簡易テーブルの仕上げ塗装

クラフトフェアへ出店するとき用に作った簡易テーブルがあるのですが、ブレックファーストヌックにテーブルを作るまで代わりに使っています。でも天板の仕上げ塗装をしていなかったので、何かをこぼす度にどんどん染み込んで汚れていく始末。今朝重い腰をあげて塗装しました。

ビフォア写真を撮らなかったので比べようがないのですが、パイン材なので明るい色の木で、汚れがとても目立ちました。

ざっくりヤスリをかけてもシミが残っていたので、手持ちのステイン(Minwax “Special Walnut 224″)を使ってごまかすことに。まだらになったら嫌なので、ウッド・コンディショナーを先に塗ります。ステインが乾いた後にクリアのウレタン(光沢はサテン)を3コート。「すぐに乾きます!」というウレタンだったので、半日で完成!

これで何かをこぼしても、サラッと拭き取れるようになりました。

テーブルのサイズがこのスペースにぴったりなので、いつか作るテーブルもこのぐらいの大きさにするつもりです。

先週ダーリンが買ってきてくれたお花。アメリカは購入の時点ですでに花が開いていることが多いので、枯れるまでが早いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “簡易テーブルの仕上げ塗装”

  1. こんにちは!
    わぁ、すごく素敵なテーブル!これが簡易で作ったテーブルとは思えないほどお洒落です♪
    ウッドコンディショナー、ステインが乾いたらウレタン・・・メモメモ(笑)
    これをきちんとしなかったからか、私のダイニングテーブル、シミとかできちゃったのかも(泣)あとは、我が家の天板こそ簡易で作ってもらったものだからか、板のつなぎ目がずれてきてしまいました。
    これってヤスリをかけてフラットにしないとダメなのかな?

    1. ゆーさん、

      こんにちは!おひさしぶりです。
      簡易テーブルは天板を作って脚を付けただけの、折りたたみ式なんですよ。いずれは裏庭バーベキュー用とかになると思うので、ヤスリもテキトーで塗装してしまいました。

      ステインは木によってまだらに染み込むことがあるので、心配な場合は端材で試してみるといいと思います。大丈夫そうならウッドコンディショナーなしで直接ステインを塗ってオッケーです。私の場合試すのが面倒なので(笑)、毎回ウッドコンディショナーを塗っちゃいます。

      つなぎ目は丁寧に作ってもずれることありますよね。シャビーとかラスティック系スタイルならズレも味があっていい感じします。ピシッとフラットが好きな場合はヤスリをかけて仕上げ塗装のし直しかも。私の場合そういう作業はいつまで経ってもやらなそう〜。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *