ケーニングレッスン

先日作ったスツールの座面を編んでいる真っ最中にエルトンさんから連絡があり、「今、座面がダニッシュコードのスツールを作ってるよ!」と言ったことがきっかけで、座編みは座編みでもテクニックも材料も違う「ケーニング」を教えてもらうことになりました。
エルトンさんはサムマルーフの椅子が好きで、私も彼からサムマルーフがデザインしたローバックチェアの作り方を習っていますが、木工だけでなく様々な座編みをしていることが分かりました。月に10〜20脚もの椅子の座面の修復作業をこなしているそうです。

Caning

撮ってきた写真があまりにもボケていて見苦しいのでまとめてしまいましたが、大きく見たい方はクリックしてください。

上の写真の1と2がプレスイン・ケーニング。すでに編まれているものを埋め込むタイプで、今回はこの方法を教わってきました。
そして写真の3と4がひとつひとつ編むタイプ。4のアンティーク・ケーニングチェアは昔のお姫様のお昼寝用みたいな長い椅子で、もう何ヶ月もかかっているそうですよ。時間はかかるけど、編むタイプの方が断然キレイです。

さ、そろそろ帰ろ!と思ったら、「次はひとつひとつ編むケーニング方法を教えるよ!」と言って、エルトンさんのクライアントであるアンティークショップへ連れて行かれました。もうこの時点で脳みそくたくた。
アンティークショップでケーニング練習用の椅子を渡され、「古い座面を外して掃除し、来週また来なさい!」と。大変なことになってしまいました。笑 がんばらないとー。

BlackMagicRoses

昨日のブラックマジック。満開です!欲張って全ての花をワンショットに収めようと試みましたが無理でした。今朝は結構な量の雨が降ったので、昨日写真を撮っておいて良かった。これで今年のバラもお終いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *