お掃除週間 〜末っ子の部屋〜

感謝祭の1週間は子供たちの学校がお休みなので、「家のプロジェクトを手伝ってもらお〜♪」なんて張り切り気分だったのですが、小さな怪我をしました。オリーブ材の器をウッドターンする準備の過程で左手中指の第一関節を打撲し、1.5倍ぐらいに膨れ上がりむらさき色に。涙
声も出ないほど痛かったのですが指は曲げれたので骨折はしていないだろうと思い、アイスパックで冷やす日々。指先って何をするにも物に触れるので、ぶつける度にうずくまる数日でしたが、やっと落ち着いてきました。

そんな理由でこの1週間は木工をあきらめ、お掃除に専念。

groom2

特に時間をかけたのが末っ子の部屋。
バービーなどのお人形類の1/3ほどを処分し、キープするお人形はIKEAから写真上のバスケット(RIFFLA)を買ってきて収納。バスケットの中はまだ着せ替え用の細い服などでぎっしりですが、まとめておけるだけで気分はスッキリ。

groom1

久しぶりのIKEAでは、フクロウの可愛いクッションカバー(GULÖRT)も買いました(↓)。まさかの$5。

groom4

だいーぶ前に作ったハートの小さな飾り棚(↓)。ここもぜ〜んぶ拭き掃除。

groom5

掃除中に気がついたのですが、IKEAのMALM(引き出し)の上段が壊れていました。

groom3

この引き出し、すっごく重たいわりには作りが貧弱です。
新しいのを買いたくないので、放ったらかしの造り付けクローゼットの下部に引き出しを付けて、洋服の収納を確保しようかと考え中。

マスターバスの続き

子供たちだけのバスルームだけでなく、私たち夫婦のマスターバスもゆーっくりですが進めています。最後にマスターバスのことをブログに書いたのは壁紙を貼った3月で、9ヶ月も過ぎていました。

MasterBath1

つい先日、トイレットペーパーホルダーを付けました!
って当たり前のものなのに、もうずーっとなかったので、この小さな存在がすごい進歩のように感じるんです。色はやっぱり黒。

MasterBath2

私たちのバスルームはバニティ(洗面)とトイレ&バスが分かれていて、上の写真はバニティー側からトイレ&バスを見た様子。

そして下の写真がバニティ。

MasterBath3

バニティのドアは作って付けましたが、シンク下部のFake Drawer Face (偽引き出しの前板)が未完成。このバスルームには十分な収納スペースがあるので、子供たちのバニティに作ったシンク下の引き出しは作らないと思います。
バニティの色は壁紙のカラースキームを使って、淡い水色か緑に塗ろうかな。

カスタムサイズでカットしてもらったオーバルの鏡2枚には木のフレームを作ったのですが、何だか納得いかず・・・。作り直そうと思っていたら、シンプルだけど丸くてかわいいミラークリップをアマゾンで見つけました。
作った木のフレームは無駄になってしまったけど、フレームなしのスッキリした様子が気に入っているので結果オーライ。

アートミラーフレーム

糸鋸でミラーフレームをカットしました。

mirror1

サボテンとトカゲ。

普段は正確に測り、切り、合わせる努力をしている木工ですが、これは直接板にフリーハンドで絵を描き、消し、また描き、納得したところでエイヤッと糸鋸でカット。こういう気ままなのもたまにはいいですね。トカゲの指を切る部分が大変でしたが、それ以外は悠々気分な作業で楽しかったです。

mirror2

下部には旋盤で作ったノブを2つ付けたので、何かぶら下げたりもできますよ。

サボテン絡みで余談。

hingehead1

我が家の玄関のドアヒンジに乗っかっているサボテン君です。磁石でドアヒンジの上に固定されるようにできていて、ヒンジヘッドといいます。
本当はHall Bath の三面鏡のヒンジに乗せたくて買ったのですが、大きすぎたので玄関に付けました。

hingehead2

玄関の外側(↑)からも、ドアを開けた時にチラッと覗けます。

購入先はHingeHeads.com。これを初めて見つけた時に欲しいと思ったデザインはもう作られていなくて悲しかったですが、新しいデザインが続々出てきているようです。でもサボテンがまだあって良かった〜。
個人が手作りしているものなのに、安いんですよ。
バスルームの3面鏡に合わなかったのは悲しいですが、小さくてカワイイ存在に満足です。

