ケーニングレッスン2/新しいバラ

エルトンさんからケーニングの編み方を伝授してもらっています。初回レッスンはすでに編まれているケーニングをはめ込む方法でしたが、今回は1本1本手編みする方法。エルトンさんのクライアントであるアンティークショップから、練習用に古い椅子を借りてきました。

caningchair

ダニッシュコード編みに比べると、手への負担が軽くてラクチン・・・でも網目にとっても混乱します。気をつけていたのに、早速間違えて何列も解く羽目になりました。ケーニングは把握できるまで、ちょっと時間がかかりそうな予感です。

caningchair2

上は古いケーニング。中央に穴がボッコリでした。

先日届いたバラの根っこを埋めました。裏庭です。

NewRoses

長女と2人で穴を掘り出したのですが、土はかたいし、大きな石ころだらけだしで、6インチぐらい掘ってギブアップ。説明書に書いてある12インチまで、結局息子に掘ってもらいました。こんな質の悪い土でバラが育つか疑問ですが、もう埋めちゃったから手遅れ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...