ペンキ塗りとベースモールディングの取り付け

増築スペース内のランドリールーム、クローゼット、キッチンのペンキ塗りとベースモールディングの作業を進めています。

ランドリールームもキッチンも造り付けのキャビネットが入るので、ペンキ塗りやベースモールディングを付けるのはキャビネットが入らない壁のみ。キャビネットが入る壁は全ての設置作業が終わってから、残っているスペースにベースモールディングを付けます。

ベースモールディングは前もってそれぞれのサイズにカットしペンキを塗っておきます。同時進行で壁のペンキを塗り、両方乾いたところでベースモールディングをエアコンプレッサーでバンバン付けます。ベースモールディングは付けてから塗る人も多いようですが、床や壁をカバーしなくちゃいけなくなるので、前もって塗っておいたほうが少し楽ができる気がします。
壁とベースモールディングの間にコーキングを入れ乾かした後、ベースモールディングと同じセミグロスのペンキでコーキングも塗ります。コーキングを塗らないと、ベースモールディングの上に乗る埃が取りづらくなるのです。

上はクローゼットの中。ハーフバスの面積が小さくなったのは、このクローゼットが欲しかったため。収納しやすいように棚を付ける予定です。

クローゼットのドアはペンキを塗るグレードのものですが、木のポケットドア(スライドドア)と同じくシェーカースタイルにしました。このドアの色は当分決まりそうにないので、とりあえず白に塗り、後で色が決まったら塗り直します。

上の写真はキッチンのテーブルとベンチを置くところ。ベンチも造り付けになるので窓の下の壁は塗らなくていいのに、ついつい勢いついて塗ってしまいました。

1週間ほど前にBosch(ボッシュ)のガスレンジとディッシュウォッシャーが配達され、まだまだ不便ながらもお料理ができるようになりました。マイホームを買ってからのこの5年間、前の家主が置いていった火力の低いレンジを使っていたので、新しいレンジでお湯が沸ける早さに驚いています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *