末っ子の部屋の模様替えと繕い物

この間ウッドペッカーに起こされたと思ったら、今度はコヨーテに起こされました。
「ジャック(お隣りさんのジャーマンシェパード)、昨日の夜は家にいれなかったのかな?」とダーリンに聞いたら「犬の鳴き声じゃないだろ〜。コヨーテだよ。区別つかないの?」と言われて飛び起き、急いで裏のキャニオンを見てみたのだけど、もう何もいませんでした。鳴き声どころか犬とコヨーテの見た目の区別もつかないんですけどね。

お掃除がてら、末っ子の部屋の模様替え。

ここ1年ちょっとはヘッドボードが壁に面するこんなレイアウトでした(↓)。

両サイドからアクセスできるベッドの配置は、長女と息子の部屋よりもちょっと大きい末っ子の部屋のみ可能です(私たちのベッドルームを除いて)。この配置はベッドメイキングも両サイドからできて楽なのですが、残ったフロアスペースが分割されて狭く感じます。片付けが上手でない末っ子の部屋なので、特に。

ついでにずーっと気になっていたキルトの繕い作業。

もともとは長女のベッド用で、彼女が1歳ぐらいのときに買ったキルトです。バタフライの羽があちこちから剥がれだしていました。17年も使っていれば、当たり前かな。
私は繕い物をするとき、脳内BGMが「母さんが夜なべをして〜♪」になります(笑)。

部屋の反対側(↑)。
末っ子は来週から小学校5年生。6年生は中学になるので、小学校最後の年の始まりです。もう使わなくなったおもちゃのキッチンなども処分して、狭いなりにもすっきりして広々と感じる部屋になりました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *