雑誌「Anthology」2013年春号

メモリアルデーウィークエンドの3連休は木工所へは行かず、家の小さなプロジェクトをいくつか片付けました。木工から休みを取ったお陰で、サム・マルーフのイス作りで浮腫んでしまった手が元通りになった感じ。

それと久しぶりに娘たち2人を連れてモールへお買いもの。日ごろモールをふらつくよりも材木屋さんでフラフラすることの方が多い私ですが(笑)、やっぱりショッピングは楽しいな〜。
長女が中学を卒業するので、プロモーション・セレモニー用の服を見つけるのがミッションでしたが、ちゃっかりAnthropologie にも寄って自分の服などもゲットしました。

そしてAnthropologie に寄ると必ずチェックするのが、雑誌「Anthology」。Anthology のことは、以前も書いたことがありますが、購読はせず、Anthropologieでパラパラッと立ち読みをしてから買うか買わないかを決めるということにしています。そして今回の春号は「買い」に決定。

"Anthology" Magazine
(今回も写真はすべてInstagramで。)

この号は「食」がメイン。でもそこは太っ腹なアンソロジー。インテリア号とも言えてしまうぐらい、キッチンやダイニングの画像が楽しいです。

"Anthology" Magazine

イラストがぎーっしりでテンションアップ。

"Anthology" Magazine

キャンディー・アフロのこの子(↓)が欲しい!
どうやってキャンディーが頭に付いてるのか、気になりませんか?

"Anthology" Magazine

雑誌からは話しがそれますが、「食」関連の話題。
先日ヨーグルトランドというアイスクリーム屋さんで、黒ごまバニラ味を見つけました。

Black Sesame Vanilla (黒ごまバニラ) ice cream from Oh Yeah Japan!

しかもジャパンって書いてある。
味は・・・さすがアメリカ。こってりでした。

本日の夕飯。

Pizza Night!

クラストが埋もれて見えないけど、これピザです。生ハムサラダピザ。
作り方は姉から教えてもらったのですが、材料はすべてTrade Joe’sで揃います。軽めのピザなのでパクパクっと数枚、あっと言う間にお腹の中。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

雑誌「dwell」

購読の申し込みもお金も払っていないのに、毎月届く雑誌「dwell」。

dwell

dwellは載っている建物、インテリア、家具、何をとっても斬新でカッコ良いのですが、最先端すぎて付いていけないデザインも多い上に驚く値段の物ばかりなので、私にとっては「高嶺の花」なコンテンツの雑誌。毎月パラパラっとめくって本棚行きです(一応キープしてます。笑)。
が!今回の家具特集は違いました。高嶺の花には変わりないのですが、家具もテキスタイルも小物も、丸ごと欲しくなるほどツボにはまりました。

dwell

上の写真のイスのように、私も製作中のサムマルーフのイスにシープスキンのラグをかけたくて、数週間前に買ったばかり。
その横のグラデーション色のプラスチック製チェストもいいー。欲しい!

dwell

来月はロサンゼルスで Dwell on Design 2013(アメリカ最大のデザインイベント)が開催されます。私がメンバーになっているFurniture Society からも選ばれた優秀な家具たちがこのイベントに並ぶのですが、いつか私もダメもとでマイデザインの家具を応募してみたいと思うので、その視察も含めて行ってきます。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

本「Watercolor Paintings by Contemporary Artists」

待ちに待った本「Watercolor Paintings by Contemporary Artists」が届きました。

Watercolor Paintings by Contemporary Artists

Chronicle Books 出版。4月23日発売。
アマゾンで予約してあったので、発売当日には手元に届きました。

Watercolor Paintings by Contemporary Artists

上はBecca Stadtlanderさんのページ。去年の11月ごろに彼女のブログを見つけ数日で読破。この本のことも彼女のブログで知りました。カラーチョイス、ディテール、私の Eye Candyです。
Postcrossing 〜オランダNo.1〜の記事でリンクを紹介したYelena Bryksenkovaさんと作風が似ていてますが、この2人はお友達のようです。

Watercolor Paintings by Contemporary Artists

*上の写真2枚にムリヤリ押し込んだパレットは末っ子の。お絵描き大好きなので、今年になって専用パレット&ガッシュを買ってあげました。

本には21人のアーティストがとりあげられていますが、私がRSSでブログをフォローしている人が7人も(↓)。

Dear Hancock ブログ
Julia Denos ブログ
Anna Emilia Laitinen ブログ
Jane Mount
Cate Parr サイトのニュースページ
Sujean Rim ブログ
Becca Stadtlander ブログ

知っているアーティストがたくさんで嬉しいのですが、出来れば彼らがまだブログなどで世に見せていない「この本用」の作品を載せて欲しかったなぁというのが正直なところ。
たとえばAnna Emilia Laitinenさんのこれ(↓)なんかも、彼女のサイトでがっつり見れちゃいます。

まぁ知らなかったイラストレーターも大勢いるので、これから彼らを検索してサイトやブログも見てみようと思います。

今日のおやつは栗原はるみの豆乳ゼリーの黒みつがけ。

Tonyu Jelly Kuromitsu Gake

母か姉のどっちか忘れちゃったけど、きな粉をかけて食べるともっとオイシいと言って作ってくれたのは、かれこれ数年前。それ以来私もはまって、ちょくちょく作るようになったスイーツです。きな粉はマスト!でもかけ過ぎ?
女友達とのポットラックパーティーなどでも大好評でした。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

