末っ子の部屋 〜お古の日本製チェストが仲間入り〜

息子が約13年も使った日本製のチェストを、末っ子の部屋へ移動しました。

PinkRoom

いままで末っ子の洋服は、イケアのマルムシリーズのチェストに収納していたのですが、イラッとするほど重いし、左上の引き出しがなぜか斜めに傾いていて、とても気に入らなかったのです(↓)。

groom3

しかもこの斜め問題は末っ子のに限らず、世界中のインテリアブログで見かけるマルムのチェストにも同じことが起きているんです。究極は、イケアのサンディエゴ店内に置いてあるフロアモデル用のまで、左上の引き出しが斜めになっている始末。
これはどうしてかと言うと、左上の引き出しのランナー(ガイド)の高さが両サイド均等でないという単純な問題なのですが、なぜイケアは直してくれないのか、フシギ。

それに比べ、息子が使った日本製の引き出しは100%本物の木でできているのでお値段も2.5倍ぐらいしましたが、本当に頑丈だし、経年変化で深みのある色になっていくのも楽しめます。ただ問題はそれぞれの引き出しが浅いので、180センチの息子の服は半分以上が収まらなくなってしまい、床に洋服を山積みする癖がついてしまったのです。そこで末っ子の部屋へ移動し、イケアのマルムチェストはサヨナラ。息子には造り付けのキャビネットを作ることになりました。

artmirror_mushrooms

チェストの背が極端に低くなり壁が空っぽに見えたので、私が作ったキノコのアートミラーをかけてあげました。本人が使えるように低くかけたので、自分の顔を見て喜んでます。

toy_cakes

上の写真はずーっと前に姉が末っ子に作ってくれたフェルトケーキ。もらった時は「すぐ壊しちゃうだろうな。」と密かに心配していましたが、なんといまだに健在です。今日はお友達とこのケーキも使って遊んでましたよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...