ナンタケットバスケット製作 〜リムのモールド作り〜

自分で作ったモールドで編んでいたナンタケットバスケットが、まだ完成してないのですが編み上がっただけで興奮して、レザーのハンドルをクランプで付けたりして妄想を楽しんでいました。

ステーブが流されてしまっているのは早くに気がついたのだけど、とりあえずこれは進めて完成させて、次回へのバネにしようと思いながら編んでしまいました。

さて編み終わってモールドを抜こうと思ったら、キッツキツで抜けない!モールドがプライウッドなので、冷蔵庫に入れて冷やしたところで縮まないはずなので、ちょっぴり残念だったけど長めのネジを2本入れ、それを掴んで引っこ抜きました。

次はリムの作業。まずはこのバスケット用のリムを曲げるモールドを作らなければいけません。曲げ木と同じようなモールド作りです。今回はリードリムにする予定で、リードの幅が7/16インチなので、1/2インチのプライウッドでのモールド作りがちょうどいいです。
内側のリムのモールドはバスケットのモールドと同じサイズで。以前買った本には「内側のリムのモールドは3/8インチ小さく作りましょう。」と書いてあるのですが、どう考えてもそれはおかしい、、、ので、ここは自分の計算を信じて進めます。

糸鋸で中をカットし、スピンドルサンダーできれいにヤスリます。

外側のリムはステーブとケーンで編んだバスケットの厚み(1/8インチ弱)分大きくしたいので、モールドを1/8インチ大きく作ります。

本によって、リムはオーバラップが4インチとか5インチとか違いがあるのですが、今回作っているタッパーは小ぶりなので4インチでいこうと思います。

内側と外側両方のリムのモールドの周りを測ったら4インチ足した分のリードを切り、オーバーラップ部分がスカーフジョイント(まさに首に巻くスカーフのように、巻いた時に1つにまとまるよう)になるようカンナで削るのですが、スポークシェーブの方がコントロールして削りやすい感じがしました。

そしてリムのモールドにリードを巻きつけてクランプで留めます。これで最低1日は寝かし、やっとリムをバスケットに付ける作業にたどり着きます。

節約も兼ねてますが、できるだけ自分の手で作りたいと思うと、それぞれの段階で「作る」だけじゃなく「準備」も関わってくるので、とにかく時間がかかります。将来同じものを作る時は準備が済んでいるので楽になるのですが、改良版が必要になったりするので繰り返して同じような物を作ることもしばしば。面倒が分かっていても自分の手で作りたいんですよね〜。
末っ子も私に似てなんでもやりたがる・作りたがる派で、私がバスケットを編んでいるのを見て「私もやりたーい!」と毎日訴えていたので、すでに作ってあったミニのオーバルのモールドで挑戦させることに。

とは言えステイブとかの準備部分は10歳児には難しいと思うので、そこは私が準備しました。どんな感じに仕上がるかな。これも楽しみです。

サンクレメンテのショップ

とーっても素敵な日本人の方との出会いがあって、彼女に会いにサンクラメンテへ行ったのですが、その時に寄った近くのホームデコレーションのお店と、昨日の記事のアートを買ったビンテージショップをご紹介します。

まずはTuvaluというホームデコレーション(家具やインテリア雑貨など)のお店(↓)。

「海」と「ボーホー」なテイストを強く感じるお店で、どことなく雰囲気がSerena & Lily に似てるけど、Tuvaluはホームアクセサリーや本、ジュエリーなどの小物も扱っているし、あまりテーマにこだわり過ぎていない崩した感じが入りやすいかな。

アイキャンディなお店なので近所にあったらちょくちょく覗きに行っちゃいそうですが、私は滅多にお買い物する機会がなさそう。まさにSerena & Lily です(笑)。

でもこの自転車が可愛かった!

お値段1600ドル〜。

Tuvaluを見終わって駐車場に向かって歩いていたところで見つけたのがLa Casa Verde de Granada

「グラナダ通りの緑の家」という店名が付いているだけあって、お家なショップです。正式にはグラナダ通りではなく、住所はAvenida Granada (アヴェニダ グラナダ通り)となっていて、緑なのは外壁ではなくて窓枠など。

店内も家の造りで、ダイニング、ベッドルーム、キッチンに分かれていて、それぞれの部屋にふさわしい商品がぎーっしりと並べられています。

裏庭もガーデングッズがところ狭しと置かれていますよー。

裏庭の商品の量に驚いて、おもわず「雨の日はどうするんですか?」と聞いてしまいました。「急いでできるだけ店内に運んで、あとはビニールシートでかぶせるの。」だそうです。「でも去年の冬とか、サンディエゴは雨の日多かったですよ。」としつこい私。「サンクレメンテも雨多かったわよー。去年は大変だった〜。」と。

これは物置小屋?それとも離れかな?店名のVerde(緑)色です。私が買ったアートはここ(↓)にありました。

キャッシャーの女性はオーナーの娘さんで、奥で商品を入れ替えていた年配の男性(お父さん)がオーナーだそう。とてもフレンドリーで、後から気がついたのですが、閉店時間を大幅にはみ出していたのに、そんなことは一切言わずに長々と店内を見させてくれました。
バイヤーが8人いて、毎日次々とビンテージ品を仕入れてくるので、商品のターンオーバー(入れ替え)を早くさせるために値段を低く設定しているらしいです。私たちがいた間も他のお客さんたちがたんまりお買い物していたので、まさにターンオーバーが早い様子でした。
ランドリールームに飾ったアートの他に、末っ子にねだられてビーズのブレスレット($12)と、私もバングルブレスレット($8)を買いました。「絶対に掘り出し物が見つかるはず」と思うオススメのお店です!

ランドリールームにビンテージ糸鋸アート

先日ビンテージショップで糸鋸のアートを買いました。

ライトハウスがあったりカモメが飛んでたりするけど、ビーチっぽくない様子がなぜか気に入ったのと、日本の木版画っぽい線にも惹かれて、「ランドリールームに飾る!」ってすぐ決定。

お値段35ドル。
良心的なお値段の物がぎーっしり詰まったビンテージショップでした。次回たくさんの写真と一緒にショップ情報をアップします。

ラグナビーチへ

先週末は息子のサッカートーナメントで北上。
日曜日は朝一番の試合で時間がたんまり残ったので、ラグナビーチへ遊びに行きました。

上はラグナビーチの中でもビクトリアビーチにあるパイレーツタワー。タワーの前に写ってるのは、小さくて分かりづらいですがうちの子たち。
かなり離れたところに路上駐車する羽目になったので、このタワーを見るために結構な距離を歩きました。勾配のきつい民間のおしゃれなお家が並ぶ通りにたどり着くのですが、家と家の隙間にある階段(下の写真)を降りて行くとビクトリアビーチにたどり着きます。

下の写真は、iPhoneのパノラマ機能を使ってのトリック撮影。

パノラマ写真を撮る時に出てくる矢印の方向からわざと逸らせて撮ると、ビルやタワーが曲がって撮れるんです。数年前にネットで見つけたトリック。オモシロイ。

順不同しますが、ビクトリアビーチへ行く前にはGelato Paradiso でアイスクリームを食べ、Nick’s Laguna Beach でランチをしました。Gelato Paradiso のアイスクリームは驚きの美味しさ。

私はいらなーい!とか言ったわりには、ダーリンのピスタチオ&バナナのアイスクリームを味見したら美味しくて美味しくて、半分近くは私が食べたかな。

こんなカワイイ路地の中にアイスクリーム屋さんがあるんですよ(↓)。

Nick’s Laguna beach はこちら(↓)。人気のお店らしくて、予約なしで行ったら待たされました。それで待ってる間にアイスクリームを食べに行ったわけなのです。アイスクリームでお腹が満たされちゃったので、ランチは末っ子とシェア。

食事の写真がないですが、このリンクからレストランのYelpページに飛ぶと美味しそうな写真がいっぱい見れます。

ラグナビーチではあらかじめ調べておいたショップを探しに歩いたのですが、日曜日でお休みが多くて残念。でもRudi’s Shellsというとってもカワイイ貝殻のグッズやアクセサリーが並ぶお店で自宅用のお土産をゲットしました。