リビングルームの床など/本「Bringing Nature Home」

今年はお正月早々から、リビングルームの床の張り替えなどやっておりました。

Living Room in Progress

1年半前に入居してすぐ、子供部屋のカーペットを剥がしてウッドフロアに替えたのですが、その3部屋が素晴らしく真っ平らでコンクリートを流す必要なく床の張り替えができたことがあり、「リビングルームもきっと平らでしょう。」と仮定して湿度チェックのみでスタートしちゃいました。
そして半分も敷かない内に、平らでないことが発覚。涙
実はリビングルームの前にマスターベッドルームにもウッドフロアを敷いてるのですが、そっちも「平らでしょ。」と思ったら平らじゃなかった。学べよ!って話しです。

Living Room in Progress

2月半ばにダーリンと息子がコンクリートを平らにする作業をしてくれたので、その後私も参加して床材を敷き終え、やっと先週末に暖炉前のタイルとウッドフロアの間の溝を埋める床材を自分でカスタムメイドしたところ。上の写真がそれ。
フィニッシングはMinwaxのオイルベースのウレタン。買ってきた床材の色とぴったりに仕上がりました。(Tung Oilなどのオイルを塗ってから、水性ウレタンでフィニッシングするのも色は同じになるはずですが、床だからオイルベースウレタンの方が耐久性があるかなと思い、こっちを選びました。)
すでに薄く5コートぐらい塗ったのですが光沢が少々足りない気がするので、あと2〜3コート塗って合わせようかな。そしたらシリコン糊ではめ込む予定。タイルとの間は目地入れした方がいいのか・・・ナゾ。

Living Room in Progress

それと、手作りしたマントルの下にモールディングを付けることにしたのですが、気に入るものがちょうどいい高さでなかったので、こちらもカスタムメイド。これから本体にくっ付けてペンキ塗りの予定。でもあえてここを無垢のままにするのもいいかも。「なんか微妙に間違ってないか?」ぐらいのユニークな見た目も好きなんです。でもだったらポプラじゃなくて、もっとまともな木で作ったかな。

Living Room in Progress

現在マントルトップはシンプルにこんな感じ(↑)。
小さな家にミスマッチの高い天井なので、大きな物置いてもスカスカに見える気がします。ここのデコレーションはこれからの課題。

以前描いた(フレームも自分で作った)娘の水彩ポートレートの前に立てかけてある本「Bringing Nature Home」は、1月にCrate & Barrelで半額ゲット。アマゾンのカートに入れておいた気になる本だったので、うれし〜。アマゾンより安いですよ。

Bringing Nature Home

お花もキレイだけど、家具を見るのも楽しい本です。
上の写真みたいに、我が家もインテリアのドアをウッドドアに替えるのが夢。

Bringing Nature Home

リビングルームは来年早々にでも、天井に届く大きな本棚(件エンターテイメントセンター)を作る予定です。暖炉とは反対側の壁になります。今すぐにでも取りかかりたいぐらい楽しみですが、やる事いっぱいなので我慢。

小さなお知らせ:
先日、ブログ村のWordPressユーザートーナメントに参加したところ優勝しました。(と言っても小さなトーナメントでしたが。)
いつも応援ありがとうございます。

雑誌「Mollie Makes」20&21号

購読しているイギリスの雑誌「Mollie Makes」の21号が、数日前に届きました(最近届くのが遅いです。)
さっそく開けてみると・・・
Jasna Janekovicさんのふわふわエアリーなインテリアが取り上げられてました!

Mollie Makes Issue 21

ジャズナさんのFlickrのアカウントを2年ほど前に見つけて以来、新しい写真がアップされるのをいつも楽しみにしていますが、たったの32平方メートルという小さなアパートで繰り広げられるジャズナワールドの虜になっているのは、Mollie Makesのスタッフも同じだったのね。

Bathroom
*JasnaさんのFlickrアカウントより

ちなみに彼女はFlickrに写真をアップするだけで、ブログは書いていません。そのためプライベートなことをまったく知らなかったので、彼女のことがちょっぴり知れる楽しい記事でした。

Mollie Makes 今月号の付録は、2013年のカレンダー。
「どこの壁にかけようかな〜♪」とワクワクするカワイさ♪

Mollie Makes' 2013 Calender

前後しますが先月の20号は、私のツボをつくカラフルなインテリアがいっぱい。

Mollie Makes Issue 20

色と柄のレイヤー使いがいい。穴が開くほど見ちゃいます。

Mollie Makes Issue 20

そして sajiというボタン屋さんのボタンデザイナー、鈴木寛代さんのおうちスタジオも掲載されていました(正確には彼女のスタジオが取り上げられた本「Wonder Walls」のページが載っていました)。

Mollie Makes Issue 20

作業場なのにたくさんの小物がまるでお店のようにカワイク整理整頓されていて、「お邪魔しまーす。」したくなる。
東京にお住まいの彼女のブログはこちらから→ sajiのボタン日記

クリスマス前は毎年ながら半パニック状態です。
スケジュールも把握できないほどで、今週は2日連続して末っ子の小学校の行事を見逃してしまいました。涙
こういうときに都合良く思い出すどこかで読んだ言葉→「できない親にはできる子が育つ。できちゃう親はできないふりをしろ。」笑

Christmas Card

京都の祖母からのクリスマスカード。
LEDのティーライトに乗せて。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...