木の卵

父からのリクエストで木の卵を作りました。

Crate & Barrel のウェブサイトでセラミックのエッグクレート(半ダース)を見つけたので、このクレートに入れてプレゼントしようと注文したのですが、いざ届いたら卵が大きすぎ。作りながら「XLサイズの卵だわ〜。」と思ってはいたのだけど、まさかクレートに収まらないほど大きかったとは〜。ガッカリ。

XXLサイズぐらいってことかな。

左からウォルナット、オリーブ、メープルです。メープルはキルテッドメープルの丸太からとったものですが、キルテッド感はそれほどないかな。でもスポルテッドの線が少々入ってます。

余談。

今週は来年のワールドカップ出場へ向けての最後の試合でアメリカが負けてしまい、7回の連続出場に終止符を打つというガッカリな1週間でした。ただの負けで4位に落ち着いてたとしたら出場できる可能性が残っていたのに、なんと同時に行われた3試合で、普通だったら勝つ国(メキシコ、コスタリカ、アメリカ)が(ホンジュラス、パナマ、トリニダッド&トバコ)にそれぞれ負けてしまうという有りえなさそうだけど数日前に実際に起きた話し。同じ日の同じ時間だったせいか、さらにドラマチックに感じました。結果、3位だったアメリカが5位に落ちて出場できないということらしいです。
年齢的に最後のワールドカップになるプレーヤーが何人もいたので、残念でしかたない。

私はお母さんが日本人のボビー(ショウ)ウッド君のファン。ポジションはフォワード。彼はハワイ出身なので、「私たちが住んでた時期と重なってるな〜。すれ違ったことあるかな〜。」なんて思ったりして。「ボビーにはサッカーの才能がある!」と気づいた彼のお母さんが「ハワイじゃだめだ。」と思い、南カリフォルニアへ引っ越してきたというストーリー。その後14歳でドイツへ渡り、4年後にプロデビュー。アメリカのナショナルチームに抜擢されたのは数年前だったかな。初夏には結婚もしたみたいです。
現在24歳。怪我せず頑張り続ければ次回があるはずなので、引き続き応援したいです。

木口切りカッティングボード

今月は日本へ里帰り。端材を使って、友達に配るギフト用のまな板を作りました。

どれも小さめ。
これまで様々なサイズのまな板を作ってきましたが、自分で使ってみて思うのは、毎日使うまな板には小ぶりなものが一番!欲を言うならば、小ぶりまな板が2〜3枚ある状態がベストかな。さっさと料理してさっさと食べたい私の場合、途中でまな板を洗う羽目になるのが面倒なので、数枚あると手間が省けていいのです。お肉用、お魚用、野菜用と決めておければ尚いいです。

全てウォルナット。1枚を除いて、あとは木口切りにしました。英語で木口切りはEnd Grain と言います。小さな木口をいっぱい並べてできた柄が、箱にぎっちりつまったチョコレートのようで美味しそう。

先週出先で食べたもの。
Beard Papa’s のシュークリーム(↓)。韓国系カフェMochiでBeard Papa’s のシュークリームを扱っているというだけなので、プレーン味とチョコレート味だけしかなくてちょっとがっかり。抹茶味とか食べたかったんだけどなぁ。

友達とWholly Crapeブランチ(↓)。ただのバナナキャラメルクレープなのに、特別美味しかった〜。2時間居座ってもしゃべり足りなかったので、この後また他のカフェに移動(笑)。

メキシカンレストランのMiramar Fish and Tacos で、Octopus Taco(タコのタコス)!ここは家族で。

タコのタコスは初めて。プエルトバジャルタでも見かけなかったなぁ。お味はまぁまぁですが、何かが足りない。

カスタムサイズのバスケットモールド

バスケットのモールド(型)の注文が立て続けに入っています。
今回はバスケットの材料店であまり見かけない(?)7インチのラウンド(丸)の8.5インチ高。

分かってはいたけど大きいです。そして重い。
材料はチェリー。ところどころにバール杢のような木目があったので、一番多く入ってる部分をわざと一番上に持ってきてみました。型って使われていない時でも置いてあるだけで可愛いので、ちょっとユニークな木目が目についたらもっといいかな、なんて思ったので。

このモールドは近々自分用にも作りたいです。
ちょうど初夏に日系のヘアサロンでペラペラめくった雑誌に、ナンタケットバスケットではないのですが丸型で背が高めのバスケットが載っていて、「かわい〜!」と思い携帯で写真を撮っていたんですよ。

どれもバケツっぽい感じがキュートなのかも。

ラウンド型といえば、以前作った小さくて頭でっかちな木箱の丸具合がとっても気に入ってるので、こんな形のバスケットが編めるモールドも作りたい(写真下左)。

大きさは直径10インチぐらいで。

バスケットのモールドは 公に「作ります!」「売ります!」と宣言してないのですが、ちょくちょく連絡をいただきます。今まだ3〜4個待っていただいてるのがあるのと旅行を控えていることもあり、11月以降になりますが、カスタムサイズでご注文承ります。ご興味のある方はmotokosmithあっとhotmail.comまでどうぞ。

2度目のプエルトバジャルタ旅行記/サンディエゴとティファナ空港を繋ぐスカイウォーク「CBX」

過去2年間、2月にバケーションへ行っていて、そろそろ来年の2月の行き先を考える時期になりました。長くても6日間ぐらいに抑えたいので、やっぱりメキシコかな。今回はカリブ海に面した側がいいね〜となり、プラヤデルカルメンとトュルムが最有力デスティネーション候補です。楽しみでムズムズしてきました。

ワクワクしたところで、書こう書こうと思いながら書いていなかった今年の2月のプエルトバジャルタ旅行のことを。
私たちにとって2度目のプエルトバジャルタは、テキサスのTちゃん家族と現地で落ち合いました。彼女たちにとっては初プエルトバジャルタ。思いっきり楽しむ予定でいたのに、なんと雨マーク。晴天率が高いドライシーズンに、とてもアンラッキーでした。彼女たちにもマリエタスアイランドの美しさを見てきて欲しかったのに、日にちが迫ってきても天気予報は変わらなかったので、出発前に諦めをつけてキャンセル。

初日は私たちの到着が遅かったので、一緒にホテルでディナーをとっただけ。で、このホテル(Villa Del Palomar)が最悪でした。予約時に分かってなかったのですが、ここはタイムシェアホテルで、タイムシェアのお客様が優先。開いてる部屋はホテル扱いで私たちのような一般のお客さんを入れるのですが、タイムシェアセールスのカモになるわけです。数日間という短いバケーションで、何時間もセールストークされるなんてお断りなので「ノーサンキュー」と言ってもつきまとう。しまいには逆ギレされる。朝も夜もお構いなしで部屋にセールスコールを入れてくるので、起こされたりもしました。

2日目の朝は前回も行ったマリーナ沿いにあるMr. Cream and Waffles で朝食。

ね、どんよりお空でしょ?(↑)

その後ボードウォークをふらふら。いろいろな像の真似を子供達にさせて記念撮影。*Tちゃん家族に許可をとっていないので、Tちゃんの子供達の顔はボカしました。

前回も行った例の教会(Templo de Guadalupe)を見たあと、そろそろランチ!ということで、ランチができるレストランをめがけてダウンタウンをぐるぐる歩いた記憶が。

ちょっぴり晴れ間が見えます(↑)。メキシコは予報が雨マークでも、1日中降り続くとかいうことはないそうで、この日もどんよりしていたものの、傘なしで歩き回っても濡れなかったと思います。

3日目は前回のプエルトバジャルタでは時間切れで行けれなかったイェラパという村へ行きたかったんです。この村への交通手段はウォータータクシーのみ。服の下に水着を着て楽しむ気満々だったのに、波が高すぎるから危険で連れて行けれないと言われ断念。あー本当に本当にツイテなかった。とりあえずこの日の予定を練り直すのに近くのカフェ(Cafe San Angel)で朝食。ラテやフルーティーなスムージーだかがとっても美味しいカフェだったのですが、何が良かったって、この黒板!(↓)

“…the Fun side of Trump’s Wall” (トランプの壁の面白い側)

壁のことを冗談にしちゃうぐらいだから、メキシコ人ってトランプのメキシコに対する悪いコメントにいちいち怒ったりしてないんでしょうね。彼らの爪の垢でも煎じて、トランプに飲ませたいです。ほんとに。

結局この日は初年度にも行ったボタニカルガーデンへ。
メキシコのおおらかな植物を見て歩き、川で遊び、レストランでランチ。今年はプリンを食べました。濃厚でまぁまぁなお味。

雨という不運に合いながらも、子供達が小さかったころの話しや、今思えばくだらないことに大笑いしながらあっという間に時間が過ぎました。
この後はうちのダーリンと友達のTちゃんがお料理教室へ。私とTちゃんのダーリン、そして子供達5人はホテルへ戻り、プールサイドでまったり。

翌朝、朝食だけは一緒にとってから、Tちゃん家族は帰路へ。私たちはサユリタへ向かいました。

Cross Border Xpress (クロスボーダーエクスプレス)

2015年12月、サンディエゴとティファナ空港(メキシコ)を結ぶCross Border Xpress(略してCBX)ができました。
2016年2月のプエルトバジャルタ行きを調べているときに、国境近くまで車で行き、どこかに駐車して、国境のゲートを歩いて超え、タクシーなどでティファナ空港へ行けば飛行機代が安く済むという手段を説明している人の記事を読みました。「へ〜」と思ったものの、疲れて帰ってくるときに国境の長蛇の列に並ぶことを考えたら、とってもじゃないけどそんなことする気になれず、サンディエゴ空港から飛びました。プエルトバジャルタ空港まで、1人$450ぐらいでした。
帰ってきて間もなく、サンディエゴ側からティファナ空港へスカイウォークができていたことを知りました。目の前に大きな駐車場があるので、そこに車を停め、通過料(1人$18とかだったと思いますが、家族割引きがあり、5人全員で$55でした)を払い、屋内通路を歩いて国境を超え、ティファナ空港へたどり着きます。徒歩7〜8分。
2度目のプエルトバジャルタはCBXを利用してティファナ空港から飛んだため、プエルトバジャルタまで1人$206。5人で$1000ちょっと。初年度は5人で$2250だったので、この差でメキシコ旅行がぐんと身近なものに感じれるようになりました。それに徒歩でボーダーを通過するというのが、なぜか楽しい♪
来年のバケーションもCBXでティファナからカリブへ飛びますよー!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...