Hall Bath のバニティのつづき

Hall Bath(子供達用のバスルーム)のバニティの引き出しに前板をつけ、ペンキを塗り、ハードウェア(取っ手)を付けました。

HallBath1

バニティの色は、シャワーカーテンのブルーとマッチさせたいと言う私に、息子がこんなに濃い青(紺かな?)を選びました。お店ではいい色に見えたので買ったのですが、いざ塗り出したら黒板のように見えてきて少々焦りました。でもハードウェアを付けたら色のコントラストのせいか、なかなかいい感じにできた気がします。

HallBath2

バニティの右側には引き出しを3つ。
上段は息子用。中段は娘2人用(と言っても今は長女が好きなように使っていますが)。そして下段の深い引き出しは、背の高い物を入れる用にしました。娘2人はヘアアクセサリーなどの小物用に、先日作ったシンク下の引き出しもあります。

そのシンク下の引き出しですが、ちょっとだけ曲がっていることに気がつきました。下の写真を見ると、右側の引き出しの上部と線が合ってないのが分かるでしょうか。直さないと。

HallBath3

それとペンキ塗り。引き出し4つのペンキ塗りは上手くいったのですが、ドア2枚はローラーの跡が付いてしまいました。おそらく最後にほんのちょっとだけペンキが足りなくなり、また注ぎに行くのが面倒になり辞めてしまったせい。濃い色はミスが目立ちますね。気が向いたら塗り直します。

VanityDrawer2

バニティのハードウェアですが、買ってあったのは引き出しのプルだけで、ドアのノブはまだありません。プルの商品名と購入先はこちら→ PullsDirect.com Emtek 86129 French Antique。なんとプルを買ったのは去年の5月。まさか1年半も放ったらかしになるとは。しかも今見てみたら、安くなっていて悲しかった・・・。

ちょっと前に気が付いたのですが、かれこれ3年前に雇ってもめたコントラクターが置いていったこのバスルームへのドアノブは、アンティークブラスのフィニッシュ。Ballard Design で買った3面鏡のフレーム部分も同じ(この3面鏡、本当に気に入ってます)。1年半前に買ったキャビネットのプルも同じでした。そんなわけで、トイレットペーパーホルダーもアンティークブラスに合わせようと思っています。

あとToe Kick (トーキック=バニティの下に入るパネル)の取り付けなど、もう少し手を加えなければいけない部分がありますが、このバスルームで残っている作業は買い物がメインです。

ショッピングリスト:

  • トイレットペーパーホルダー
  • バニティのドアのノブ
  • 3面鏡の上につけるライト
  • バスタブから手が届く範囲内に設置したいバスタオル用のタオルハンガー

あとすこし。がんばろー。

姉のコーヒーテーブル 〜ビフォア&アフター〜

姉夫婦がラスベガスへ旅行中の3日間、姪2人と、足がグラグラするから直して欲しいというコーヒーテーブルを預かりました。

table_before

上がそのテーブルのビフォア写真。ボケててごめんなさい。
20年ぐらい前に買ったという、古くてとてもダサいテーブルです。
足が1本グラつくと言うことだったのですが、ひっくり返してみたらテーブルのエプロン部分をつなげるブレース(日本語名が分かりません)にも問題発見(↓)。

table_before_brace

ヒビが入っていました。
MDF材なので、応急処置をしてもすぐに壊れるのは目に見えています。しょうがないので、この部分はポプラ材で作り直し。そして問題の足はネジを受け取る穴が大きくなってしまっていたので、エポキシで埋めました。

天板に大きな傷があるのもできればどうにかして欲しいというリクエストがあったので、正味2日間というリミットがあるので迷ったのですが、頑張ってヤスリ開始。傷も深かったですが、オレンジ色の仕上げ材がすっきりなくなるまでヤスるのが本当に大変でした。

table_after

上がアフター。
天板の周りの丸みが気に入らなかったので切り落としました。なんだかIKEAの家具みたいになってしまいましたが、とりあえずスッキリして鈍臭さはなくなったかな。

table_finishings

今回は時間がなかったので、天板は乾燥が早い水性ウレタン塗装を使いました。上の写真の右側のHigh Performance というものです。3コート塗りましたが、いつもは4〜5コート重ね塗りするので満足のいく仕上がりからはかけ離れていますが、あまり本人たちは気にならないようです。
テーブルの足は上の写真左側の黒いスプレーペンキで塗りました。スプレーペンキはちょっぴり割高になりますが、足部分だけぐらいなら1缶で十分足りるし、比較的簡単なのでオススメです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...