まずは貝殻の壁掛け。上のはお店の外壁に飾られてたもので、下のが買ったもの。

貝殻が縦に並べられてるだけなのに、なんだかとっても惹かれてしまいました。とりあえずここに掛けて写真撮ったけど、まだどこに飾ろうか悩んでます。

そしてブルー珊瑚(↓)。このグレイに近いブルー珊瑚に一目惚れ。お値段は「うっ、高い!」と思ったものの、自然界のものなので相当な金額なのかも。

ネックレスなどの収納兼ディスプレイになるかなと思ったりもしたのだけど、とりあえずブックエンドっぽくして棚に飾ってみました。ベルベットのようなテキスチャーに見えますが、触ってみると意外とゴツゴツ。

ブルー珊瑚を置いた棚は、現在インスタレーション中のリビングルームの棚。もう少し進めたら写真撮ってアップできそうです。

シンク周りの使い勝手/古いキッチンの写真

先週のことですが、ウッドペッカーに起こされました。
暑かったのでベッドルームの窓を開けたままで寝た日だったのですが、朝5時半ごろに大音量でコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン!びっくりして飛び起きました。


*写真はこちらのサイトより

コンコンのスピードといい音量とといい、ウッドペッカーって元気ですね〜。あのくちばしで家の外壁でもつっつかれたりしたら、あっと言う間にインテリアの壁に穴が開いちゃうんだろうな。

さて。新しいキッチンが機能し出してから、3ヶ月が経ちました。
ファームハウスシンクやモーションセンサー付き水栓などの使い勝手をアップしておきたいと思います。

まずは水栓から。
モーションセンサーの水栓は、初めの1週間ぐらいは水を無駄にしている感じがしていたのですが、どの範囲に手をかざすと水が出るなどという基本を押さえてしまえば、無駄もなくなりとっても使い易いです。お肉を混ぜた直後などの汚れた手で水栓ハンドルを触らずに水が出てくるのは、本当に便利。そのため水栓に汚れが付かないので、指紋もなくピカピカに保てます。シャワー機能も付いてますが、言うまでもなく、シンクが隅々までキレイに洗い流せるのは気持ちいい〜。
ひとつ問題があるとすれば、モーションセンサーじゃない水栓を使っている時でも、手をかざして水が出てくるのを待ってしまうこと(笑)。

次はファームハウスシンク。エプロンフロントシンクとも呼ばれています。機能的には普通に大きいシンクと変わりないですが、私が感激したのはシンクの底に敷くグリッド。シンクがファイアークレイでできているのでそれを守る役目をしているのですが、グリッドがあるお陰で食器やスポンジから水が切れるし、食材のゴミや流した汚れにも触れないことになるので清潔を保てる感じがします。

でもこのシンク、フライパンやお鍋など金物のキズが付くんです。真っ白なシンクにキズって、、、、って思い検索したところ、ファームハウスシンクを使ってる人たちがこぞって勧めていたのがこのBar Keepers Friend(↓)。半信半疑で買ってみたら、、、

なんと真っ白に!

タライがシンクにぶつかってできていたシルバーの線もなくなりましたよー。
お鍋などの調理器具、トイレ、バスルーム、タイルなどなど、なんでもキレイになるみたいです。

上の写真はルクルーゼのお鍋。底に付いていた黒い跡も取れました(左がビフォアで右がアフター)。
クエン酸でも落ちなかった食器洗浄機のドアに付いていた水垢も、Bar Keepers Friend でキレイになりました。おススメです。

以前書いた食器の水切りマット(↑)も、やっぱり水切りカゴから変えて正解でした。
食器をすぐに拭く癖が付いたし、頻繁に洗って乾かすので清潔です。

一度も載せたことがなかった古いキッチンの全体写真(↓)。

この写真を撮ったのは、増築工事が始まって10日後ぐらいだったかな?「そろそろキッチンの壁をぶち壊すので、キャビネットなど空っぽにしてくださーい。」と言われて、いそいそとキッチン用品をダンボールに詰めてた日。なんだか懐かしい、、、。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...