アーティストトレード 〜陶芸の器〜

週末のMaker’s Market でお隣りのテーブルだった陶芸家のエイフィアさん。大人気なので大忙しだったのですが、時間ができると私のジュエリーディッシュを眺めては欲しそうにしていました。

ApricotBowls

写真右上に写っているバタフライ(ボウタイ)付きのがそれ。先日記事に書いたアプリコットのキャッチオールを作った後、さらに3個、サイズと形違いで作ってマーケットへ持って行きました。

エイフィアさんに、もし私も彼女の売り物の中から欲しい物があればトレードしたいとオファーされ、「もちろ〜ん!」と交渉成立!私は下の器をいただきました。

CeramicBowl

直径約17センチ、高さ約7.5センチ。
エイフィアさんは腰が悪くてロクロが使えないらしく、すべて手と型で形を釣り上げるそうです。同じサラダボールでも、ひとつひとつの作品が微妙に異なっているので、時間をかけて選ばせてもらいました。

CeramicBowl2

とっても素敵な器が増えてウレシい!
おまけにセージももらっちゃいました。

エイフィアさんは、ベッド横のナイトスタンドにジュエリーディッシュを置いて使ってくれるそうです。
売れていないジュエリーディッシュ(↓)は、12月フェアに持って行って行きまーす。

jewelrydish1

jewelrydish2

アーティストトレード 〜鳥と三角の器〜

インスタグラムで仲良くなった、カナダの木工家のメグさんとアーティストトレードをしました。彼女のインスタグラムはこちら

BirdAndBowlByMeg2

いただいたのは、壁のフレームに乗っている手彫りの鳥とフレームの中の三角の器。鳥だけでなく、器の真ん中の丸く凹んだ部分も手彫りですよ。

BirdAndBowlByMeg

どこに飾ろうかと散々悩んだ末、以前作って使い道を探していたウォルナットのフレームに置き、立てて飾ってみることにしました。まるでこの器用に作ったかのようにフレームがピッタリ!

BirdAndBowlByMeg3

四角、三角、丸がキレイに調和して、自然素材でできたモダンな壁アートが偶然完成。とっても気に入りました!

そして私からは、オリーブ材のナチュラルエッジの器を送りました。彼女が写真を撮って、インスタグラムに載せてくれましたよ(↓)。

アーティストトレードは2回目なので、カテゴリーを作りました。こちらからか、サイドバーのカテゴリー欄からアーティストトレードを選んでみてください。

アーティストトレード 〜カンナ〜

大学で受講中のハンドツール・ジョイナリーの先生と、トレード(物々交換)をすることになりました。こっちではアーティスト・トレードなんて呼ばれることが多いようですが、お金で作品を買うのではなく、自分の作品で相手の作品をいただくという、作り手ならではの物々交換です。

plane1

いただいたのは、このカンナ。形といい、サイズといい、たまらない。
ハンドツール・ジョイナリーのクラスでは、ほとんどの生徒が木製カンナキットを買っていたのですが、どうも私はそのカンナの形が好きではなく、「先生と同じのが作りた〜い!」とアピールしていたんです。・・・そしたらある日、「君の作る器とトレードしないかい?」と先生。「イエス、イエース!」

plane2

先生はFine Woodworking マガジンに取り上げられたり、選ばれた家具職人さんだけの Oden Gallery で家具を売る木工家です。若いのにすごいなぁ。

下の写真はハンドツール・ジョイナリーの教室にて。

plane3

カンナの木は Verawood。茶葉のような香り。かたくて油分が多く、カンナにぴったりだそうです。
このカンナに劣らない技術を付けなくては・・・と改めて思いました。

さて、先生にあげる器を作らないといけません。
いくつか作って選んでもらう予定ですが、ちょっぴりプレッシャーだな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...