2014年大晦日

大掃除というほどのお掃除はしないのですが、大晦日の今日はいつもよりちょっとだけはりきってクリーニングしました。

g

年越しそばはお昼に食べました。
姉に言われて思い出し、急いで羽子板を出しました。(写真はありませんが。)

NewPlants_2

2014年、裏庭から最後のサンセット。

2014LastSunset

アメリカ西海岸も、あと2時間弱で新年です。
2014年も私のマイペースなブログにお付合いいただき、ありがとうございました。
2015年が皆様にとって、健康で笑顔の絶えない1年になりますように。

手ぬぐいアート

クリスマスは姉ファミリーのところへ遊びに行ったのですが、その時に以前私が作ったフレームが飾られているのをやっと見ることができました。

sis_house1

フレームの中は以前私がプレゼントした関美穂子さんの手ぬぐい。手ぬぐいは飾り用にプレゼントしたわけではないのですが、姉が飾りたいというのでフレームを作ることになったというわけです。
マットはフレームと手ぬぐいをお店へ持って行き、ぴったりにカットしてもらったそうです。

余談。
今日は記事があまりに短いので、ブラックフライデーセールで工房に買った木工旋盤の延長ベッドを紹介します。これで長いもの(たとえばテーブルや椅子の足など)の製作も可能になりました。うれしい。

lathe

延長ベッドを付ける前の旋盤の画像はこちら
いつか延長ベッドを買うことを考えて旋盤の台を長く作ってあったのですが、横にあったグラインダーの置き場がなくなりました。今度はグラインダー用の台を作らないと。

芝生を種から挑戦中

11月にダーリンが仕事でキーウェストへ行っていたのですが、電話で「ビーチにココナッツがいっぱい落ちてるぞー。」と言うので「持って帰ってきて〜。」と軽く言ったら本当に持って帰ってきてくれました。

CoconutsFromKeyWest

が、正直言って持って帰ってきてもらってもどうしようもないですね。
でもお願いしたのは私なのでポイッと捨てるわけにもいかず、記念写真を撮りました。
乾燥と共に出てくる模様がビンテージマップのようで面白いので、フォトショップで強調してみました。よーく見ると手前のココナッツの模様は、どことなく今話題のキューバ!
キーウェストでは職場の人たちと魚釣りクルーズへ行ったというので「海からキューバ見えた?」と聞いてみましたが、見えなかったそうです。でも遠くから眺めなくても、アメリカ人がキューバに行ける日が突然近くなった様子ですね。

さて本題。
サンディエゴでは11月からたくさん雨が降りました。
だーいぶ前に買ってきてダメにしてしまったと思っていたブーゲンビリアが、今回の雨で生き返り(?)ピンクの葉をつけました。ブーゲンビリアは放っておいても育つと思ったのは間違いで、しっかり根付くまではある程度のお水が必要だそうです。

outsideInRain

カリフォルニアは干ばつ3年目なので恵の雨なのですが、土砂崩れなどで家を失ったり、交通事故が通常の3倍起きたりと被害も多かったようです。

我が家の裏のキャニオンの底には、小さな川ができました。
写真では分かりづらいですが、底の白い部分です(↓)。

rain1

上の写真を撮った翌日の朝は、この川が5倍ぐらいの幅になっていました。

そして我が家にも小さな被害がありました。

rain2

ゲートが壊れました。
もともと虫に食われて腐っているようだったのですが、この雨でついに軸がボロっと。
作り直す予定ではいたものの、「早く作れ。」と拍車をかけられているかのようで少々焦ります。

雨でイイこともありました。
今年の2月に芝刈り機が壊れてしまったのがきっかけで、家の前のメンテナンスを怠り、緑(といってもほぼ雑草でしたが)が全滅し、まっ茶っ茶の土だけになっていました。どうにかしなくてはと思い8月に水をあげだしたのですが11月の半ばになってもこんな様子(↓)。

lawn1
(右の方はお隣りさんのエリアになりますが、うちが草を刈るときに一緒に刈ってあげていたので、我が家と共に、お隣りさんの芝生エリアも全滅しました。)

そこで、「30%少ない水の量でメンテナンスが済む」といううたい文句のPennington のSmart Seedという芝生の種を買ってきました。おそらく他社の芝生と比べて30%少ない水で済むということでしょう。とりあえずお試しなので一番小さい袋のを買ってきて、土の見える部分に撒いてみました。私にとって、芝生を種から育てるというのは初挑戦。植物の管理が不得意なので、どーなるものかと心配しましたが、1週間後(↓)。

lawn2

お水は毎日あげましたが、たくさんの雨が手伝って、3週間後には雑草と共にワッサワサ(↓)。
すごい!

