小さなオーバルバスケット用リムのモールド作り

末っ子がバスケットを編みたいというので、去年作った小さなオーバルのバスケットモールドで挑戦させてみました。私がざっくりステーブを刺して、末っ子は編む作業を。夏休み中だったのですが、ガレージで3時間ぐらい木工作業をして戻ってきたら、もう編み終わったというのでびっくり。もちろんステーブは流されまくって大変なことになっていたのですが、本人は「できた〜♪」と大喜び。「早く使いたいから、リム付けて〜!」と、耳にタコが出来るほど言われています。

上の写真の左側に写るリムのモールドが、去年本体のモールド(上の写真左後方)を作ったときに一緒に作ったリム・モールド。Lightship Baskets of Nantucket という本の(113ページの)説明通りに作ったリムのモールドなのですが、これを使って曲げたリムがバスケットにフィットしませんでした。この間タッパーズ用のリム・モールドを作った時は気をつけて作ったのに〜。材料と時間と労力の無駄をしてしまいました。あ、でもこの本、リム・モールドの作り方以外は正確で、説明も理解しやすいですよ。
写真の中央のリム・モールドが、やっと完成した正しいサイズのものです。これで末っ子に「まだ〜?」と言われなくて済みます。

モールド作りで使うテンプレートが増えつつあります(↑)。木工作業でもそうですが、同じものを繰り返し作る時のためにテンプレートを作るので、テンプレートは増える一方。

Delsからノブなどが届きました。

下はThe Basket Maker’s Catalogで注文したもの。

この材料店ではケーンの染め液をオーダーしがてら、ナチュラルと黒いケーンも買ってみました。どこのお店のケーンがベストかな?使い比べてみようと思います。ここのウェブサイトには、ビギナーには嬉しいバスケット情報がたくさんありますよ。

長女が「見かけたから」と言って買っておいてくれた私の好きなキャンディー。アメリカらしいパケージでしょ。
滅多に見かけないから数年に1回ぐらいしか食べないのですが、左側のMary Jane は、歯の健康に悪そうなぺーったりと歯にくっつくタイプです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...