チェインソー仕事の日/ジョインターを売りました

持つだけでも大変なチェインソーを振り回して、丸太をカット。

これが本当に大変なんです。体力的にキツい作業はダーリンに頼んじゃえば楽なんだけど、自分で使う木には精一杯関わりたい。でも毎回手のひらの皮が真っ赤になって痛いし、後日の筋肉痛もツラい。

なのに切ってみたら意外と使えないのが多くて、半分近くは薪ストーブ用の木になりました。残ったのは上の写真の1.5倍ぐらいでしょうか。これらでまた少しずつ器を作る予定です。

以前ヨーロッパへ転勤になった軍人の方からもらったAtlas というメーカーのビンテージ・ジョインター(手押し鉋盤)を売ることにし、今年の6月に売った古いバンドソーと同じくCraigslist というクラシファイドに投稿したら、数時間で売れました。

さようなら〜。で、新しいジョインターを物色中です。

いつも行くハードウェア屋さんへ行ったらカウンターのホゼさんが、「キャビネット業をリタイヤする人が木工所を丸ごと売りに出してるよ。君どう?」とこんなチラシを見せてきました。

機械類も欲しいですが、広々としたスペースの木工所が欲しいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *