サユリタをプラプラ 〜手作りが溢れる町でお土産探し〜

メキシコ旅行記です。
今年のメキシコ旅行は、プエルトバジャルタでテキサスの友達家族と過ごした後、私たち家族は「サユリタ」へ行ってきました。1泊2日だけですが去年の旅行では時間が足りなくなり行けなかったので、どうしても行きたかったのです。逆になってしまいますが、先にサユリタを記録しておこうと思います。

サーフィンのメッカと呼ばれるサユリタはプエルトバジャルタからタクシーで北へ1時間。ハリスコ州のプエルトバジャルタへの訪問と同じ空港を利用しますが、サユリタはナヤリット州になります。

サユリタに到着してまず目に止まるのがポンポン。右も左もカラフルなポンポンで可愛いのだけど、ちょっと作りすぎ。笑

ビーズやレザーなどのジュエリー屋さんもところ狭しと並びます。上の彼女は13歳。テーブルに並ぶものは全部彼女が作ったのだそう。大人顔負けのビーズ技術。編んでいる時の真剣な眼差しと、顔を上げて笑顔を見せてくれた時のギャップにドキッとさせられるものがありました。

3時になるとともにホテルへチェックインしたら、プールで子供達を遊ばせ、、、

また町中へ。

まずはインスタグラムでフォローしているアメリカ人女性のお店「Evoke The Spirit」へ。

この本物のブルズのスカルが気になっていて、高価なものなので買えないのは分かっていたけど見れて満足〜。と思ったら、店員さんが「他の店舗で実際にアーティストが仕事しているところが見れるわよ〜。私も教えてもらってるんだけど難しい。」なんて言ってたんです。特にその「他の店舗」の住所も聞かなかったのですが、偶然見つけて、スカルに糸をつける手仕事(技術名不明)を見ることができました。

蜜蝋ワックスをスカルに塗りつけ、その上から糸を貼り付けていく感じ。見ているこっちの肩が凝っちゃいそうなぐらい気が遠くなる細かい作業です。

さて次の目的はこちらのお店「Artefakto」(↓)。

どうしても見たかったお店なのにー、わざわざ探してきたのにー、目の前で閉められてしまいました(涙)。上の写真はガラス越しに撮ったもの。

サユリタって小さいけどおしゃれなホテルやお店がいっぱいで、見ながらプラプラするだけで楽しいですよ。

何もかもがカラフルで、否応なしに元気になります。

下の写真にちょっとだけ映る店員さん、見たことあるな〜と思ったら、さっき私たちの目の前でお店を閉めた女性でした。Artefakto の小物屋さん(?)の方の店舗は遅くまで開いてるけど、「閉めたあっちの店舗は4時で終わりなの。」だそうです。あー、あっちのお店見たかった。。。

さてさて。サユリタで買った自宅用お土産。まずはJose Lucano さんという陶芸家件ペインターの壁掛けプレートセット。

割れ物な上に重いので心配でしたが、無事家に持って帰ってくることができてホッ。壁にかけたらまた画像アップします。
ちなみにJose Lucano さんの名前を検索したら、etsy などで彼のビンテージ作品が売られていました。

次に買ったのはこのへんちくりんな木の彫刻エンジェル(↓)。早速キッチンのヌックになる予定の壁にかけました。

太々しい顔な上に、なかなか雑な彫刻なのですが、気に入ってしまい即買いでした。

そしてマーブル(大理石)のアップル。置物なんだろうけど、ペーパーウェイトにいい!と思って数個購入。

葉と茎部分はブラス(真鍮)です。あー、カワイイ〜♪

1個5ドルぐらい。娘たちに買った一回り小さめのは2.5ドルでした。何百個もあったのに、なんでもっと買ってこなかったんだろー。後悔先に立たず。

そしてあちこちで見かけたドリームキャッチャー。

ドリームキャッチャーは下の土足厳禁のお店で買いました。

中にいる店員さんと靴を脱がずに話そうとすると、こんなことになります(↑)。
土足厳禁なお店なんてお客さんが入って来ないんじゃないかと思うけど、みんな靴脱いで入ってきてました。

恥ずかしそうに写真に入ってくれた店員さん。

サユリタには物作りのクラスなどもあるみたいですよ。私たちは1日ちょっとの滞在だったので参加できませんでしたが。
なんでこんな小さくてギューギューな町に世界中から人が集まってくるんだろうと思ってたのですが、とにかくみんな優しくて暖かい。息子が食べたストリートタコスのおばさんとお兄さんと言葉が通じなくて、私たちが勘違いしてお金を多く払いすぎて立ち去っても、ちゃんとお釣りを持ってきてくれるんです。そんな土地のストリートでジュエリーを作っていたり、メキシコ中のアーティストをサポートするお店が並んだりしたら、楽しくないわけがない。
またサユリタを訪れる機会があれば、町から少し離れたところで緑に囲まれてゆっくりできるロッジもあるようなので、海を眺めながらボーっと過ごすバケーションもいいなぁなんて思います。が、きっと町中のお店やストリートのジュエリーメーカーさん達は見に行っちゃうだろうな。
メキシコの手作りに万歳!と思ったサユリタの旅でした。

キッチンキャビネットの本体インスタレーション

またプエルトバジャルタ旅行へ行ってました。写真をアップロードしたら旅行記を書きたいと思います。

さて。一昨日帰宅し、昨日はキッチンキャビネットのインスタレーションを頑張りました。

ファームハウスシンクは400パウンド(181キロ)。ダーリンと2人で持ち上げてキャビネットの上に乗せることはできたけど、その後数時間、腰がベロンベロンで怖かった。

「ファームハウスシンクを乗せるキャビネットは丈夫に作ってください。」と説明書に書いてあったので、普通0.75インチのプライウッドを両サイド1枚づつで組み立てるところ、4倍(写真上)にしてみました。ちょっとやりすぎた?と思うほど頑丈になりましたよ。

シンク早く使いたいな〜♪

ガスレンジの左側にも幅狭のキャビネットを(↑)。ここに入る引き出しは調味料用になる予定。

上の写真は、キャビネットの脚を入れたところ。
基本キャビネットはすっきりとしたユーロのスタイルが好きなのですが、ちょっぴり重みのある雰囲気を出したいな〜と思ったので、キャビネットとキャビネットの間にスペーサーで一定の隙間を確保し、そこへ脚を。本物の脚と違って家具の重みを支えているわけではないので、なんちゃって脚です。

増築にバンブーシェイド 〜のぞき見防止〜

増築で増えた窓にバンブーシェイドを付けました。

シェイドは特に急いで買うつもりがなかったのですが、お隣りのおじさんがうちの家の中をギョロギョロと見ているところをダーリンが目撃してしまい、ちょっと怖くなったところで勢い付いて購入しました。いいおじさんなんですけどね、およその家の中や家庭事情を知りたくてしょうがないのがちょっぴり難なのです(笑)。

バンブーシェイドを開けるとこんな感じ(↑)。
今回のバンブーシェイドも息子の部屋やダイニングの窓のとお揃いです。ウィンドーシルを付けるので、1/2インチほど短く注文しました。

こちらはランドリールームの幅広な窓(↓)。

バンブーシェイドを1枚で作れるサイズ以上の幅の窓なので、2枚にする羽目に、、、。

ランドリールームはペンキが中途半端なので、バンブーシェイドはペンキを塗ってから取り付けます。なぜここだけまだペンキを塗っていないかというと、ポケットドアの取付けに気に入らない部分があり、ビルダーさんが直しに戻ってきてくれるはずだったから。でも結局最後の支払いをしないでいいというので、ドアの修理はなしで和解することに。ドアの気に入らない部分というのも、ま〜大したことじゃないので、直さないでペンキ塗りに進みます。

こちらはトイレのバンブーシェイド(↑)。裏はキャニオンなので誰に見られることもないだろうと思うのですが、バーベキューとかすることがあるので、バンブーシェイドの裏面にプライバシーライナーを付けてもらいました。

すこーしずつ気温が上がってきて、ここ1週間で春が咲き出しましたよ。

カスタムレンジフード作り 〜中編〜

カスタムレンジフード作りの続きです。前編からまっすぐ後編へ飛びたかったのですが、完成していないのでこの記事は中編です。

今回はアクセントになるバーンウッドの取り付け。無駄を出さずにほとんどぴったり使いきれる長さのを見つけました。$20ぐらいだったかな。(カリフォルニア州は他州に比べてバーンウッドが高いそうです。)
それを片方の端からレンジフードのサイズに合わせて切ります。コーナーは45度で。

木目が流れるように合わせなくてはいけないので、カットの失敗は許されません。

取り付ける前にクリアのウレタンを塗りました。バーンウッドにブラシで塗るのは難しいので、今回はスプレー塗装。艶感を出したくなかったので、光沢は「サテン」。トータルで3〜4回スプレーしています。

後ろ側(オフィスにしている部屋)から見るとこ〜んな感じ(↑)。
クラウンモールディングを付ければ完成なのですが、どんなクラウンモールディングにするか決めてない上、同時に進めているキッチンキャビネットのカットが終了している(↓)ので、組み立てと取付作業に専念します。

来週カウンタートップ屋さんに来てもらってキャビネットを測ってもらえば、再来週にはカウンタートップもシンクもディッシュウォッシャーも付いて、不便なお料理の生活から脱出できるかな〜と期待しています。

カスタムレンジフード作り 〜前編〜

カスタムのレンジフード(換気扇)作りに初挑戦しています。
作るのは換気扇を覆う部分で、好きなようにデザインすることができます。まずはインスピレーションにカスタムレンジフードの写真を数枚集めてみました。

上の画像はBetter Homes & Gardensより。白いキャビネットに木製のレンジフードが素敵♪

こちらはChris Loves Juliaから。シンプルな箱の作りにモールディングを付けるだけでもカワイイ。

Hooked on Houses
こちらはコッテコテであまり好みではないのですが、棚のデコレーションを季節でアレンジできるのは楽しいかも。

Light Farm-Kitchen

そしてこのバーンウッドがアクセントになっているレンジフードはHouzzより。素朴な感じがたまらな〜い!と〜っても気に入ったので、我が家はこれを真似て作ることにしました。

うちのレンジは増築した部分が始まるところになるのですが、ちょうどその部分の天井(レンジフードを取り付けるところ)に、もともとあったキッチンの天井の梁の終わり目があります(↓)。

家の反対側まで繋がっている梁で、取り除くのは大事(高額)になると言われ、しょうがなくドライウォールでカバーして綺麗にしてもらったものの、梁がブチっと終わっているのが何とも見苦しい。カスタムレンジフードのアイデアは、梁の終わりを隠す方法を考えた末に生まれたというわけです。
ちなみにビルダーさん、レンジフード用コンセントの電気の線をビヨーンと出したまま去って行きました。ありえない(怒)。ダーリンに繋げてもらったからいいけど、最後までしっかり仕事して欲しかった、、、。

さて。カスタムのレンジフード作りをするにあたって、まずはレンジフード・インサートを選んで購入します。カスタム用なので、要するに外の仕上げが綺麗でない露骨な換気扇です。私たちが買ったのはBroan という会社のPM390という製品。

それとレンジフード・ライナーも買いました(↓)。

四角い穴にレンジフード・インサートがはまる仕組み。
説明書によると、レンジフードの高さがレンジ上30インチ以内の場合にライナーが必要になるということなので我が家には必要なかったのですが、レンジフード周りにあるものを熱から守る役目や、レンジのお掃除が楽になるなどの利点があるとも買いてあったので買う事にしました。
ライナーがぴったり収まるように、キャビネットを作る要領で箱を作ったら、下のように壁に取り付けます。

写真では見えませんが、すでにレンジフード(換気扇)が入っています。
カスタムレンジフードの土台になる箱は隠れてしまうので、わざわざ材料を買いに行く必要はありません。余り物のプライウッドで組み立てました。
ダクトをダーリンに繋げてもらったら、次はビードボード。エアコンプレッサーを使って、小さなネイルでビードボードを取り付けます。

その後、壁とビードボードの隙間にコーキングを塗ります。ビードボードにはあらかじめペンキを2コート塗っておいたので、コーキングが乾いたらもう1コート塗って終了。

少しずつ形になってきました。
が、、、。レンジフードを正面から見ると(↓)何か気になりませんか?

もともとあったキッチンの天井が、増築部分のキッチンの天井(現在のスタンダード)より1インチ低いので、レンジフードと天井の隙間が左右均等じゃないのです。ビルダーさんが出来るだけなだらかにしてくれたものの、こうしてレンジフードを付けると不均等がよく分かります。これをクラウンモールディングでごまかします。そのあとにバーンウッドを付けるのですが、長くなってしまったので後編に続く。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...