ウォルナットのテーブルスプーン

先日新しい方法で研いでみたフックナイフを使って作ったウォルナットのスプーンが完成。

上は器部分を削ったあとにバンドソーでスプーンの形に切ったところ。

チェリーの方は以前作ったテーブルスプーンで、もう1年ぐらい使っています。今回作ったウォルナットのスプーンもテーブルスプーンとして作ったのですが、器部分から持ち手への角度を変えて作りました。上の写真でスプーンの横顔の違いが分かると思います。
使いやすさや持ちやすさは実際に使って比べようと思っていますが、見た目はチェリーのスプーンの角度の方がいいな〜。

後ろ姿。

オイルを3コートほど塗って、洗って。
ダーリンにあげました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 thoughts on “ウォルナットのテーブルスプーン”

  1. ウォールナッツのスプーンの方が食べやすい形ですね。
    でもチェリーは綺麗な木目が出てます。素材違いでスプーン並べるのも素敵です。

    1. kazuko さん、

      木って茶色ばかりですが、色の明暗や木目の違いが楽しいです。
      引き出しいっぱいに素材違いのスプーンとか、想像しただけでワクワクします♪

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *