジを買う日の為のメモ/憧れのキッチン”

  1. こんにちは♪
    キッチンが新しくなるのって楽しみですね♪
    私は特にブランドにこだわりはないのですが
    オーブンはパイロリティック機能がついているものが好きです。
    前の家もこの家のも違うブランドだけどボタン一つでお掃除機能がついているものにしました。
    とっても便利ですよ~。高熱で油汚れを灰にして、オーブンが冷めてから
    さっとふくだけで新品のようなピカピカのオーブンになります!

  2. ゆー2010さん、

    こんにちは。
    キッチンのリモデル、待ちきれないです。
    パイロリティック機能と言うんですね。以前の賃貸にセルフ・クリーニング機能付きのオーブンがあったのですが、それと同じかな?でも1回もその機能を使わず、自分でゴシゴシやってました。マイホームにレンジを買うときには、ぜひお掃除機能があるものを買って、ピッカピカを保ちたいです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *