ウッドターニングあれこれ

先日アメリカンウッドターナーズ協会のサンディエゴ支部の会員になったので、早速ミーティングへ行ってきました。孤独になりがちなウッドターニングですが、月々のミーティングや勉強会など、これからのイベントが楽しみです。

さらには会員になると、木材も格安で売ってくれます。
ただし全てグリーンウッド(ウェットウッド)。まだ切り倒されてから時間の経っていない湿った木なので、乾かす必要があります。数ヶ月から数年も・・・。
そんなに待っていられないし保管場所も考えなくてはいけなくなってしまうので、私はグリーンウッドなんて絶対に使わないだろうと思っていたのですが、キレイな木目の木がいっぱいで興奮し、ちょっとだけ買って帰ってきました。

blackwalnut

上の写真はブラックウォルナット。翌日早速旋盤にかけました。
乾燥と供に木がひねるのを想定して、この時点では樹皮やヒビを除く程度で厚めに挽きます。湿っているので柔らかくてカットが楽なのですが、水分が飛び散り、フェイスシールドを何度も拭きながらの作業です。こうしてある程度の形にしてから乾燥させるとヒビが入る可能性が低くなるのですが、それでも割れるものは割れてしまうとのこと。木目や色がドラマチックでとってもキレイなので、生き残ってくれるといいのだけどなー。
いつの日か乾いたら再度旋盤にかけて、最終的な形作りをします。あー、気が遠くなるなぁ。
マカデミアナッツの木も買ってきたので、そちらも近いうちに旋盤にかける予定です。

そしてインスタグラムにアップした下の写真は、先週作ったマホガニーのフタ付きのハコ。茶筒みたいな形になりました。

この後数日かけてオイルを塗り重ねたのですが、最後にワックスで仕上げ中にハコが手から滑り落ち、傷物となりました。涙
実はワックスで手が滑り、作品を落としてしまうというのは何回か経験済み。これ以上失敗を繰り返さないよう、対策を練らないとー。

liddedbox

捨てるのももったいないので、とりあえずキープ。ごちゃごちゃ状態のパントリーの上に仲間入りしました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “ウッドターニングあれこれ”

  1. こんにちは!
    私は木の種類や質のことはよくわからないのですが、やはり素材によって向き不向きや
    気をつけるべきことなどがあるのですね・・・ウエットウッド・・・なるほど~、乾かすことを考慮するというのは
    初めて知りました♪

    商品代、請求書待ってますね♪お忙しいと思うので、一言かけていいものかどうか迷ったけれど・・・

    1. ゆー2010さん、

      こんにちは。
      ウェットウッド、私も乾燥させる期間やその他もろもろ。色々勉強することがたくさんです!

      さきほどメールを送らせてもらいました。すっかり遅くなってしまってゴメンナサイ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *