サム・マルーフ邸

サンディエゴから北へ2時間ほどのところに、サム・マルーフの家があります。今はツアーで家の中が見れるようになっていて、何年も行きたいと思っていながらなかなか機会が見つけれないので、主に自分の記録用にですがアップしておきます。ツアー情報はこちら

sammaloofhouse1

sammaloofhouse2

木工家だったサム・マルーフは、ロッキングチェアや私も真似して作ったローバックチェアなど特に椅子で有名ですが、生前手をかけた住まいも知る人ぞ知る彼の「作品」です。

sammaloofhouse3

上の螺旋階段ももちろんサム・マルーフ作。

sammaloofhouse5

sammaloofhouse4

サウスウェスタンの中になんとなく和も見える気がする雰囲気です。ゴージャスなのに素朴で独特な内装。サム・マルーフはインテリアのセンスも良かったんですね。

sammaloofhouse7

sammaloofhouse6

画像に写っている彼の豊富なコレクションが楽しくて、私も何か面白いものを集めたくなってしまいます。

sammaloofhouse8

ここまでの写真はすべてmetropolismag.com より。

sammaloof11

上は私がだいぶ前にピンテレストにアップしたサム・マルーフ邸の写真ですが、どこからの写真かを記録に残してなかったようです。

sammaloofhouse10

上の写真はピンテレストで見つけたのですが、サイトへのリンクなし。ピンテレストへのリンクはこちら。ドアがユニーク!

sammaloofhouse9

木のゲートも手作りだそうです。
The Art of Woodshop Design より。

私にサムマルーフのローバックチェアの作り方を教えてくれたエルトンさんは、サム・マルーフから直接見て習ったそうです。今ではサム・マルーフの弟子が椅子を作る様子を丸1日かけて見れるThe Woodworker’s Dream というツアーもあります。

そして私の通っているパロマーカレッジの木工学部では、毎年5月に生徒同士が1年間の作品を見せ合い交流を深めるバンケットが開かれるのですが、サム・マルーフも毎年この日には足を運んできてくれていたようです。毎年椅子の作品の中からサム・マルーフがお気に入りを1点選び奨学金を与えるというサム・マルーフ賞というのがあったそうですよ。
生前サム・マルーフ本人に家をツアーしてもらった先生も多く、本当に羨ましいったら。どの先生も声を揃えて言うのは、down to earth(地に足のついた)、 kind(優しい)、 regular guy(普通な人、いいやつ)。

追記:サム・マルーフ邸のギフトショップとガーデンには、毎週木曜日と土曜日の午後12時〜4時の間は無料で入れます。ガーデニングのレッスンなどは別に料金が取られるようです。前もって予約をいれなくてはいけないランチもある様子。

ひさしぶりにスプーンカービング

チェリー(さくら)のスプーンです。

spooncarving2

ひさしぶりに味わうスプーンカービング作業に伴う手の痛み。でも楽しい。水ぶくれができても、まめができても、次から次へとスプーンを削ってしまう人の気持ちが分かります。

spooncarving1

先週末は勝ち進んでいるサッカーシーズン最後のトーナメントで、Lancaster というドライブで3時間ちょっと北の町へ。

Lancaster

去年のApple Valley もそうでしたが、どどっぴろいだけで特に何もない場所です。

StateGovernerCup

ラウンド16で負けました。

毎年12月にあるサッカークラブのバンケットで、今シーズンはCoach’s Award というMVPのような賞をもらいました。嬉しくて笑顔が止まらない息子を見ながら、誇らしい日でした。

IZ_MVP

去年は陸上でも年齢別MVPをもらい、スポーツ大好き少年にとって思い出に残る年になった気がします。

これで1月からまた始まっている陸上の練習にやっとどっぷり浸かれるのですが、サッカーは今週休みなだけで、来週には次シーズンのトライアウト。U9で始めたサッカーですが、今年はU15!時が経つのは早い!
MLS(アメリカのプロのサッカー)シーズンも始まっているので、観戦にも忙しくなる時期です。

アプリコットの根の器/お礼に送った器

1月にもらってきたアプリコットの木、やっと根っこ部分に突入です。
根っこ部分は複雑で、どこをどの向きでどのように切ればいいのか、出来上がりを想像するのが難しく、頭がこんがらがって時間がかかります。・・・って、そんなの私だけかな。

ApricotRootBowl1

上部の直径18センチ。
同じアプリコットの木なのに、木の上部で器を作ったときよりもとても硬く、そしてずっしり重いです。

ApricotRootBowl2

どこから見ても木目が豪快!バール杢がところ狭しと広がっています。虫に食われた穴も多くて面白いのですが、一瞬の誤った動きで台無しにしてしまうのではとビクビクでした。

ApricotRootBowl3

ApricotRootBowl4

もう1ヶ月も前ですが、この木をくれたおじさんには、木の上部から作った器の一つを送りました。こちら↓。

ApricotBowl2_1

ApricotBowl2_2

ナチュラルエッジの器は、丸いのに丸く見えないのが不思議(↓)。

ApricotBowl2_3

おじさんからの「届いたよ」の連絡メールで、とても喜んでくれている様子が伺えて、送った甲斐がありました。その後お呼ばれしてまたダーリンとお邪魔したのですが、アプリコットの木の思い出を話してくださいました。生活の様々な場面でいろいろな事を深く繋げて考える方で(そしてそれを上手に分かり易く話す方で)、本を読んでもらっているような気分でした。奥様はその横でそっとうなずく人。
木がいろんな人との出会いを運んできてくれて、本当にありがたいです。

バラ

バラのつぼみが花開く毎日です。

roses2

今つぼみがトータル25コぐらい。去年は数個しか咲かなかったので、ガーデニング音痴な私も、今年は何かまともなことをやっている様子。笑
毎朝「今日はどの子が開いてるかなー。」って玄関の外へ見に行くのが楽しみで、「秋のバラシーズンにはもっと咲かせるぞ!」なんて意気込んでます。

roses1

ブラックマジックの方は虫の被害にあい、いっぱい切らなくてはいけない羽目になりました。

rose

その切ったものにつぼみが付いていたので、家の中で楽しんでいます。

木製たまごでハッピーイースター

スクラップ木材で作っている卵コレクションがゆっくりですが増えてきています。イースターの週末でタイミングがいいので写真をアップ。

EggCollection

卵作りは単純にウッドターニングの練習やウォームアップとしてだったり、時間はあまりないけど旋盤に触れておきたい気分のときに。同じ理由で卵じゃなく洋梨にすることもあり、茎を付けなくちゃいけない梨が溜まる一方です。
卵や洋梨のような単純な形は意外に難しく、微妙なラインで満足のいかない結果になることもあるんですよ。

eggs

以前取った大学のウッドターニングの先生は、卵は「寝ながらでも作れる。」と言ってました。笑
私は一生かけてもそこまで言えるレベルに到達しなさそうですが、スクラップが山ほどあるので、時間のあるときに卵コレクションを増やそうと思っています。卵は縁起物でもあるので、いくらあっても悪くなさそうですしね。

ハッピーイースターウィークエンド!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...