キッチンに憧れのファームハウスシンク

キッチン用のシンクを買いました。
永遠の憧れで終わるんじゃないかと思っていたほど、ながーいこと夢見たファームハウスシンクです。

Blancoというドイツの会社のシンクで、購入先はBuild.com 。商品へのリンクはこちら→
White Cerana 33″ Single Basin Farmhouse Style Fireclay Kitchen Sink

幅33インチ(84センチ)。大きくて深いんですよ〜!

ルクルーゼとマグカップを入れてみました。大きさが把握できるかな?

シンクが届いてから分かったのですが、手前のコーナーRと奥のコーナーRの大きさが違います。キッチンのスタイルに合わせて、好きな方の丸みを手前に持ってくるようにできているのだそうです。なるほど〜。我が家は奥の大きいコーナーRでいく予定。

このシンクは増築工事が始まって間もなくの11月頭にオーダーしたのですが、4週間後にやっと届いたと思ったらガシャンガシャンと音がするんです。箱を開けなくても粉々になっているのは明らかだったので、配達のお兄さんにそのまま持って帰ってもらいました。さらに待つこと4週間近く。今回は他の運送会社で無事に届けてくれました。重さ約400lbs(181キロ)。このシンクを乗せるキャビネットの設計に時間かかった〜。

キャビネットのスタイルですが、上の写真のように、シンク下にカーテンを付けるというのもファームハウスシンクらしくてカワイイのですが、やっぱり下の写真のようにドアを付けてすっきりしたのを目指すつもりです。

そして水栓はMoen製

家を買った頃、どのプラマー(水道屋さん)に聞いてもみんな「Moen!」というので、水道関係はできるだけMoenを選ぶようにしています。
普通のレバーも付いてますが、モーションセンサーも付いているのでACアダプター(右のオレンジの封筒)も買わなくてはいけませんでした。電池というオプションもあるのですが、いちいち電池を取り替えるなんてイヤですよねぇ。
左の小さな箱はエアギャップ。カリフォルニア州ではこれが義務付けられているらしく、エアギャップがないと最後のインスペクションにパスできないと。でもこれいらないし、格好悪いし、水栓の蛇口と同じフィニッシュのがなくてガッカリだし、、、。ネットを調べてみたら、インスペクションをパスしたあと取り外して、カウンターの穴をソープディスペンサーに利用するというアイデアを見つけました。よっぽど気に入らなかったらそうします。

さらにはGarbage Disposal(生ゴミ処理機)。

これってゴーゴーうるさい上に詰まったり壊れたりが多いし、回ってるときに誰かが手を入れて指がもげちゃったらなんていう考えがいつも頭にあるから付けないでも良かったのだけど、絶賛されている商品を見つけたので、それならばと買いました。
InSinkEratorです。とっても静かで壊れないそうですよ。

2〜3日前に何日も降り続いた雨が止み、やっと昨日材木屋さんへ行ってキッチンキャビネットの材料を買ってくることができました。月曜日から製作開始!

ビンテージミラー

etsy で買った小さなビンテージミラー。

前に自分で作ったパントリー件食器棚にしているキャビネットの横にかけました。
この壁には以前ハンドメイドした鏡をかけていたのですが、増築工事のために外し、他の物と山積みにしていたせいかヒビが。

私は賃貸に住んでいた頃からの習慣で、キッチン周辺の壁に必ず鏡を確保します。
と言うのはいきなりピンポーンと誰かが来た時に、ドアに出る前に顔をチェックしたいから。とてもじゃないけど人に見せられる姿じゃないときが多々あるので。笑

鏡の後ろにはフックも何も付いていなかったので、もしかしたらバニティとかお化粧台に置いておくトレーなのかも。壁にかけるのにどうしようかと解体しながら考えた末、ピクチャーフレーム用フックをエポキシ糊でくっつけることにしました。解体する必要がなかったことになります(笑)。せっかくなので解体しなければ拭けなかった部分とか綺麗に拭いてから戻しましたよ。

こういう小さなネイルを打つ時は、以前自分で作った小さなハンマーが役に立ちます。軽いし、小さな力が完璧なんです。

今年のサンディエゴの冬は寒くて雨が多く、ここ1週間なんて大雨、今日はひょうも降りました。
寒いの苦手だけど、初年度から薪ストーブが大活躍!今年は増築工事で出た材木や、私のガレージ工房の端材、そして近くのセブンイレブンで無料でもらえる大きな木のパレットで、薪は買わずに済みそうです。

中国「豊富の法則」小切手ガイド

今日は木工でも手作りでも家の話しでもなく、ちょっと怪しいと思われるかもしれない話しです。

数年前に、中国で数千年前から伝わるという習慣Law of Abundance check (豊富の法則小切手)の存在を知りました。大昔からやり方は変わり、今は中国の新年(その年最初の新月)に金銭的繁栄を祈って小切手を書くというものです。
オカシイ人だと思われたくなかったので(笑)誰にも言わなかったのですが、2年目に姉や友人数名にも紹介したら、みんな「なんとなく効果がある気がする。」と。
去年日本語で豊富の法則小切手をネット検索してみたところ、日本ではあまり知られていない様子だったので、皆さんの金銭的繁栄を祈って私がここで紹介します!

上の豊富の法則専用小切手の画像はこちらのサイトから拝借。

小切手を持っている方は自分の小切手を切ってください。小切手がない方は上の小切手画像をダウンロードしてプリントするか、小切手サイズに切った白い紙で代用してくださいね。お財布に入るサイズで。

Date(日付):その年の最初の新月の日にち
Pay to the Order Of(支払い先): 自分のフルネーム
For/Memo(メモ):”Paid in Full”
サイン欄:”The Law of Abundance”(豊富の法則)
*金額を入れる欄は空のままで。

小切手を書く時間は、新月になる時刻の24時間前から新月になる瞬間まで。私の住むアメリカ西海岸では今年(2017年)は1月27日午後4:07に新月になるので、1月26日の午後4:07から24時間以内に書きます。もし時間が過ぎてしまっていても諦めずにとりあえず書いてみてください。
小切手を書いたらお財布に入れ、目に止まったときに金銭的目標を思い起こし、実現するのを想像します(できれば想像ではなく信じ込みます。笑)
これだけです。

英語で小切手の書き方を調べると、書くことや書く欄が微妙に異なるのですが、おそらく書くこと、そして金銭的目標を思い出して信じることに意味があるのだと思います。
使い終わった小切手をどうすればいいのかはどこを探しても見つからないので、私はチェックブック(小切手帳)に挟んであります。

私はこの小切手のことを初めて知った時、英語の「Abundance」という単語を知りませんでした。すぐに調べて「豊富」だと分かったのですが、「豊富」って曖昧でよく分からないなーと思ったのです。そこで豊富の法則に関係する本を2冊読みました。ちょっとトピックが逸れた関連本も含むと5〜6冊。
それらの本によると、豊富の法則で指す「豊富」とは無限なのだそうです。だからお金や物をめがけて他人と争う必要はまったくないのだと。だって宇宙にはみんなの為に全てがた〜んまり用意されてるから。笑
これで我が家は金銭的危機を逃れ、毎年少しずつですが目標へ向かっています。
ということで、あと数日で新月。忘れないで小切手書いてくださいね!

ナンタケットブレスレット

まだ完成の1歩手前なのですが、ここ数ヶ月作りたいと思っていたナンタケットブレスレットをやっと!

手がつりそうになりながらも頑張った甲斐ありました。早く暖かい季節、こないかな。

キャップをまだ糊付けしていないので中途半端な状態の写真(↑)ですが、次はキャップも自作してみたいので、糊付け前にサイズを測っておこうと思い、まだこの状態なのです。

キッチンドア 〜ペンキ塗りとドアノブ設置〜

キッチンドア(勝手口)の色の候補を3色に絞ってからダーリンに見せたら、クリーム系色がいいというのでこうなりました(↓)。

ドアのロックとハンドルのセットはKwikset という会社のAvalon という商品です。

このドアのある家の側面は眩しすぎるといっても過言ではないほどの太陽光で、2トーンぐらい濃い目のペンキにしないと実際の色より明るく見えるんです。それを念頭に入れて色選びしたのに、塗ってみたら予想以上に明るくて、まるでイエロー。
でももう塗っちゃったし、耐えられないほど気に入らないわけじゃないので「しばらくこれでいきましょう。」ということになりました。

少しずつ庭も作っていく予定なので、草花が加わったらドアの色もいい感じになるのでは?と期待してます。

ちなみにドアのロックとハンドルのセットは、同じものをエントランス(玄関)のドアにも。そしてドアノブのタイプを家の廊下からガレージへのドアに付けました。どれもスマートキーというシステムが付いているロックで、ロックスミス(ロックの匠)を呼ばなくても、自分で全てのドアのロックを同じ鍵に合わせられるという優れものなのです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...