サンクレメンテのショップ

とーっても素敵な日本人の方との出会いがあって、彼女に会いにサンクラメンテへ行ったのですが、その時に寄った近くのホームデコレーションのお店と、昨日の記事のアートを買ったビンテージショップをご紹介します。

まずはTuvaluというホームデコレーション(家具やインテリア雑貨など)のお店(↓)。

「海」と「ボーホー」なテイストを強く感じるお店で、どことなく雰囲気がSerena & Lily に似てるけど、Tuvaluはホームアクセサリーや本、ジュエリーなどの小物も扱っているし、あまりテーマにこだわり過ぎていない崩した感じが入りやすいかな。

アイキャンディなお店なので近所にあったらちょくちょく覗きに行っちゃいそうですが、私は滅多にお買い物する機会がなさそう。まさにSerena & Lily です(笑)。

でもこの自転車が可愛かった!

お値段1600ドル〜。

Tuvaluを見終わって駐車場に向かって歩いていたところで見つけたのがLa Casa Verde de Granada

「グラナダ通りの緑の家」という店名が付いているだけあって、お家なショップです。正式にはグラナダ通りではなく、住所はAvenida Granada (アヴェニダ グラナダ通り)となっていて、緑なのは外壁ではなくて窓枠など。

店内も家の造りで、ダイニング、ベッドルーム、キッチンに分かれていて、それぞれの部屋にふさわしい商品がぎーっしりと並べられています。

裏庭もガーデングッズがところ狭しと置かれていますよー。

裏庭の商品の量に驚いて、おもわず「雨の日はどうするんですか?」と聞いてしまいました。「急いでできるだけ店内に運んで、あとはビニールシートでかぶせるの。」だそうです。「でも去年の冬とか、サンディエゴは雨の日多かったですよ。」としつこい私。「サンクレメンテも雨多かったわよー。去年は大変だった〜。」と。

これは物置小屋?それとも離れかな?店名のVerde(緑)色です。私が買ったアートはここ(↓)にありました。

キャッシャーの女性はオーナーの娘さんで、奥で商品を入れ替えていた年配の男性(お父さん)がオーナーだそう。とてもフレンドリーで、後から気がついたのですが、閉店時間を大幅にはみ出していたのに、そんなことは一切言わずに長々と店内を見させてくれました。
バイヤーが8人いて、毎日次々とビンテージ品を仕入れてくるので、商品のターンオーバー(入れ替え)を早くさせるために値段を低く設定しているらしいです。私たちがいた間も他のお客さんたちがたんまりお買い物していたので、まさにターンオーバーが早い様子でした。
ランドリールームに飾ったアートの他に、末っ子にねだられてビーズのブレスレット($12)と、私もバングルブレスレット($8)を買いました。「絶対に掘り出し物が見つかるはず」と思うオススメのお店です!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *