コンクリートで庭へのステップをDIY

追記あり

コンクリートで、玄関先から庭へのステップをDIY中です。
父がコンクリートのプロなので何度かやり方は聞いていたのですが、Quikrete のサイトのハウツービデオなども見て勉強しました。
下の写真は地面を掘り下げベニアで作った型枠を入れ、ネットで習った通り小石を並べて平らにしたところ。型枠の固定は面倒だったのでパス。位置を決めたら、蹴ったりして動かしてしまわないようにとにかく気をつけるという手抜きシステムです。
型枠を作るベニアが足りなくなったので、まずは庭のゲートまで半分の距離(7ステップ分)だけ挑戦しました。

stepstones2

ちなみにこの小石の必要性がいまいち理解できません。父にも小石を敷けと言われなかったので、この程度の小さなプロジェクトならいらなかったのかも。

コンクリートの下に敷く小石の件で、父からメールが届いたので追記します。

「コンクリートの下に砂利・砕石・石を敷くのは仮想岩盤を作るのが目的です。だけど、ただ敷くだけでは駄目で、よーく突き固める事が必要です。父より」

さてコンクリート打ち。
たった7枚のステップに5時間ちょっとかかり、腰がくだけるかと思うほど体力を消耗しました。しかもハウツービデオのように上手くいかない・・・。かろうじて1枚だけまともにできた気もしますが、乾いていくコンクリートを焦ってペタペタと平らにしている内に、日が暮れて諦めたという感じです。

stepstones1

上は翌日に型枠を外したあと。特にはじめの2枚はセメントが上手に上がってきてくれなくて、表面がボコボコ。残り7枚分をやるときは、もう少し上達してるといいのですが。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *