中国「豊富の法則」小切手ガイド

今日は木工でも手作りでも家の話しでもなく、ちょっと怪しいと思われるかもしれない話しです。

数年前に、中国で数千年前から伝わるという習慣Law of Abundance check (豊富の法則小切手)の存在を知りました。大昔からやり方は変わり、今は中国の新年(その年最初の新月)に金銭的繁栄を祈って小切手を書くというものです。
オカシイ人だと思われたくなかったので(笑)誰にも言わなかったのですが、2年目に姉や友人数名にも紹介したら、みんな「なんとなく効果がある気がする。」と。
去年日本語で豊富の法則小切手をネット検索してみたところ、日本ではあまり知られていない様子だったので、皆さんの金銭的繁栄を祈って私がここで紹介します!

上の豊富の法則専用小切手の画像はこちらのサイトから拝借。

小切手を持っている方は自分の小切手を切ってください。小切手がない方は上の小切手画像をダウンロードしてプリントするか、小切手サイズに切った白い紙で代用してくださいね。お財布に入るサイズで。

Date(日付):その年の最初の新月の日にち
Pay to the Order Of(支払い先): 自分のフルネーム
For/Memo(メモ):”Paid in Full”
サイン欄:”The Law of Abundance”(豊富の法則)
*金額を入れる欄は空のままで。

小切手を書く時間は、新月になる時刻の24時間前から新月になる瞬間まで。私の住むアメリカ西海岸では今年(2017年)は1月27日午後4:07に新月になるので、1月26日の午後4:07から24時間以内に書きます。もし時間が過ぎてしまっていても諦めずにとりあえず書いてみてください。
小切手を書いたらお財布に入れ、目に止まったときに金銭的目標を思い起こし、実現するのを想像します(できれば想像ではなく信じ込みます。笑)
これだけです。

英語で小切手の書き方を調べると、書くことや書く欄が微妙に異なるのですが、おそらく書くこと、そして金銭的目標を思い出して信じることに意味があるのだと思います。
使い終わった小切手をどうすればいいのかはどこを探しても見つからないので、私はチェックブック(小切手帳)に挟んであります。

私はこの小切手のことを初めて知った時、英語の「Abundance」という単語を知りませんでした。すぐに調べて「豊富」だと分かったのですが、「豊富」って曖昧でよく分からないなーと思ったのです。そこで豊富の法則に関係する本を2冊読みました。ちょっとトピックが逸れた関連本も含むと5〜6冊。
それらの本によると、豊富の法則で指す「豊富」とは無限なのだそうです。だからお金や物をめがけて他人と争う必要はまったくないのだと。だって宇宙にはみんなの為に全てがた〜んまり用意されてるから。笑
これで我が家は金銭的危機を逃れ、毎年少しずつですが目標へ向かっています。
ということで、あと数日で新月。忘れないで小切手書いてくださいね!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *