シンク周りの使い勝手/古いキッチンの写真

先週のことですが、ウッドペッカーに起こされました。
暑かったのでベッドルームの窓を開けたままで寝た日だったのですが、朝5時半ごろに大音量でコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン!びっくりして飛び起きました。


*写真はこちらのサイトより

コンコンのスピードといい音量とといい、ウッドペッカーって元気ですね〜。あのくちばしで家の外壁でもつっつかれたりしたら、あっと言う間にインテリアの壁に穴が開いちゃうんだろうな。

さて。新しいキッチンが機能し出してから、3ヶ月が経ちました。
ファームハウスシンクやモーションセンサー付き水栓などの使い勝手をアップしておきたいと思います。

まずは水栓から。
モーションセンサーの水栓は、初めの1週間ぐらいは水を無駄にしている感じがしていたのですが、どの範囲に手をかざすと水が出るなどという基本を押さえてしまえば、無駄もなくなりとっても使い易いです。お肉を混ぜた直後などの汚れた手で水栓ハンドルを触らずに水が出てくるのは、本当に便利。そのため水栓に汚れが付かないので、指紋もなくピカピカに保てます。シャワー機能も付いてますが、言うまでもなく、シンクが隅々までキレイに洗い流せるのは気持ちいい〜。
ひとつ問題があるとすれば、モーションセンサーじゃない水栓を使っている時でも、手をかざして水が出てくるのを待ってしまうこと(笑)。

次はファームハウスシンク。エプロンフロントシンクとも呼ばれています。機能的には普通に大きいシンクと変わりないですが、私が感激したのはシンクの底に敷くグリッド。シンクがファイアークレイでできているのでそれを守る役目をしているのですが、グリッドがあるお陰で食器やスポンジから水が切れるし、食材のゴミや流した汚れにも触れないことになるので清潔を保てる感じがします。

でもこのシンク、フライパンやお鍋など金物のキズが付くんです。真っ白なシンクにキズって、、、、って思い検索したところ、ファームハウスシンクを使ってる人たちがこぞって勧めていたのがこのBar Keepers Friend(↓)。半信半疑で買ってみたら、、、

なんと真っ白に!

タライがシンクにぶつかってできていたシルバーの線もなくなりましたよー。
お鍋などの調理器具、トイレ、バスルーム、タイルなどなど、なんでもキレイになるみたいです。

上の写真はルクルーゼのお鍋。底に付いていた黒い跡も取れました(左がビフォアで右がアフター)。
クエン酸でも落ちなかった食器洗浄機のドアに付いていた水垢も、Bar Keepers Friend でキレイになりました。おススメです。

以前書いた食器の水切りマット(↑)も、やっぱり水切りカゴから変えて正解でした。
食器をすぐに拭く癖が付いたし、頻繁に洗って乾かすので清潔です。

一度も載せたことがなかった古いキッチンの全体写真(↓)。

この写真を撮ったのは、増築工事が始まって10日後ぐらいだったかな?「そろそろキッチンの壁をぶち壊すので、キャビネットなど空っぽにしてくださーい。」と言われて、いそいそとキッチン用品をダンボールに詰めてた日。なんだか懐かしい、、、。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...