アプリコットの器 〜 第1号〜

先日いただいたアプリコットの切り株から作った器、第1号です。
高さ8センチ弱 X 直径10センチ。一部ライブエッジ(ナチュラルエッジ)です。

ApricotBowl_1

木を切ってから3年の間裏庭に放置されていた様子なので、予想どおりヒビが多くて残念。でもこの木、もうそれはそれは綺麗なんです。取れる限りのものを取って、時間がかかるけどヒビをエポキシで埋めながら器などにしていこうと思っています。

ApricotBowl_OnLathe

ちなみに穴は虫に食われた部分で、ヒビとは違います。虫穴のある器や花瓶類はとっても人気があるんですよ。でも挽いてる最中にキャッチ(ツールが穴にぶつかったりすること)が起こるので、危険だったり、器が飛んで割れてしまったりする可能性が高くなります。

ApricotBowl_2

そして虫穴の住民さんたちですが、まだいらっしゃいました。涙
ちょうどお隣りのおじさんが作業を見に来ているときで、発狂する私をかわいそうに思ったのか(?)、おじさんは手でウジウジしてる虫を摘んでヒョイっとはらってましたけど、寒気しました。
ウッドターニングは大好きだけど、小さな生き物との対面がイヤです。

ApricotBowl_3

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...