サム・マルーフ邸

サンディエゴから北へ2時間ほどのところに、サム・マルーフの家があります。今はツアーで家の中が見れるようになっていて、何年も行きたいと思っていながらなかなか機会が見つけれないので、主に自分の記録用にですがアップしておきます。ツアー情報はこちら

sammaloofhouse1

sammaloofhouse2

木工家だったサム・マルーフは、ロッキングチェアや私も真似して作ったローバックチェアなど特に椅子で有名ですが、生前手をかけた住まいも知る人ぞ知る彼の「作品」です。

sammaloofhouse3

上の螺旋階段ももちろんサム・マルーフ作。

sammaloofhouse5

sammaloofhouse4

サウスウェスタンの中になんとなく和も見える気がする雰囲気です。ゴージャスなのに素朴で独特な内装。サム・マルーフはインテリアのセンスも良かったんですね。

sammaloofhouse7

sammaloofhouse6

画像に写っている彼の豊富なコレクションが楽しくて、私も何か面白いものを集めたくなってしまいます。

sammaloofhouse8

ここまでの写真はすべてmetropolismag.com より。

sammaloof11

上は私がだいぶ前にピンテレストにアップしたサム・マルーフ邸の写真ですが、どこからの写真かを記録に残してなかったようです。

sammaloofhouse10

上の写真はピンテレストで見つけたのですが、サイトへのリンクなし。ピンテレストへのリンクはこちら。ドアがユニーク!

sammaloofhouse9

木のゲートも手作りだそうです。
The Art of Woodshop Design より。

私にサムマルーフのローバックチェアの作り方を教えてくれたエルトンさんは、サム・マルーフから直接見て習ったそうです。今ではサム・マルーフの弟子が椅子を作る様子を丸1日かけて見れるThe Woodworker’s Dream というツアーもあります。

そして私の通っているパロマーカレッジの木工学部では、毎年5月に生徒同士が1年間の作品を見せ合い交流を深めるバンケットが開かれるのですが、サム・マルーフも毎年この日には足を運んできてくれていたようです。毎年椅子の作品の中からサム・マルーフがお気に入りを1点選び奨学金を与えるというサム・マルーフ賞というのがあったそうですよ。
生前サム・マルーフ本人に家をツアーしてもらった先生も多く、本当に羨ましいったら。どの先生も声を揃えて言うのは、down to earth(地に足のついた)、 kind(優しい)、 regular guy(普通な人、いいやつ)。

追記:サム・マルーフ邸のギフトショップとガーデンには、毎週木曜日と土曜日の午後12時〜4時の間は無料で入れます。ガーデニングのレッスンなどは別に料金が取られるようです。前もって予約をいれなくてはいけないランチもある様子。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...