末っ子の部屋の壁デコレーション

末っ子の部屋の壁をちょっとだけデコレーションしました。

GRoom1

IKEAのRIBBA Picture Ledge(飾り棚) を購入。短いのを2個と長いのを1個。

GRoom2

短いPicture Ledge (飾り棚)2個は左右に並べるつもりだったのですが、まだ幼児だったころの末っ子が父の日プレゼント用に描いたアクリル画をここに飾りたくなったので、こういうレイアウトに変更しました。
絵の下にあるガーランドは、末っ子が生まれた時に知り合いにプレゼントしてもらった頭が木製の指人形家族。我が家と同じ家族構成なんですよ。指を入れる穴が幼児用で小さいので指人形としては使えなくなってしまいましたが、頭のてっぺんにScrew Eyes を付けてガーランドにして飾りました。Screw Eyes はガーランドやモービルを作るのに便利ですよ。

GRoom3

この壁はまだ飾りたいものや作りたいものがあるのだけど、それはまたの機会に。
ちなみにAudrey(オードリー)の左側にあるThe Day The Crayons Quitという本、末っ子が1年生のときに買ってあげた本なのですが、すっごく可愛いんです。英語圏で1年生ぐらいまでのお子さんがいる家庭におススメ!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

4 thoughts on “末っ子の部屋の壁デコレーション”

  1. こんにちは!
    とっても素敵♪
    既に使えなくなってしまったオモチャなどがあったとしても
    ディスプレイで大活躍って嬉しいですよね。
    家の娘は今は勝手に模様替えしたりして、ヘンテコなレイアウトだし
    お部屋も片付けたといってもサッパリ片付いた雰囲気がしません(笑)
    この9月からは中学生だから、もうそろそろオモチャともお別れかな。
    そうおもうと、ちょっと寂しい。

    1. ゆーさん、

      こんにちは。
      ゆーさんのお嬢さんのヘンテコなレイアウトが見てみたーい!笑
      でもレイアウトって難しいですよね。レイアウトのアイデアを絞ってるときに出てこなくて、全然考えていない時にいきなりアイデアが生まれて、もうその途端に家具を動かしたくなるんです。

      子供達の「掃除した。」はあてにならないですよねぇ。全然サッパリ片付いた感じがしないの、すっごい分かります。でも手を出しちゃうといつまでも自立して掃除ができない人間になっちゃうかなーとか思って、ぐっと我慢してます。1年に1〜2回だけは、大掃除感覚で手伝うようにしてます。

      ゆーさんのお嬢さんもいよいよ中学生なんですね。おもちゃとお別れって寂しいけど、スッキリするから楽しみでもあるかも〜。笑

  2. 可愛い~!
    IKEAのフクロウのピロー、私も欲しくって一瞬悩んだの。でもウチにはまったく似合わないと言い聞かせてあきらめたww
    末っ子ちゃんのお部屋に似合ってる。絵本も可愛いー。飾り付けながらどんな会話があったのかしらー。

  3. tomozo さん、

    ありがとう!
    このフクロウのピローかわいいよね。お値段も♪
    tomozo さんちには似合わないの?大人なインテリアなのかな。お邪魔したいよー。
    >飾り付けながらどんな会話があったのかしらー。
    ↑本人は39.5℃の熱を出して、カウチでぼーっとしてました。だから飾り付けを手伝ってくれたのは長女です〜。この人は、説明しても頭にそれを思い浮かべるのがあまり得意ではないらしく、完成近くになって「Oh now I know what we’re doing. That’s nice. Can we do that in my room too?」って。頭のてっぺんから足の爪の先まで父親にそっくりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *