ウォルナットの器/ぐにゃぐにゃ花瓶

ちょっと厚めに挽いたウォルナットの器です。小さな足が最近のお気に入りですが、今回は厚めにしたこともあり、足も太めでドンと!

WalnutBowl

器の向こうに見えるバラは、玄関先のブラックマジック。切花としてすごく長持ちすることを発見しました。花瓶は以前陶芸レッスンへ通っていた頃に作ったもの。

BlackMagic1

この花瓶はできあがったと思った瞬間に勢いよく触ってしまい、ぐにゃぐにゃになってしまった失敗作なのですが、形が面白かったので花瓶として使っています。ぐにゃぐにゃ部分に茎を寝かせてお花を飾ることが多いですが、今日は剣山を入れてバラをグサッとさしてみました。真横からみると直立がちょっとオカシイのですが、斜め上から見ると可愛いです。

BlackMagic2

アースデーにトレリス設置

ワイルドファイアのバラが、数個の蕾を残してほとんど開ききったので、花びらが落ちてしまう前にと思い半分ぐらい切りました。

Roses_Trellis

そしてワイルドファイア用にネット注文したトレリス(柵)が、昨日のアースデーに届きました。

Roses_Trellis2

シーズンが終わってから取り替えようと思ってたのですが、アースデーということで何かガーデニング系のことをしたくて、手作りの柵を外し、早速新しいトレリスを設置しました。

Roses_Trellis3

これの方がバラが映えてシックリくる〜。
木で作った手作りの柵は、デニスさんに「1年ぐらい経てばグレー色になるよ。」と言われていたのですが、半年経ってもグレー色に近づく気配なしでした。バラよりも木の柵の方が目立ってしまい、ごちゃごちゃして見えるのが嫌だったんです。

ちなみに木の柵を外してバラがダラーんとなったところで、葉っぱの裏から虫退治スプレーをかけまくりました。効果ありますように。

横のブラックマジックも柵がなくなりスッキリ(↓)。

BlackMagic

ワイルドファイアが終わったところで、ブラックマジックが満開かな。こちらも楽しみです。

余談。
先週末は今年初めての陸上大会でした。今年は末っ子も走りたいというので、2人で練習に通っています。が、末っ子は厳しい練習ですでに嫌気がさしてる様子。

所属する陸上クラブのカメラマン係の人が、息子の100メートル走を近くから撮ってくれてました。

MXMeet1

1番手前のレーン7が息子。
この1年は成長がスローダウンしたと思っていたのですが、こうして写真を見るとまた大きくなったなーと感じます。

MXMeet2

上の写真は10メートルの時点。
久しぶりでタイムが落ちてそうと思っていたのですが、グンと伸びてました。今年は11秒台前半のタイムを出せちゃったりするかもなんて、大きく期待してます。
200メートルも自己新。一番得意な400メートルは今週末走ります。

こぶりな器たち

追記あり。

作ってだいぶ経ってるのもありますが、こぶりな器たちをまとめてアップ。

LittleBowls

上の写真は洋梨の真横の器から時計周りにブラックウォルナット、アプリコット、レースウッド。
普段、失敗作が出てしまうと捨てられずに自宅用になりますが、このどーってことのない形のアプリコットの器は妙に気に入り、失敗作じゃないのに自宅用にしました。ちょうどいい使い方でも発見したら、またブログに書きます。

OliveBowl1

こちらは以前作った足つきオリーブの器の一回り小さいバージョン。このお花みたいに現れる模様が可愛くて好き。

OliveBowl4

器の中を見るとお花木目はこんな風になります(↑)。

下はブラックウォルナット。こちらも足つき。

WalnutBowl

足があるないで雰囲気がコロッと変わるのはもちろんですが、足の大きさの違いでも全く違うものに見えます。今私の中では、小さめの足が粋。
下の写真も同じ器でオイルを塗ったあとです。

WalnutBowlwithFoot3

表面の小さなヒビは、あえて完璧に埋めないでテキスチャーを残しました。すっきりラインの器が、テキスチャーがあることでちょっとラスティックに見えたりするかなーとか。色々試してみてます。
*実際使える器にしたかったので、貫通している穴は漏れが起きないよう埋めてます。

追記:
こぶりな器、もう一つありました。アプリコットです。

ApricotBowl1

だいぶ前に他のアプリコットの器と一緒の写真はアップしたのだけど、この器はオイル塗りに手こずり、ヤスって塗り直しを数回繰り返し。やっとなんとか納得のいく感じになりました。

一部ですが、etsy ショップへ出しています。

ワイルドファイア

玄関先で元気に咲いたバラ名が「ワイルドファイア」だと分かりました。山火事バラ?

WildFire

根っこに付いていた小さなタグをひっくり返してみたら、品種が書いてありました。ちっこい文字で。
うちのは山火事というほど赤くなくて、オレンジと言った方が近いと思うのですが、土や気候でも色の出方が変わってくるのかな。画像検索すると、やはり赤いのが多いです。
このバラは咲いた途端に花びらの先っちょが枯れ出すんです。なんでだろ?栄養が足りてないってことかな。

BlackMagic1

上はワイルドファイアの横のブラックマジックです。
蕾がどんどん増えてきています。

BlackMagic2

赤いバラに滲む黒が、水彩画を思わせます。

BlackMagic3

ちゃんと虫退治ができていなかったようで、また葉っぱに穴が目立ち始めました。葉をくるんと返すと、小さい虫が見えます。スプレーして退治を試みようと思ってるのですが、花が開く時期にこんなスプレーをするのは良くなさそうな気もします。でもとりあえずやってみよ。

アートフレーム/今日のバラ

先日ゴッホのアイリス用にフレームを作った際、小さめのフレームもまとめていくつか作りました。

ArtFrame1_G

そのうちの一つには、だいぶ前に買ったエミリー・マクダウェルさんのアートプリント「Everything you can imagine is real by Picasso」を入れました。どこにかけようかと考えていたら、末っ子が自分の部屋に欲しいと言うのでここに。絵のイメージが末っ子の部屋に一番合ってるなーと思うので、落ち着くべきところに落ち着いた感じでしょうか。
ちなみに、飾る壁や位置、高さをガッツリ指定されました。

ArtFrame2

今回使った木はホワイトオークにSpline はウォルナットです。

そして今日のバラ。

roses417

まだつぼみがいくつもあるのですが、すでに咲き疲れた様子なのが数個あるので、全盛期はここ1週間ぐらいで終わりそうな予感。

10月に作った格子フェンスはやっぱり気に入らないので既製品を注文しました。咲き終わったら設置しようと思います。

BlackMagic

虫に食われてしまい大幅に切って短くなったブラックマジックも、追いかけるようにつぼみを増してきてますよ。

groundcovers

そしてステップストーンの周りに植えたグラウンドカバーのアリッサムとクリーピングタイム(↑)。
アリッサムは上のようにドンと大きくなったのと、スプリンクラーのお水が届いてないらしく、枯れかけているのと両方。クリーピングタイムは、予想以上のスピードで地を覆ってきています。

そろそろバラの横に植える何かを決めたいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...