カスタムレンジフード作り 〜前編〜

カスタムのレンジフード(換気扇)作りに初挑戦しています。
作るのは換気扇を覆う部分で、好きなようにデザインすることができます。まずはインスピレーションにカスタムレンジフードの写真を数枚集めてみました。

上の画像はBetter Homes & Gardensより。白いキャビネットに木製のレンジフードが素敵♪

こちらはChris Loves Juliaから。シンプルな箱の作りにモールディングを付けるだけでもカワイイ。

Hooked on Houses
こちらはコッテコテであまり好みではないのですが、棚のデコレーションを季節でアレンジできるのは楽しいかも。

Light Farm-Kitchen

そしてこのバーンウッドがアクセントになっているレンジフードはHouzzより。素朴な感じがたまらな〜い!と〜っても気に入ったので、我が家はこれを真似て作ることにしました。

うちのレンジは増築した部分が始まるところになるのですが、ちょうどその部分の天井(レンジフードを取り付けるところ)に、もともとあったキッチンの天井の梁の終わり目があります(↓)。

家の反対側まで繋がっている梁で、取り除くのは大事(高額)になると言われ、しょうがなくドライウォールでカバーして綺麗にしてもらったものの、梁がブチっと終わっているのが何とも見苦しい。カスタムレンジフードのアイデアは、梁の終わりを隠す方法を考えた末に生まれたというわけです。
ちなみにビルダーさん、レンジフード用コンセントの電気の線をビヨーンと出したまま去って行きました。ありえない(怒)。ダーリンに繋げてもらったからいいけど、最後までしっかり仕事して欲しかった、、、。

さて。カスタムのレンジフード作りをするにあたって、まずはレンジフード・インサートを選んで購入します。カスタム用なので、要するに外の仕上げが綺麗でない露骨な換気扇です。私たちが買ったのはBroan という会社のPM390という製品。

それとレンジフード・ライナーも買いました(↓)。

四角い穴にレンジフード・インサートがはまる仕組み。
説明書によると、レンジフードの高さがレンジ上30インチ以内の場合にライナーが必要になるということなので我が家には必要なかったのですが、レンジフード周りにあるものを熱から守る役目や、レンジのお掃除が楽になるなどの利点があるとも買いてあったので買う事にしました。
ライナーがぴったり収まるように、キャビネットを作る要領で箱を作ったら、下のように壁に取り付けます。

写真では見えませんが、すでにレンジフード(換気扇)が入っています。
カスタムレンジフードの土台になる箱は隠れてしまうので、わざわざ材料を買いに行く必要はありません。余り物のプライウッドで組み立てました。
ダクトをダーリンに繋げてもらったら、次はビードボード。エアコンプレッサーを使って、小さなネイルでビードボードを取り付けます。

その後、壁とビードボードの隙間にコーキングを塗ります。ビードボードにはあらかじめペンキを2コート塗っておいたので、コーキングが乾いたらもう1コート塗って終了。

少しずつ形になってきました。
が、、、。レンジフードを正面から見ると(↓)何か気になりませんか?

もともとあったキッチンの天井が、増築部分のキッチンの天井(現在のスタンダード)より1インチ低いので、レンジフードと天井の隙間が左右均等じゃないのです。ビルダーさんが出来るだけなだらかにしてくれたものの、こうしてレンジフードを付けると不均等がよく分かります。これをクラウンモールディングでごまかします。そのあとにバーンウッドを付けるのですが、長くなってしまったので後編に続く。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...