カスタムレンジフード作り 〜中編〜

カスタムレンジフード作りの続きです。前編からまっすぐ後編へ飛びたかったのですが、完成していないのでこの記事は中編です。

今回はアクセントになるバーンウッドの取り付け。無駄を出さずにほとんどぴったり使いきれる長さのを見つけました。$20ぐらいだったかな。(カリフォルニア州は他州に比べてバーンウッドが高いそうです。)
それを片方の端からレンジフードのサイズに合わせて切ります。コーナーは45度で。

木目が流れるように合わせなくてはいけないので、カットの失敗は許されません。

取り付ける前にクリアのウレタンを塗りました。バーンウッドにブラシで塗るのは難しいので、今回はスプレー塗装。艶感を出したくなかったので、光沢は「サテン」。トータルで3〜4回スプレーしています。

後ろ側(オフィスにしている部屋)から見るとこ〜んな感じ(↑)。
クラウンモールディングを付ければ完成なのですが、どんなクラウンモールディングにするか決めてない上、同時に進めているキッチンキャビネットのカットが終了している(↓)ので、組み立てと取付作業に専念します。

来週カウンタートップ屋さんに来てもらってキャビネットを測ってもらえば、再来週にはカウンタートップもシンクもディッシュウォッシャーも付いて、不便なお料理の生活から脱出できるかな〜と期待しています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

4 thoughts on “カスタムレンジフード作り 〜中編〜”

  1. MOTOKOさん!ご無沙汰しています~~~レンジフードもお洒落にできるんですね~~~。考えたことなかった。ちなみに、丸枠の鏡はつくりますか?鏡は日本には持って来るの大変かな。。。。?私は、今カーテン探しに奮闘中。頭の中がカーテンでいっぱい(笑)今日は連続3日目のカーテンやさんに行ってきます♪

    1. 明日美ちゃん、元気?
      カーテンは決まったかな。日本にいたら明日美ちゃんのカーテン屋さん巡りに付き添えるのにな。
      鏡作れるけど、オーバル型って木製の場合なかなかのお値段になっちゃうよ。たぶんお店で見かけるオーバルの鏡たちも結構高いと思うんだけど、あれって見た目以上に木を使ってるんだよね。かなりの無駄がでるというか。「どうしても木製でこんな感じのがいい!」というわけじゃない限り、お店やネットを探しまくって買った方がいいかも。探しているうちに考えてなかった素敵なデザインに出会うこともあるしね。もし出会いがなかったら、もちろん私が作ることもできるから声かけてね♪

  2. motokoさん、ありがとーーーー。丁寧に説明してくれて♬素人には何にも解らない^_^カーテンはリビングは決まったけど、ベッドルームがまだです。本当に!日本に居て付き合って頂きたい。カーテンって思ってた以上に難しいです。。。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *