ドアヒンジの穴開けジグ

先日シェーカースタイルの前板とドアを製作中の写真をアップしましたが、背の高いドアはパントリー用ドアです。
ドアに付けるヒンジの穴開けは、計算してテープメジャーで測ったところに開けるという方法なのですが、今回はヒンジ用の穴開けジグ(治具)を作ってみました。

こんなのです(↑)。
私はいつもユーロシステムでキャビネットを作っているので、システムホールの穴の間隔は32ミリ。上のジグにも32ミリ間隔の穴を2つ作り、ぴったり真ん中に線を引きました。 棚を乗せる用の金具を使って、このジグをキャビネット本体側面のシステムホールでヒンジを入れたい位置にはめ込みます(↓)。

ドアのテンプレートとなるMDF材を立てかけ、引いた線のたどり着いたところにマークを入れます。

こーんな感じ(↑)。

テンプレートになっているMDF材の下部は、この様にしてキャビネットに対して直角を保たせます(↑)。

このテンプレートにつけたマークに従ってドアに線を転写し、そこへヒンジの穴を開けます。

ヒンジ用の穴開けジグはRockler のヒンジドリルシステム

さていよいよドアをキャビネット本体に付けてみると、、、

ぴったり!手間をかけただけの甲斐があり、キレ〜に納まりましたよ。これからのヒンジの穴開けは、このジグ方法でいきます。
ドアの内側の写真を撮り忘れてしまいましたが、背の高いドアなのでヒンジは3コ付けました。

まだペンキを塗っていないので、ドアノブを付けてもすぐ外す羽目になるのですが、どんな感じかな〜と気になって付けてみました。Rejuvenation のMassey Round ノブです。

先月の里帰りで買って帰ってきたGrande Riviereの季節限定品。ラズベリーと抹茶のチョコレートでカバーされたラスク。この間気がついたら翌日が賞味期限だったので、急いでみんなで食べました。おいしかった〜♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...