パティオのシンク台完成と水道接続

パティオのシンク台が完成し、本日プラマーさんに水道を繋げてもらいました。バーベキューをする暖かい季節が待ち遠し〜♪

陽が落ちるちょっと前に撮った写真なので、暗いです。

水栓はKraus社ので、指紋や水滴が目立たないSpot-Free Stainless という仕上げのを選びました。そしてシンクも同じくKraus社のもので、ステンレス製の深いのを買いました。バーベキューでグリル網を洗ったりする作業とかガーデニングのことを考えたら、深い方がいいかなーと。

シンク台の配置は、外壁にぴったりくっつけて背の低いバックスプラッシュを考えていたのですが、くっつけてしまうと雨が溜まってしまうだろうということで、外壁から1インチ弱離しました。でも強風や地震などで動いてしまうのは困るので、シンク台の脚をL字ブラケットか何かで外壁に固定するといいのかも。重いから動かないはずだけど念のため。

排水の黒いPトラップパイプですが、あれってどんより不潔なイメージがあるのでどうなるか心配だったものの、外壁が緑のせいかあまり目立たなくてホッとしました。

上は去年の2月、ダーリンにWeberのグリルをプレゼントした時の記事より。その時の記事で「シンクを設置する予定」なんて書いてたのですが、結構早く実現できてウレシい♪

シンク台の本体(カウンタートップ以外)はここに置いてもう1ヶ月ぐらい経ち、その内の7日間ぐらいは雨が降ったのですが、塗ったEpifanesオイルが雨をはじいてくれています!カスタムカバーを注文する話しも出たのですが、シンクを使うたびにカバーを外さなくちゃいけないのって面倒だし、オイルのパフォーマンスがいいので、もう少し様子を見て決めます。

そしてパティオのシンク台がある壁の反対側はランドリールームで、こんな状態(↓)。

パティオのシンクに水道を繋げるために壁を開いて、外向きのパイプの追加などをしなきゃいけなかった為こうなりました。もちろん外壁側からも同じ作業が可能ですが、外壁の修理は大変なので、ランドリールームのシンク設置を待って内側から水道の作業をしてもらうというストラテジーでした。
他のプロジェクトを進めながら、次はランドリールームのシンク台の妄想に入りま〜す。

以前Houzz で見つけてセーブしておいた画像(↑)。これはパウダールームということですが、木の温かみを感じるこんな雰囲気のシンク台がいいな。でもウォールマウントの水栓は作業費が高くつくので避けると思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...