スポルテッド・リキッドアンバーの器

もうだいーぶ前に買ったリキッドアンバーの木のあまりを切ってみたら、スポルテッドになっていました。むふふ、うれしい〜。

spaltedliquidamberbowl1

しかも黒いインクのようなスポルテッドの線が、メラメラとまるで炎のようにドラマチック。

spaltedliquidamberbowl4

6 3/4インチ x 3 1/4インチ(17センチx8センチ強ぐらい)です。

増築工事スタート

増築の設計をお願いした会社のせいで、工事の開始予定日が遅れに遅れました。その会社とは工事の契約は結んでいなかったのが不幸中の幸い。
そして新しく見つけたビルダーさんで、今週から工事が始まりました。コミュニケーション能力抜群の社長さんな上、働き者のチームなので、今の所とってもいい感じ。

addition_endof2ndday1

写真は2日目の終わり。裏庭のパティオは増築部分にもかかっていたので壊さなくてはいけなくなったのですが、パティオをこれからどうするか決めていないので残せるところは残してくださいとお願いしたら、パティオの屋根部分は綺麗に切って残してくれたし、地面のコンクリート部分もつじつまの合う部分でカットしてくれました。そしてあっと言う間に基礎になる木枠が打たれました。

addition_endof2ndday2

下水管が入る穴も通りに向けて掘り終わり、明日には管が入るそうです。早い!

addition_endof2ndday3

写真で見える部分の穴は浅いですが、通りに向かうほどものすごーく深く掘られています。ちなみにDIYした庭へのコンクリートステップ、それにブラックマジック(バラ)も抜かれる羽目に、、、。涙 
ワイルドファイアのバラは邪魔にならなかったので、生き残っています。

数日前のちょっと肌寒かった夜に、薪ストーブを設置してくれたおじさんに言われていた、新品ストーブを使い出す前にしなくてはいけないという15分焚きと45分焚きをしました。これで塗料がストーブに落ち着くのだそうです。

woodstove1

焚き始めは、木工旋盤で大量に出る木屑が役に立ちます。これから寒い時期は木屑を捨てずに再利用できるのが嬉しい♪

woodstove2

ほんの1時間ちょっと焚いただけなのですが、ダーリンも子供達も薪ストーブを囲んで嬉しそうで、ハッピーなひと時でした。

増築のタイル選び

増築と既存のキッチンの床に必要なタイルと、キッチンのバックスプラッシュに使うタイルを選び中です。
床は天然のスレートと呼ばれる石(粘板岩?)のタイルにする予定。黒に近いダークな物を希望。
ピンタレストで見つけたインスピレーション画像をいくつかアップします(↓)。

slatetilefloor3

slatetilefloor4

トラディショナルだったりモダンだったり。スレートタイルは表面のテキスチャーで、それぞれのスペースが醸し出す雰囲気がコロッと変わるように思えます。

slatetilefloor

01a0215f7ea6873400da932f7d39e997

上の2枚の画像は(↑)ぽってりとしたカントリー調。

slatetilefloor2

素足じゃ痛いかも?と思うようなラフなテキスチャーも(↑)。

slatetilefloor5

四角や長方形だけじゃなく、ランダムな形がまざったのもありますよ。

slatetilefloor6

スレートタイルは、木の色とのコントラストがとにかく素晴らしくいい!と思うんです。

slatetilefloor8

タイルは目地の色や幅をちょっと変えるだけでもコロッとイメージが変わるので、そんなことも考えないと。

天然の石はメンテナンスに覚悟が必要ですが、メンテナンス不要の「スレートっぽい」タイルもあります。ヨーロピアン・タイル・アートというタイル屋さんから、スレートっぽいタイルのサンプルを数枚借りてきました。

europeanarttile8

写真上左下のタイルのテキスチャーが一番気に入ったのですが、色が明るすぎる気が。真ん中の小さなサンプル(実物は他のと同じく大きいです)はボコボコ感も色も黒くていいのですが、光沢が偽っぽい、、、。
悩んだ末、ホームデポのサイトで見つけた天然のスレートタイルを1箱注文してみました。これが到着したら見比べて決める予定です。

さて、ヨーロピアン・タイル・アートへ行った本当のお目当ては、ネットで見つけて一目惚れした、キッチンのバックスプラッシュ用のタイルを見ること。下がその画像。

cafe_water623_square_01

Walker Zanger という会社ので、タイル名は「Cafe」。上のブルーがWater Gloss で下の白がMilk Gloss。

cafe_milk4610_square_01

両色ステキだけど、私の気持ちはWater Gloss より。この手作り感た〜っぷりのテキスチャーと、色のまだら具合が好き。

europeanarttile9

写真上の右側のがその実物。目地の色が違うせいか、ちょっと違く見えます。店内の照明で色がずれて見えるというのもあるかもしれません。
写真上の左側のタイルは、似たようなタイルで他会社のもの。どちらかというとこっちのタイルの方がボッテリした手作り感が全面に出ていて気に入りました。

バックスプラッシュのタイルはキャビネットの設置後になるので、もう少しリサーチすることにします。

今回初めて行ったヨーロピアン・タイル・アートですが、店内の隅から隅までタイルで埋め尽くされるサンプルの量で、ここに行けば必ず何か見つかるだろうと思う充実感でした。

europeanarttile1

europeanarttile2

europeanarttile3

europeanarttile4

店名はヨーロピアンですが、扱っているタイルは世界中から。

europeanarttile5

サンプルのお持ち帰りは、1週間ぐらいで返却するなら無料だそうです。
接客も良くて、おすすめのタイル屋さんです!

鳩のハンギングプランター

薪ストーブ上の飾り棚に、ビンテージのDove Hanging Planter (ハトの吊り鉢)を買いました。

doveplanter1

陶器製です。
どんな植物を入れようかな〜と迷っているのですが、まだ居場所が決まっていないエアプランツをとりあえずチョンと乗せて。

doveplanter2

薪ストーブ周りの飾り付けにあれこれ悩んだわりには、買い足したのはこの鳩のプランターだけ。あまりごちゃごちゃしてもね。

doveplanter3

まだまだ日中はポカポカな陽気のサンディエゴですが、朝晩の最低気温が15なんて日があるので、床からキーンと冷える我が家の最低気温はもっと低いんだろうなぁ。
そろそろストーブの薪を買いにいこう。

ボウタイ付きオレンジの木の器

以前ラフターンしておいたオレンジの木を、少しずつ仕上げています。

orangetreebowl_bowtie1

これには小さなヒビにボウタイ(バタフライ)を入れました。全てのヒビにボウタイを入れるわけではないのですが、これは入れた方がいい雰囲気でした。

orangetreebowl_bowtie

天板などの平らな部分に入れるボウタイとは違い、器に入れるボウタイは毎回緊張します。これはきっと何百回やっても緊張するんだろうな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...