lawn3

説明に「3インチに達したら芝を刈りましょう」と書いてあり、3週間で平均3インチに達したので、新しい芝刈り機で息子に刈ってもらいました。

lawn4

本当はコードレスの芝刈り機が欲しかったのですが、思ったより高かったので、お手頃なお値段のコード付きで我慢することにしました。この芝刈り機、新しいのか古いのかはっきりしないデザインがビミョーに腹立たしいですが、とりあえず芝は刈ってくれます。

grass_after

刈ってスッキリしたものの、今度は雑草が目立ちます。
そこで先週は雑草を徹底的に引っこ抜き、芝生の種を買い足して蒔きました。本当だったら雑草を全部抜いてから芝生の種を蒔けばよかったのですが、芝生を種から育てるということが初挑戦だし、自分の腕が怪しいので、こんな面倒なことをすることになってしまいました。
明日でちょうど1週間ですが、まだ芽は出てきていません。今日の天気予報によると、火曜と水曜日はまた雨が降るそうです。なんてグッドタイミングなのでしょう。むふふ。乞うご期待。

マスターベッドルーム 〜IKEAの布でカーテンなど〜

マスターベッドルームにカーテンを付けました。

ikea_curtain_2

使った布はIKEAのStockholm。1ヤードの価格$8.99。

ikea_curtain_1

以前リビングルームのカーテンを作るのに使ったIKEAのギャザリングテープはもう扱っていないと言われたので、Home Sewing Depot という会社から買ったプリートテープを使いました。

ikeafabric_stockholm

こういうテープを使うと、カーテン作りがあっと言う間!

ikea_curtain_3

カーテンを閉めるとこんな感じ(↑)。
カーテンロッドは、ファミリールームに使ったのと同じものです。

リビングやダイニングの明るさとは打って変わり、我が家のベッドルーム側は太陽光が入りずらく、どの部屋も暗め。とは言え、写真にするとなぜか一段と暗く見えます。ちゃんと撮れるように、写真の勉強したいなぁ。

下のクッションもIKEAの。カーテンに使った布と同じStockholm という名です。

master_bed

壁のミラーはAnthropologie より。
ブラックフライデーに1日だけの全品25%オフセールがあり、たんまり服などと一緒にゲットしました。アクリルじゃなくて、ちゃんとしたガラスのミラーですよ♪ 気に入ってます。

ベッドルームには、早くナイトスタンド(ベッド横に置く家具)とその上に置くランプを作りたいです。ダーリンにも同じものを作るので、2セットづつ。いつになるかな。

2週間ちょっと前の中指の怪我、おかしいので病院へ行ったら骨折してました。どーりで痛いわけだ。ぷぷっ。・・・全治6週間だそうです。そんなにじっとしてたら、ベッドルームの家具どころか何も進まな〜い!涙

masterbedroom

6人の素敵な織り手さんと手作り織り機

だいぶ前の話しですが、マスターバスのバニティ(洗面台)前の床に敷くラグを探していました。ダブルシンクなので150センチぐらいの長めで、幅は50〜60センチぐらいがいい。細長いけど一般的なランナーだと長すぎるので、なかなか完璧なサイズのがなく、しょうがないから自分で作ろうかなーなんて思いながら織物のことを検索していました。
それで見つけたのが、Susan さんという方が書くAvalanche Looms というブログ。

Avelanchelooms1

上のようなクッションやスカーフを織り機で作り、売られているようです。すてきでしょ?

Avanchelooms2

上はラグ。

彼女のブログを見つけたことに満足し、自分でもラグを作りたいと思っていたことをすっかり忘れて1年以上の月日が経ってしまいましたが、それ以来個人の方が作っていそうな独特なタペストリーなどの織物にとっても目が行くようになりました。

そこで、私がインスタグラムでフォローしている織り手さんを数名紹介します。

まずはMaryanne Moodiesさん(↓)。

moodie1

作品作りの他、小型のWeaving Looms (織り機)の販売や、クラスなども教えているようです。

次はJanelle Pietrzakさん(↓)。
独特な色使いと、ルーズな感じ(?)にスタイルがあって素敵です。

janelle

こちらはRachel Duvallさん(↓)。
トラディショナルな作品なのではないかと勝手に思っているのですが、糸を染める作業も自分でされてるようで、この方は技術も知識もピカイチなのではないかと予想しています。

rachel

次は最近発見したお2人。
まずはお名前が分からないけど、インスタグラム名はjesussauvageさん(↓)。フランスの方だと思います。

jesus

タペストリーの他にも色々なクラフトをしています。可愛くスタイリングして撮影される方で、ポップな色使いに元気が出ます。たまに見せてくれるお家のインテリアも素敵!

最後はHeather Bowmanさん(↓)。
ご自分で本を見ながら織り出したそうで、シンプルなサウスウエスタンの雰囲気といった感じです。

heather

この人の作品もあの人の作品もぜーんぶステキなんだよな〜と長女に見せたら、「私も作ってみたい!」と言うので、「よし、Weaving Loom(織り機)作るぞ!」とその話しを姉にしたら、なんと姉もやってみたいと。
いろんな方たちの卓上織り機を参考にして、試作してみました(↓)。

looms1

ぜったいに落とし穴があって改良しなくちゃいけなくなると思うので、とりあえず合板スクラップで作ってみました。卓上でペタンと置いても使えるし、足を付けたので立てることもできます。

looms2

「できたよ〜。さっ、毛糸買いに行って早速試してみようね!」と娘に自慢気に見せたら、もう気分は冷めていたよう・・・。ティーンエイジャーにはついていけません。笑
とらあえず私が近々挑戦してみようと思います。
いつの日か、バスルームのラグを作れるようになりたいな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...